グローバル 知 財 戦略 フォーラム 2020。 マイナビニュースフォーラム 2020 Winter for データ活用~ニューノーマルに備えるデータ戦略~

知的財産コンサルティング室

世界から、財界、政界、国際機関、市民セクター、学術界のリーダーら約3,000名が参加して、グローバルレベルの課題について議論・情報共有をしています。 株式会社みずほフィナンシャルグループ デジタルイノベーション部 ビジネスデザインチーム 次長 多治見 和彦 氏 【プロフィール】 2017年4月より,新規ビジネス創出業務に従事。 ステークホルダー配慮は本コラムのタイトルにあるCSRの根本理念です。 このように、ビジネスとデータを含む知的財産の環境や機能が大きく変わる中、INPIT(インピット)では、特許庁との共催により、 グローバルな広がりをもった「ビジネス・知財総合戦略」の実例を紹介するフォーラムを企画・開催し、毎年1000名を超える参加者の方々からご好評をいただいています。 戦略的大転換• 2019年3月J-Coin,2020年7月(9月サービスイン)の電子地域振興券のサービスローンチに貢献。 当フォーラムが発信した調査、研究、提言などに対するご感想をお寄せ下さい。 (一社)日本設備設計事務所協会連合会• 経営コラム カテゴリー別 業務別• 28 火)10:00~18:00、TKPガーデンシティ品川) 2019年12月11日 グローバル知財戦略フォーラムは、国内外における知財活用の取り組みなどの知 財活動に関する情報交換の場や、知財活用に関わる方々のネットワーク形成等を 行う機会を提供するものであり、2012年から開催しています。

>

マイナビニュースフォーラム 2020 Winter for データ活用~ニューノーマルに備えるデータ戦略~

この度のパネルディスカッションでは、「地域中小企業の知的財産を活用した海外戦略~地域発の技術を世界に届ける!~(仮)」と題し、のパネリストとして 株 アイカムス・ラボ(盛岡市)代表取締役 片野圭二氏が登壇します! 2020年のプログラム内容につきましては、WEBページにて随時公開をいたします。 さらに、 第四次産業革命の技術革新(IoT、AIも利活用した大量データからの価値ある情報の抽出や処理等)のあらゆる産業や社会生活への導入、情報社会に続く超スマート社会とされる Society5. 2020年1月28日「グローバル知財戦略フォーラム2020」のご案内(終了しました) 2019年12月13日 グローバル知財戦略フォーラムは、国内外における知財活用の取り組みなどの知財活動に関する情報交換の場や、知財活用に関わる方々のネットワーク形成等を行う機会を提供するものであり、2012年から開催しています。 キヤノンの全体像• その中には気候変動の深刻化や水不足などいわゆるCSRで取り上げられる要因が毎年含まれています。 自国ファーストが足元での多くの国における政策ですが、ヒトとモノそして情報のグローバル化は回避不可能なものであり、グローバル環境化での、GDPの大きな割合を占める国内産業のデジタル化とネット化を、データセンターを核にして、まさにいま進めなければなりません。 業務領域 知的財産に関わる様々な業務をお手伝いいたします。 」 How to develop technology transfer professional in each country 01MB] 大阪大学 産学連携本部 総合企画推進部 助教 パネリスト [PDF: 40. 左上のボタンをクリックして、是非「百花斉放」にご参加下さい。 2KB] London Business School Executive Director, Deloitte Institute of Innovation and Entrepreneurship [PDF: 180KB] ASTP-Proton President [PDF: 1. : 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、長野県、山梨県、静岡県• 教育、雇用、企業家精神を再形成する人口動態、社会、技術面でのトレンドに適応する方法 まだ詳細は明らかではありませんが、次回の会議ではダボス・マニフェスト2020や、企業や政府向けのESGスコアカードが公表されるといわれています。

>

日本戦略研究フォーラム(JFSS)

