米津 玄 師 歌詞。 米津玄師 メランコリーキッチン 歌詞

【米津玄師/Lemon】歌詞の意味を解釈

いいよ あなただから いいよ 誰も二人のことを見つけないとしても あなただから いいよ はためく風の呼ぶ方へ 米津玄師さんのインタビューの中でもありましたが、 「あなただからいいよ」というのは「あなたじゃなくてもいいよ」という意味合いが含まれています。 あたりまえな幸せというものを日々の日常で気づくことはなかなかできません。 あの日の悲しみさえあの日の苦しみさえ そのすべてを愛してたあなたとともに 胸に残り離れない苦いレモンの匂い 雨が降り止むまでは帰れない 切り分けた果実の片方の様に 今でもあなたはわたしの光 米津玄師-Lemon 解釈あなたとの悲しい思い出や、苦しんだ思い出。 引用: ラジオなど他の媒体でもコメントを残していますが、 「あなたじゃなくてもいい」という言葉に衝撃を受けました。 カナリヤが弱さの象徴だとすると、不安が消えていくことを表現しているのかもしれません。 「夢ならばどれほどよかったでしょう」から始まる歌詞と、米津さんの心地よく響く優しい声に思わず鳥肌が立ちます。 逃 にげ 出 だしたい 夜 よるの 往来 おうらい 行方 ゆくえは 未 いまだ 不明 ふめい 回 まわり 回 まわって 虚 むなしくって 困 こまっちゃったワンワンワン 失 うしなったつもりもないが 何 なにか 足 たりない 気分 きぶん ちょっと 変 へんにハイになって 吹 ふかし 込 こんだ 四輪車 よんりんしゃ 兄弟 きょうだいよ 如何 どうかしよう もう 何 なにも 考 かんがえない 様 よう 銀河系 ぎんがけいの 外 はずれへと さようなら 真実 しんじつも 道徳 どうとくも 動作 どうさしないイカれた 夜 よるでも 僕 ぼくら 手 てを 叩 たたいて 笑 わらい 合 あう 誰 だれにも 知 しられないまま たった 一瞬 いっしゅんの このきらめきを 食 たべ 尽 つくそう 二人 ふたりで くたばるまで そして 幸運 こううんを 僕 ぼくらに 祈 いのりを まだ 行 いこう 誰 だれも 追 おいつけない くらいのスピードで 稲妻 いなずまの 様 ように 生 いきていたいだけ お 前 まえはどうしたい? 返事 へんじはいらない 転 ころがした 車窓 しゃそうと 情景 じょうけい 動機 どうきは 未 いまだ 不明 ふめい 邪魔臭 じゃまくさくて 苛 いらついて 迷 まよい 込 こんだニャンニャンニャン ここいらで 落 おとした 財布 さいふ 誰 だれか 見 みませんでした? 馬鹿 ばかみたいについてないね 茶化 ちゃかしてくれハイウェイ・スター よう 相棒 あいぼう もう 一丁 いっちょう 漫画 まんがみたいな 喧嘩 けんかしようよ 酒落 しゃれになんないくらいのやつを お 試 ためしで 正論 せいろんと 暴論 ぼうろんの 分類 ぶんるいさえ 出来 できやしない 街 まちを 抜 ぬけ 出 だして 互 たがいに 笑 わらい 合 あう 目指 めざすのは メロウなエンディング それは 心臓 しんぞうを 刹那 せつなに 揺 ゆらすもの 追 おいかけた 途端 とたんに 見失 みうしなっちゃうの きっと 永遠 えいえんが どっかにあるんだと 明後日 あさってを 探 さがし 回 まわるのも 悪 わるくはないでしょう お 前 まえがどっかに 消 きえた 朝 あさより こんな 夜 よるの 方 ほうが まだましさ 肺 はいに 睡蓮 すいれん 遠 とおくのサイレン 響 ひびき 合 あう 境界線 きょうかいせん 愛 あいし 合 あう 様 ように 喧嘩 けんかしようぜ 遺 やる 瀬無 せなさ 引 ひっさげて たった 一瞬 いっしゅんの このきらめきを 食 たべ 尽 つくそう 二人 ふたりで くたばるまで そして 幸運 こううんを 僕 ぼくらに 祈 いのりを まだ 行 いこう 誰 だれも 追 おいつけない くらいのスピードで それは 心臓 しんぞうを 刹那 せつなに 揺 ゆらすもの 追 おいかけた 途端 とたんに 見失 みうしなっちゃうの きっと 永遠 えいえんが どっかにあるんだと 明後日 あさってを 探 さがし 回 まわるのも 悪 わるくはないでしょう 稲妻 いなずまの 様 ように 生 いきていたいだけ お 前 まえはどうしたい? 返事 へんじはいらない 逃 ni げ ge 出 da したい shitai 夜 yoru の no 往来 ourai 行方 yukue は ha 未 ima だ da 不明 fumei 回 mawa り ri 回 mawa って tte 虚 muna しくって shikutte 困 koma っちゃった tchatta ワンワンワン wanwanwan 失 ushina ったつもりもないが ttatsumorimonaiga 何 nani か ka 足 ta りない rinai 気分 kibun ちょっと chotto 変 hen に ni ハイ hai になって ninatte 吹 fu かし kashi 込 ko んだ nda 四輪車 yonrinsya 兄弟 kyoudai よ yo 如何 dou かしよう kashiyou もう mou 何 nani も mo 考 kanga えない enai 様 you 銀河系 gingakei の no 外 hazu れへと reheto さようなら sayounara 真実 shinjitsu も mo 道徳 doutoku