阪神 淡路 大震災 写真。 阪神・淡路大震災「1.17の記録」

神戸市による震災写真オープンデータサイト「阪神・淡路大震災『1.17の記録』」が公開

では、特別養護老人ホーム「さんりくの園」で62人が亡くなるなどし、延べ400人以上が犠牲となった。 を冷却できなくなり、1号炉・2号炉・3号炉で(メルトダウン)が発生。 同じ境遇に連帯感を感じたのもつかの間で、皆がいらいらし、物資の配給などで、あちこちでいさかいが始まりやすくもなります。 神戸の定番風景。 2 によって引き起こされた災害を指します。 速度が落ちたため襲来まで1時間あったが、北部に比べて中南部は過去の津波が数百年前であり、住民の意識が低いなかで想像だにしない津波に襲われた。 震災により、日本がかつて経験したことのない全電源喪失によるの発生へとつながっていく。

>

神戸大学附属図書館 デジタルアーカイブ 【 震災文庫 】

それだけではありません。 地球にやさしくなどというが、地球は決してやさしい星ではない。 淡路島、神戸市、西宮市、芦屋市などは震度7の烈しい揺れに見舞われ、死者6,434人、重軽傷者者43,792人。 これらの被害機の中には、の第二管区海上保安本部仙台航空基地所属の航空機が多数含まれている。 従って、自分の家をシェルターにしなければ路頭に迷うことになるのです。 与沢にあるのでは、設置した吊り天井が崩落する被害が発生した。 残りの88%の人たちは、電気・水道・ガス・電話が途絶えた自分の家で暮らさなければなりませんでした。

>

阪神・淡路大震災「1.17の記録」

宮城県は、震源地に最も近く、福島県や茨城県と共に激震であった。 東北地方から関東地方北部の太平洋沿岸では地震に伴うにより、や付近などで浸水や冠水のおそれが出ている。 役所の人、マスコミの人がずかずか入ったりして、一瞬たりと気の休まる時がありません。 行政の防災対策に、長期の避難所生活への配慮が望まれます。 2 は、東海地震と東南海・南海地震が同時に発生したものと推定されているし、1854年の安政東海地震(推定M8. 閖上大橋で地震の揺れにより大型トラックが荷崩れし、対向車線の乗用車運転手が死亡する事故が発生し通行止めとなったことで地区内で渋滞が起こったことも、犠牲者を増やす要因となった。

>

25年前、もしもスマホがあったら 1.17を追体験 [阪神・淡路大震災25年]:朝日新聞デジタル

考えられなかったのではなく、ただ考えなかっただけなのである。 女川支店では屋上に避難していた行員13人が流され12人が亡くなるなど、犠牲者は約900人であり、浸水域人口に対する犠牲者率は当震災において最大の11. NHKも連日安否情報を、各新聞は死亡者名を、ラジオ関西も安否情報と生活関連情報を流しました。 また3月23日までに被災10港で暫定の航路が確保され、海上からの緊急物資の搬入が可能となった。 震災時の写真JR六甲道駅付近・ 阪神電車新在家駅付近・ 三宮センター街• では、(大ホール)の板が大規模に崩落し、ミューザ川崎シンフォニーホールは2年以上の長期間の休館を余儀なくされた。 撮影:川瀬信一• また、同市内では臨海部などの埋立地で液状化による被害も多数報告されている。 このうち福島第二原子力発電所では、第一原発と同様に冷却機能を喪失し、10条通報、発令に至った。

>

神戸大学附属図書館 デジタルアーカイブ 【 震災文庫 】

また、など7線区で23駅が流失、が約60キロメートルにわたって流されるなどの被害が発生した。 戦前の教科書には「」という南海津波の物語を掲載して、子供のときから防災意識の啓発に努めていましたし、サンフランシスコでは幼稚園から漫画ビデオ・DVD・インターネットなどを利用して幼児防災教育とボランティア教育が始まります。 869枚• 地震の揺れ自体でも福島県は被害が大きく、犠牲者数ももっとも多かった。 のなどに流れ着いた漂流物への付着により、それまで現地では確認されていなかった、、などの海藻が漂着し、成長していることが確認されている。 翌日の西宮~東灘 渋滞する国道2号線を避けて、山側から西宮に入りました。 古い耐震基準では、建物は固いので建物全体が一体で動くと思って設計していたのですが、新しい耐震基準では、建物は変形するので上階の方が振られると思って設計していました。 それを聞いて、「今までの防災訓練が間違っていたのではないか」と思いました。

>

阪神・淡路大震災「1.17の記録」

一つは神戸市の広報課員として被災直後の街を撮り続けた松崎太亮(たいすけ)さん(60)による記録映像です。 そのため、どのビルも地盤と建物との間に大きな段差ができていたのが不思議でした。 また、三宮駅の北側の繁華街は、ペンシル状のビルが多く被害を受け、多くの看板が落下していました。 日本国外 [ ] 詳細は「」を参照 のでは5人が太平洋を渡った津波にさらわれ、うち1人が犠牲になった。 「 東北・関東大地震」(とうほくかんとうだいじしん) - 共同通信社 、東京新聞 など加盟社が地震当日の3月11日(翌12日朝に配達された朝刊やWeb公開された記事を含む)に使用• 火災のシーン、がれきの街など被害を詳細に映した場面もあります。

>