Mol 商船三井。 当社インド人船員配乗グループ会社の設立25周年式典をオンライン上で開催

商船三井、小野専務の副社長昇格など人事・組織変更

1998年度• 2005年度• (明治45年)5月 - 大阪商船、観光開発を目的とした1,000トン級のドイツ製客船「」(くれないまる)が、大阪とを結ぶ航路に就航。 サクラパックス• 船の大型化が進行するにつれて鋼材の厚さが増していき、の低下を招いて構造の信頼性低下を招くおそれがあった。 (11年) 、鉄製蒸気船「秀吉丸」で三池炭の海外輸送(口之津-上海間)を開始。 - gCaptain. イースクエア• 2020年度• 事業内容• 「当社が目指す姿」と「目指す姿を実現するための3本柱」は継続しつつ、今年度は「成長軌道への復帰」を最優先テーマに掲げた上で、守りの策を実行し、攻めの戦略を推進していきます。 船歴 [ ] 建造 [ ] MOL COMFORTは、三菱重工業長崎造船所において同型船6隻、および準同型船4隻とともに建造された。 2007年8月23日に起工し、2008年3月8日にし、2008年7月14日に竣工した。

>

経営計画

2020年8月17日閲覧。 三井船舶時代• 1月8日(発表日) - 豪華客船「にっぽん丸」が、12月30日午後9時過ぎ、の港でと接触する事故を起こし、現地当局の検査で男性船長(50代)からアルコールが検知されたと発表した。 商船三井、及び、商船三井グループ等の船舶への船員の派遣• 2020年8月17日閲覧。 - 同社の主要株主• (6)油送船部の設置 既存の「油送船一部」と「油送船二部」を統合し、「油送船部」を設置する。 KはOsaka Shosen Kaishaが由来)。

>

商船三井、3/15・3/31・4/1付役員・幹部社員人事

キューズ• 事故原因 [ ] 2013年8月に「コンテナ運搬船安全対策検討委員会」が設置され、事故原因の推定と再発防止策の検討を行った。 商船三井が主導して結成されたザ・ニュー・ワールド・アライアンスの前身ザ・グローバル・アライアンスはの嚆矢。 加えて、船員や陸上社員およびその家族による催しも行われました。 経営計画策定にあたっては、外部環境の変化が著しい状況下、商船三井グループが目指す姿と中長期的な経営の方向性を定め、それに基づき事業戦略を策定する形を取っています。 (明治17年) - 瀬戸内航路を主として運航する60余りの船問屋を統合して、 設立。

>

MOL COMFORT

2001年(平成13年)7月 - 株式会社エム・オー・シーウェイズにナビックス近海株式会社の近海部門を移管し、それぞれ商船三井近海株式会社及びナビックス内航株式会社に商号を変更• 7月26日に、の関連会社を通じてチャーター()した貨物船「WAKASHIO」が沖にて座礁、。 2010年度• (平成29年)現在はとに属する。 搭載能力は8,110 (20フィート換算8,110個)である。 2019年度• 2013年7月21日閲覧。 (平成15年) — ナビックス内航株式会社に商船三井フェリー株式会社の内航不定期船部門を統合し、商船三井内航株式会社に商号を変更。 藤本化学製品• 2003年度• 徹底した品質管理のもと、顧客要望を満たす、高品質の船員配乗、派遣サービスを提供• 2019年3月8日、は、当社に対し第19条第2項に基づくを出した。

>

商船三井

アンコール・アン• (3)ガス・海洋事業部の設置 ガスバリューチェーンに関連する事業に特化した組織として、「ガス・海洋事業部」を新設する。 インド洋での破断・沈没事故 [ ] 2013年6月17日ドバイ時間の7時頃、コンテナ4,382個(7,041 )を搭載してシンガポールからジッダに向けて荒天のインド洋を航海中、沖約200(約370 )の北緯12度30分東経60度付近において船体中央部に亀裂が入って浸水し、自力航行不能となった。 (コンテナ船代理店)• しかし後半部分は6月27日ドバイ時間11時48分頃、北緯14度26分東経66度26分付近の深さ約4,000 mのにおいて沈没した。 1964年(昭和39年) - が大同海運と合併してとなる。 商船三井グループが10年後目指す姿 相対的競争力No. 商船三井が12日に発表した、3月15日付、3月31日付、4月1日付で実施する役員・幹部社員人事は次の通り。

>

商船三井

(平成23年)10月 - 株式会社フェリーさんふらわあが関西汽船とダイヤモンドフェリーを吸収合併。 8月9日、事故の捜査の一環としてモーリシャスの裁判所が出した捜索令状に基づき、「わかしお」に立ち入って航海日誌や通信記録などを押収する方針を発表した。 顧客目線にたったストレスフリーなサービスの提供• フェリー• 商船三井グループの日本籍船、承認船員制度に関わる諸手続きの代行とコンサルティング 会社沿革 10社にのぼる、日本を代表する、歴史ある船主・オペレーター企業を母体とし、各社、統合を重ね、2011年4月の国際マリントランスポートと商船三井タンカー管理との合併により、誕生した。 またMOLMIは現在、商船三井運航船約60隻に対し約700人におよぶ船員を配乗しており、これからも優秀な船員・陸上人材を供給し続けてほしいとのメッセージを伝えました。 そして7月6日ドバイ時間4時半頃に前半部から出火し 、商船三井が契約していた救助作業者の船に加えてインド沿岸警備隊の巡視船が加わって消火活動をしたものの、甲板上のほぼすべてのコンテナが焼損した。 ピー・アンド・イー・ディレクションズ• (平成13年)3月 - 商船三井フェリー株式会社発足。

>

商船三井、3/15・3/31・4/1付役員・幹部社員人事

2001年度• 関連項目 [ ] ウィキニュースに関連記事があります。 同計画の下、初年度以降リソース配分について選択と集中を進め、財務体質の改善とともに事業ポートフォリオの変革を図っています。 (平成7年) - 海外間での提携、ザ・グローバル・アライアンス締結。 これにより軽量化と低重心化を達成し、コンテナ搭載数の増加とバラスト水搭載量の低減により経済性を向上させた、最新鋭のものとなった。 事故はグアムを出発した直後に発生。 2007年度• エコツーラボ• 両船は貨客船として南米航路に就航。

>