も mo 動作 dousa しない shinai イカ ika れた reta 夜 yoru でも demo 僕 boku ら ra 手 te を wo 叩 tata いて ite 笑 wara い i 合 a う u 誰 dare にも nimo 知 shi られないまま rarenaimama たった tatta 一瞬 issyun の no このきらめきを konokiramekiwo 食 ta べ be 尽 tsu くそう kusou 二人 futari で de くたばるまで kutabarumade そして soshite 幸運 kouun を wo 僕 boku らに rani 祈 ino りを riwo まだ mada 行 i こう kou 誰 dare も mo 追 o いつけない itsukenai くらいの kuraino スピ supiー ド do で de 稲妻 inazuma の no 様 you に ni 生 i きていたいだけ kiteitaidake お o 前 mae はどうしたい hadoushitai? 返事 henji はいらない hairanai 転 koro がした gashita 車窓 syasou と to 情景 joukei 動機 douki は ha 未 ima だ da 不明 fumei 邪魔臭 jamakusa くて kute 苛 ira ついて tsuite 迷 mayo い i 込 ko んだ nda ニャンニャンニャン nyannyannyan ここいらで kokoirade 落 o とした toshita 財布 saifu 誰 dare か ka 見 mi ませんでした masendeshita? 馬鹿 baka みたいについてないね mitainitsuitenaine 茶化 chaka してくれ shitekure ハイウェイ haiwei・ スタ sutaー よう you 相棒 aibou もう mou 一丁 itchou 漫画 manga みたいな mitaina 喧嘩 kenka しようよ shiyouyo 酒落 syare になんないくらいのやつを ninannaikurainoyatsuwo お o 試 tame しで shide 正論 seiron と to 暴論 bouron の no 分類 bunrui さえ sae 出来 deki やしない yashinai 街 machi を wo 抜 nu け ke 出 da して shite 互 taga いに ini 笑 wara い i 合 a う u 目指 meza すのは sunoha メロウ merou な na エンディング endingu それは soreha 心臓 shinzou を wo 刹那 setsuna に ni 揺 yu らすもの rasumono 追 o いかけた ikaketa 途端 totan に ni 見失 miushina っちゃうの tchauno きっと kitto 永遠 eien が ga どっかにあるんだと dokkaniarundato 明後日 asatte を wo 探 saga し shi 回 mawa るのも runomo 悪 waru くはないでしょう kuhanaidesyou お o 前 mae がどっかに gadokkani 消 ki えた eta 朝 asa より yori こんな konna 夜 yoru の no 方 hou が ga まだましさ madamashisa 肺 hai に ni 睡蓮 suiren 遠 too くの kuno サイレン sairen 響 hibi き ki 合 a う u 境界線 kyoukaisen 愛 ai し shi 合 a う u 様 you に ni 喧嘩 kenka しようぜ shiyouze 遺 ya る ru 瀬無 sena さ sa 引 hi っさげて ssagete たった tatta 一瞬 issyun の no このきらめきを konokiramekiwo 食 ta べ be 尽 tsu くそう kusou 二人 futari で de くたばるまで kutabarumade そして soshite 幸運 kouun を wo 僕 boku らに rani 祈 ino りを riwo まだ mada 行 i こう kou 誰 dare も mo 追 o いつけない itsukenai くらいの kuraino スピ supiー ド do で de それは soreha 心臓 shinzou を wo 刹那 setsuna に ni 揺 yu らすもの rasumono 追 o いかけた ikaketa 途端 totan に ni 見失 miushina っちゃうの tchauno きっと kitto 永遠 eien が ga どっかにあるんだと dokkaniarundato 明後日 asatte を wo 探 saga し shi 回 mawa るのも runomo 悪 waru くはないでしょう kuhanaidesyou 稲妻 inazuma の no 様 you に ni 生 i きていたいだけ kiteitaidake お o 前 mae はどうしたい hadoushitai? 返事 henji はいらない hairanai. 2人が変化してしまってお互いに見つけられなかったとしてもいいじゃないか。

