夫婦 カップル の ため の アサーション。 夫婦・カップルのためのアサーション|どくしょnote|note

楽天ブックス: 夫婦・カップルのためのアサーション

これを意識するだけでも、夫婦間の話し合いや意見対立はかなり円満に行くだろうなと感じた。 また、訪問看護で担当している利用者さんで、 夫と衝突が多く、そこからうつ状態になっている方がいて、 関わり方のヒントがないか読んでみることにしました。 具体的には、かかわり行動とクライエント観察技法、そして、会話を始めるとしても何より大事なのは基本的傾聴の連鎖です。 470• それは、「大事なものは、たいてい面倒くさい」というものです。 アサーションとは、自分の気持ち、考え、欲求などを率直に、その場の状況に合わせた方法で述べることで他者の基本的人権を侵すことなく自己表現すること。 これはいけない。

>

夫婦・カップルのためのアサーション 自分もパートナーも大切にする自己表現の通販/野末 武義

115• それはあなたが悪いのではなく、 自分も相手も大切にしたコミュニケ-ション=アサーションを知らないからです。 これから出る本をさがす• 708• ここのBeliefには非合理的なものもありますよ、という話 ・パートナーが自分のことを本当に愛しているのであれば、自分の気持ちや考えや欲求を言わなくても察してくれるはずだ。 アサーティブなコミュニケーションを習得するために有効です。 人はなかなか自分の思うように動いてくれないものです。 175• 本書からは様々なアサーションのスキルを学ぶことができる。 ジャンルでさがす• 国際基督教大学大学院教育学研究科博士前期課程修了。

>

[読書メモ]『夫婦・カップルのためのアサーション』

pp78-79 感受性が豊かで繊細な子どもの場合、もの心つく前から、夫婦間の緊張状態やストレスは肌で感じとるものですし、親を助けたいという気持ちも抱きます。 また、 自分の肯定的側面ばかりを見る人は、どちらかと言えば パートナーに対しては否定的側面ばかりを見る傾向がある。 私が相手に望む改善案を伝える• 電子洋書• しかし、そういった順風満帆と思える方々が悩みを抱えていないかというとそうではありません。 和雑誌• 一部本書のレビューも紹介しておきます。 そこには当然「ズレ」が生じます。 第6章 自己信頼を高めアサーション権を確信する• 459• 「自己分化度」の違いとバランス• 気になったキーワードをピックアップ この本を読んで目からウロコのキーワードを解説します。 。

>

夫婦・カップルのためのアサーション 自分もパートナーも大切にする自己表現の通販/野末 武義

今はパートナーと関係良好、母のがん克服、学校再開、自家用車通学、新施設参加と全て取り戻しました。 自己受容できている人ほど、パートナーに対しても自動的になることができ、あたたかい態度で接することができる。 もちろん、そういった気持ちが本当に正当な場合もあろうが(だからといって暴力がいけないことなのは変わりないけれども)、日常の中でうまくいっている時間のほうがずっと長いにもかかわらずアサーションをするとギクシャクしてしまう、という場合には、この例をマイルドにわかりにくくしたような歪みが「私」の中に存在するのかもしれない。 自己受容…自分自身をありのままで受け容れること。 また、を実践する上で最も重要であり根本的な部分は以下を知ることにあると感じました。 ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。

>

夫婦・カップルのためのアサーション#1|ばば|note

臨床心理士、家族心理士、アサーション・トレーニング認定トレーナー、日本家族心理学会常任理事。 第1章 夫婦関係を理解する• 第7章 ものの見方・考え方とアサーション• 夫婦関係において発生する「発達的危機」と「偶発的危機」• (平木典子先生は、日本におけるアサーションの第一人者の大先生です。 その改善案を相手に選んでもらう 「I message(アイ・メッセージ)」の大切な要素は「自分の気持ちを相手を傷つけずに伝えること」に尽きます! あくまでも「伝えること」がメインであり、その後の判断は相手に委ねるので、自分の思い通りの展開にならない可能性もあります。 実際には、自分の感情はその言動を自分がどう見たかのか考えたのかによって生じたものである• きっと誰にでも当てはまってしまう状態なのだろうと思う。 を知る上で必要な3つのタイプ• パートナーに失望したり疑問を感じたりすることはあるだろうが、関係を継続していく意志とそれを可能にするコミュニケーションのスキルが肝要。 3行目~ アサーションとは、「自分の気持ち、考え、欲求などを率直に、正直に、その場の状況にあった適切な方法で述べること」「他者の基本的人権を侵すことなく、自己の基本的人権のために立ちあがり、自己表現すること」です。

>

『夫婦・カップルのためのアサーション』(野末 武義):恋人とのコミュニケーションに悩んでいる方へ

p66 結婚相手を選択するとき、お互いに感情優位な人を選んだり、あるいはお互いに論理優位な人を選ぶこともありますが、多くの場合、感情優位な人と論理優位な人はひかれ合います。 523• その他にも、両親や親戚の関係も変化することもある。 尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• 自己信頼と権• しかし、高低差が激しいカップルも多いので注意が必要。 そういった方にはそういった方なりの悩みがあるのです。

>

[読書メモ]『夫婦・カップルのためのアサーション』

本の中では、後半、アサーティブな考え方や、相手への伝え方・自己表現などについてより詳しく説明されている。 入手できないこともございます。 依存・・・依存に対する恐怖を持っている人は、パートナーに頼ることを避け、なんでも自分で解決しようとする。 結局はコミュニケーションが閉ざされてしまう。 アサーティブな自己表現 自分の弱さを認め表現することもアサーティブ 納得して譲ることもアサーティブ きっぱりと「ノー」と言うこともアサーティブ 自己信頼を高めアサーション権を確信する 自己信頼とは自分を拠り所にできる、自分自身を頼ることができると言う意味。

>