: 福井県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県• 詳細については、当該事業の一環として当社が運用をさせて頂いているをご覧ください。 その進化は、情報通信産業・インフラに限ったものではなく、全産業のデジタル化・ネット化による情報武装だけではなく、コロナ禍の中でも、サービス崩壊せずにサービス提供を継続することができた、インターネットの構造を参考にした、スマートインフラの構築を含む、社会インフラの抜本的な変革と進化でなければならないのです。 あらかじめご了承ください。 (一社)日本建築士事務所協会連合会• 平成26年度には、特許庁から事務局を受託した「特許等取得活用支援マネジメント強化事業」の一環として、中小企業の知的財産を活用した事業や知的資産に注目した金融機関の融資を促すための取り組みを行い、知的資産経営報告書や、知財を切り口とした事業性評価書(知財ビジネス評価書)を間接金融の場面で活用する方法について検討を行い、数多くの地方銀行や信用金庫と意見交換も行いました。 (2017年1月、2016年3月、2015年1月、2013年11月、2012年11月) 【講演】 東海大学 において、当社渡部博光が、「中小企業こそ産学連携と知財マネジメントを」と題する基調講演を行いました。 【講義】(学際生命科学東京コンソーシアム)において当社渡部博光が「産学連携と資金調達」の講義を行いました。 特集コンテンツ• データセンタークロスアライアンス(DCXA)• そして、その学びを最大限に生かしながら、貧しさの中、無い無い尽くしの中で工夫を凝らして対処することを厭わなかったからである。

>

知的財産コンサルティング室

ネット前提への進化が必須となるポストコロナ社会 新型コロナウィルスは、これまでの社会・産業が抱えていた問題を顕在化し拡大させました。 ファックス、メール、郵便などによる投稿も受け付けます。 0)の到来を控え、顧客やモノの状態を反映するデータの利活用がますます広がる中、 知的財産の枠は知財権や技術ノウハウの枠からさらなる広がりを示しています。 モデレーター 山本 貴史 株式会社東京大学TLO 代表取締役社長 兼 CEO パネリスト [PDF: 283KB] NewSouth Innovations Pty Limited Chief Executive Officer [PDF: 756KB] Nelson Mandela Metropolitan University Director: Innovation, Innovation [PDF: 987KB] Swedish Network for Innovation and Technology Transfer Support, SNITTS Executive Director [PDF: 1. おすすめコンテンツ• ユニバーサルデザイン• 政府や国際機関に達成に向けた推進力を取り戻して貰いたいと考えているようです。 資材調達情報• 社会貢献• 掲載希望受付 公的機関や団体などで行うイベントについて、イベントカレンダーへ掲載希望がございましたら、特許庁総務課広報班へ連絡してください。

>

[INPIT]グローバル知財戦略フォーラム2015講演資料

掲載するイベントは、リンク先のホームページなどがある場合に限ります。 事業領域• 当社では2008年より以前からも、官公庁から受託した知的財産に関連するテーマの調査研究や事業会社に対するコンサルティングを行ってきましたが、社内に点在していた知見を結集することで、より一層高度なサービスを提供できる体制を構築しました。 ペンシルバニア大学経営大学院(ウォートンスクール)卒。 もう1つは同会議が次回で50回目という節目を迎えることです。 本フォーラムでは、データセンターの設計・構築・運用に関係するステークホルダ分野の専門家の方々をお招きし、そのビジネス領域に関する最先端の現状のご紹介をいただき、今後のデータセンター産業において、新しい社会インフラに進化を遂げるために必要となるビジネス戦略を議論します。 (2016年12月) 【シンポジウム】(独)工業所有権情報・研修館主催 2015年1月26日開催 の「世界を目指す中小企業・地域の知財活用策」に、当社の渡部博光がパネリストとして登壇しました。

>

2020年度イベントカレンダー

イベント名別一覧 2020年度のイベントは以下のとおりです。 (一社)ASP・SaaS・IoT クラウド コンソーシアム(ASPIC)• : 徳島県、香川県、愛媛県、高知県• ・回線、機器の状況によっては通信が不安定になる場合や、それを原因とした映像等の不具合が発生したりする可能性があります。 しかし、このような「知の力」を正当に評価することの意義は、依然として大きい。 百貨店営業などを経験後、ものづくり部門にて他社ODM事業やマーチャンダイザーを担当。 グローバル・リスク・レポートは約1,000名の世界の主要な意思決定者が懸念する、グローバルレベルでの脅威についての意識調査の結果です。 多数の研究員やコンサルタントが所属している他、社外のパートナー(各種専門機関、弁護士、弁理士など)とも緊密に連携しており、多様化する様々なニーズにお応えしております。 中小・ベンチャー企業知財関連事業 上記の他にも様々な事業を受託し、国や地域の中小企業支援施策のご支援や支援手法の研究を手掛けてきた実績があります。

>