>

ピースサイン 歌詞「米津玄師」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

再生していこうという雰囲気もあったりと米津玄師さんの歌詞の思考の深さのそこをしれません。 スポンサーリンク 「カナリヤ」に込めた米津玄師のメッセージ 米津玄師さんはたくさんのメディアに対し今回のアルバム『STRAY SHEEP』の各曲について語っています。 もう他をあたってくれ、と主人公はただただ呆れています。 バラードとは少し毛色が違いどちらかというとポップな曲調で、筆者にはあまり泣ける曲というイメージがなかった分とても意外でした。 Lemonでなくてはダメなのです。

>

メトロノーム 歌詞「米津玄師」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

まとめ 今回は、米津玄師のLemonの歌詞解釈を紹介しました。 米津玄師さんの楽曲「カナリヤ」の歌詞の意味について考えてみたのでお伝えしていきました。 さらには易々と自分の意見を押し付けてくる「あなた」。 もちろん皆さんご存知でしょう。 そんなテンションです。

>

感電 歌詞「米津玄師」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

ここの部分は、冒頭のあたりまえのことはあたりまえではないというメッセージから飛躍して、普段気づいている感情なども失った時に思っている以上に大きいものだということを伝えたかったのでしょう。 しかしこれから先を考えるのであれば仕方のないこと。 主人公は前の状況を懐かしく感じており、今の現状を不憫に思っているのでしょう。 対人関係に疲れた主人公の退廃的なスタンスが歌声にも反映されているようです。 新型コロナウイルスによって以前とは大きく変わった日常が目の前に横たわっていて、最終的にはそれを肯定しなきゃいけない。

>

Lemon 歌詞『米津玄師』

何もかも前とは違う状況になってしまったけれども、 こんな状況から抜け出し2人の絆がより深まった状態のようにも思えます。 そんないつか来るかわからない「死」を考えさせてくれる素晴らしい物語でした。 さて、ここで少し考えたいのが 「あなた」って一体誰なの?という話。 「暗い中、あなたの背中をなぞってみた。 「あなたとならいいよ」という歌詞には 無償の愛の意味が込められているのではないでしょうか。 「orion」はこちらから購入できます。

