テセウス の 船 原作 結末。 「テセウスの船」原作の結末をネタバレ!田村心は死ぬのか?由紀と幸せになれるのか?

テセウスの船ドラマ最終回ネタバレ!あらすじ結末を原作漫画から考察予想!

心と佐野文吾を道ずれに… 物語の結末では、加藤が佐野文吾をの命を奪おうとしますが、心が佐野を庇い加藤に刺されます。 そして、田村心に、一緒に村を守ることを提案。 そして心たちは、みきおがいる児童施設にいくが、すでにみきおはいなかった。 それが加藤信也こと、大人の加藤みきおだった。 部下の森刑事の自宅で捜査資料探し 文吾から金丸の部下の森刑事から生前金丸が明音の首元につけられたアザについて疑問を抱いていたことを知ります。

>

「テセウスの船」犯人ネタバレ!原作とドラマで最終回・結末・犯人・動機・物語は変わる?

詳細についてはまだ言えませんが、情報解禁になり次第随時お知らせしていきます。 慰霊碑の前の心とみきおのやりとりが変更 みきおがたったああああぁぁぁ。 そして鈴が閉じ込められていた場所へ行き助けた後、全ては信也のせいだと伝える。 心と母親は父親が逮捕されてからずっと、世間から後ろ指をさされ、身を隠すように生きてきた。 由紀は由紀なんだけど、田村由紀じゃなくてちゃんと岸田由紀なんだよなぁ。 犯人は誰? 真犯人の名前を心に話し、明日の慰霊祭でまた同じ事件が起きることを伝える。

>

テセウスの船ネタバレあらすじ!原作から結末までを詳しく調べてみた

三島姉妹の事件の真相 ミキオが人生の良い思い出を信也に聞くと、人を殺したときだという。 8話から最終章に入り、原作とはだいぶ違うところがでてきましたが、黒幕は誰なのか?9話が終わってまったく予想がつかなくなってきました(笑)最終回ドラマの公式のあらすじと犯人考察の記事になります。 ドラマ「テセウスの船」最終回の犯人と結末とは? ドラマ「テセウスの船」は原作漫画と全く同じではありません。 金丸刑事まで、音臼村に捜査やってくるようになり、田村心は、ますます身動きが取りづらくなります。 音臼村1034番地先の路上で不審なものとして「オイルが切れたライター」と「三島明音ちゃんの隠し撮り写真」と「真っ二つに折られたワープロのフロッピーディスク 駐在日誌と書かれている 」が見つかるのはドラマオリジナル。 心のことを知らない。 理由は佐々木紀子が余命1年と宣告されていたからです。

>

テセウスの船ドラマ最終回ネタバレ!あらすじ結末を原作漫画から考察予想!

二人の計画とは?その理由は? まずタイムスリップしてきた加藤みきお(大人)は加藤みきお(子供)にこんな計画をするのです。 そのため心は、殺人犯の息子として肩身を狭く生きてきました。 容疑者として逮捕された男は村の警察官だった。 さらに由紀のことが好きになるシーンでしたね。 心は生きていた。

>

【テセウスの船】漫画原作の最終回ネタバレ!真犯人の加藤みきおの動機について考察

最後の家族旅行(1996年10月4日、TBS)• 被害者も変わっていた。 先に言ってしまいますが、 田村心(竹内涼真)は死んでしまいました。 そして、車椅子の男性と、その母に会う。 小学校無差別殺人事件の記事を見ると、事件が起きたのが一日遅くなっていて、青酸カリがオレンジジュースではなく、地元の人が作るはっと汁になっていました。 しかし、自分が教員をすることが相応しいのか疑問を持ち、諦めてしまいます。 もちろん、心以外の人物の人生も大きく変化しました。

>

「テセウスの船」原作の結末をネタバレ!田村心は死ぬのか?由紀と幸せになれるのか?

犯人が原作と違うため、ストーリー展開もオリジナル要素がふんだんに詰め込まれています。 しかし2回目のタイムスリップで音臼小の無差別殺人事件は未然に阻止され過去が変わります。 そんな中、黒幕が持っていたとされる由紀(上野樹里)のノートが駐在所に届けられ、なぜか1977年に行われた「音臼村祭」のチラシがノートにはさんでありました。 佐野文吾は持っていた拳銃で加藤みきおの心臓を撃ち抜きます。 かわいいひと(1998年)• 明日朝、 文吾は駅に向かう。 。 ドラマで佐野文吾が「はっと汁」を捨てるが、漫画では「はっと汁」は登場しない(漫画では牛乳に青酸カリを入れる)• 佐野文吾は音臼村の家に、 タイムカプセルを掘り出しに来ていた。

>