>

米津玄師 Lemon

「アイネクライネ」が収録されている「YANKEE」はこちらから購入できます。 米津さんは動画内で次のようなことを言っています。 筆者は最後の大サビの「これからも同じテンポで生き続けたら 地球の裏側でいつかまた出会えるかな」という歌詞が、今は離れてしまったけれどまた君と会いたいという気持ちを感じてとても好きな部分です。 いつか 僕 ぼくらの 上 うえをスレスレに 通 とおり 過 すぎていったあの 飛行機 ひこうきを 不思議 ふしぎなくらいに 憶 おぼえてる 意味 いみもないのに なぜか 不甲斐 ふがいなくて 泣 ないた 日 ひの 夜 よるに ただ 強 つよくなりたいと 願 ねがってた そのために 必要 ひつような 勇気 ゆうきを 探 さがし 求 もとめていた 残酷 ざんこくな 運命 うんめいが 定 さだまってるとして それがいつの 日 ひか 僕 ぼくの 前 まえに 現 あらわれるとして ただ 一瞬 いっしゅん この 一瞬 いっしゅん 息 いきができるなら どうでもいいと 思 おもえた その 心 こころを もう 一度 いちど 遠 とおくへ 行 いけ 遠 とおくへ 行 いけと 僕 ぼくの 中 なかで 誰 だれかが 歌 うたう どうしようもないほど 熱烈 ねつれつに いつだって 目 めを 腫 はらした 君 きみが 二度 にどと 悲 かなしまないように 笑 わらえる そんなヒーローになるための 歌 うた さらば 掲 かかげろピースサイン 転 ころがっていくストーリーを 守 まもりたいだなんて 言 いえるほど 君 きみが 弱 よわくはないのわかってた それ 以上 いじょうに 僕 ぼくは 弱 よわくてさ 君 きみが 大事 だいじだったんだ 「 独 ひとりで 生 いきていくんだ」なんてさ 口 くちをついて 叫 さけんだあの 日 ひから 変 かわっていく 僕 ぼくを 笑 わらえばいい 独 ひとりが 怖 こわい 僕 ぼくを 蹴飛 けとばして 噛 かみ 付 ついて 息 いきもできなくて 騒 さわぐ 頭 あたまと 腹 はらの 奥 おくがぐしゃぐしゃになったって 衒 てらいも 外連 けれんも 消 きえてしまうくらいに 今 いまは 触 さわっていたいんだ 君 きみの 心 こころに 僕 ぼくたちは きっといつか 遠 とおく 離 はなれた 太陽 たいようにすら 手 てが 届 とどいて 夜明 よあけ 前 まえを 手 てに 入 いれて 笑 わらおう そうやって 青 あおく 燃 もえる 色 いろに 染 そまり おぼろげな 街 まちの 向 むこうへ 手 てをつないで 走 はしっていけるはずだ 君 きみと 未来 みらいを 盗 ぬすみ 描 えがく 捻 ひねりのないストーリーを カサブタだらけ 荒 あらくれた 日々 ひびが 削 けずり 削 けずられ 擦 すり 切 きれた 今 いまが 君 きみの 言葉 ことばで 蘇 よみがえる 鮮 あざやかにも 現 あらわれていく 蛹 さなぎのままで 眠 ねむる 魂 たましいを 食 たべかけのまま 捨 すてたあの 夢 ゆめを もう 一度取 いちどとり 戻 もどせ もう 一度 いちど 遠 とおくへ 行 いけ 遠 とおくへ 行 いけと 僕 ぼくの 中 なかで 誰 だれかが 歌 うたう どうしようもないほど 熱烈 ねつれつに いつだって 目 めを 腫 はらした 君 きみが 二度 にどと 悲 かなしまないように 笑 わらえる そんなヒーローになるための 歌 うた さらば 掲 かかげろピースサイン 転 ころがっていくストーリーを 君 きみと 未来 みらいを 盗 ぬすみ 描 えがく 捻 ひねりのないストーリーを いつか itsuka 僕 boku らの rano 上 ue を wo スレスレ suresure に ni 通 too り ri 過 su ぎていったあの giteittaano 飛行機 hikouki を wo 不思議 fushigi なくらいに nakuraini 憶 obo えてる eteru 意味 imi もないのに monainoni なぜか nazeka 不甲斐 fugai なくて nakute 泣 na いた ita 日 hi の no 夜 yoru に ni ただ tada 強 tsuyo くなりたいと kunaritaito 願 nega ってた tteta そのために sonotameni 必要 hitsuyou な na 勇気 yuuki を wo 探 saga し shi 求 moto めていた meteita 残酷 zankoku な na 運命 unmei が ga 定 sada まってるとして matterutoshite それがいつの soregaitsuno 日 hi か ka 僕 boku の no 前 mae に ni 現 arawa れるとして rerutoshite ただ tada 一瞬 issyun この kono 一瞬 issyun 息 iki ができるなら gadekirunara どうでもいいと doudemoiito 思 omo えた eta その sono 心 kokoro を wo もう mou 一度 ichido 遠 too くへ kuhe 行 i け ke 遠 too くへ kuhe 行 i けと keto 僕 boku の no 中 naka で de 誰 dare かが kaga 歌 uta う u どうしようもないほど doushiyoumonaihodo 熱烈 netsuretsu に ni いつだって itsudatte 目 me を wo 腫 ha らした rashita 君 kimi が ga 二度 nido と to 悲 kana しまないように shimanaiyouni 笑 wara える eru そんな sonna ヒ hiー ロ roー になるための ninarutameno 歌 uta さらば saraba 掲 kaka げろ gero ピ piー スサイン susain 転 koro がっていく gatteiku スト sutoー リ riー を wo 守 mamo りたいだなんて ritaidanante 言 i えるほど eruhodo 君 kimi が ga 弱 yowa くはないのわかってた kuhanainowakatteta それ sore 以上 ijou に ni 僕 boku は ha 弱 yowa くてさ kutesa 君 kimi が ga 大事 daiji だったんだ dattanda 「 独 hito りで ride 生 i きていくんだ kiteikunda」 なんてさ nantesa 口 kuchi をついて wotsuite 叫 sake んだあの ndaano 日 hi から kara 変 ka わっていく watteiku 僕 boku を wo 笑 wara えばいい ebaii 独 hito りが riga 怖 kowa い i 僕 boku を wo 蹴飛 keto ばして bashite 噛 ka み mi 付 tsu いて ite 息 iki もできなくて modekinakute 騒 sawa ぐ gu 頭 atama と to 腹 hara の no 奥 oku がぐしゃぐしゃになったって gagusyagusyaninattatte 衒 tera いも imo 外連 keren も mo 消 ki えてしまうくらいに eteshimaukuraini 今 ima は ha 触 sawa っていたいんだ tteitainda 君 kimi の no 心 kokoro に ni 僕 boku たちは tachiha きっといつか kittoitsuka 遠 too く ku 離 hana れた reta 太陽 taiyou にすら nisura 手 te が ga 届 todo いて ite 夜明 yoa け ke 前 mae を wo 手 te に ni 入 i れて rete 笑 wara おう ou そうやって souyatte 青 ao く ku 燃 mo える eru 色 iro に ni 染 so まり mari おぼろげな oborogena 街 machi の no 向 mu こうへ kouhe 手 te をつないで wotsunaide 走 hashi っていけるはずだ tteikeruhazuda 君 kimi と to 未来 mirai を wo 盗 nusu み mi 描 ega く ku 捻 hine りのない rinonai スト sutoー リ riー を wo カサブタ kasabuta だらけ darake 荒 ara くれた kureta 日々 hibi が ga 削 kezu り ri 削 kezu られ rare 擦 su り ri 切 ki れた reta 今 ima が ga 君 kimi の no 言葉 kotoba で de 蘇 yomigae る ru 鮮 aza やかにも yakanimo 現 arawa れていく reteiku 蛹 sanagi のままで nomamade 眠 nemu る ru 魂 tamashii を wo 食 ta べかけのまま bekakenomama 捨 su てたあの tetaano 夢 yume を wo もう mou 一度取 ichidoto り ri 戻 modo せ se もう mou 一度 ichido 遠 too くへ kuhe 行 i け ke 遠 too くへ kuhe 行 i けと keto 僕 boku の no 中 naka で de 誰 dare かが kaga 歌 uta う u どうしようもないほど doushiyoumonaihodo 熱烈 netsuretsu に ni いつだって itsudatte 目 me を wo 腫 ha らした rashita 君 kimi が ga 二度 nido と to 悲 kana しまないように shimanaiyouni 笑 wara える eru そんな sonna ヒ hiー ロ roー になるための ninarutameno 歌 uta さらば saraba 掲 kaka げろ gero ピ piー スサイン susain 転 koro がっていく gatteiku スト sutoー リ riー を wo 君 kimi と to 未来 mirai を wo 盗 nusu み mi 描 ega く ku 捻 hine りのない rinonai スト sutoー リ riー を wo. Sono un perdente, quindi va bene lo stesso se urlo, vero? 逆にいうとこれまで当たり前だと思っていたものが一変してしまったことで、 当たり前だったことへの大切さを知るということにもなります。 つまり主人公は、神に 「こんな卑劣な人間がこの世に存在することを許してやってください」と願っています。

>