最強 ギルド マスター の 一 週間 建国 記。 【出版作品紹介】最強ギルドマスターの一週間建国記

最強ギルドマスターの一週間建国記

ガラン皇国の大軍勢を、僅かな配下と共に退け、「エインヘリアル国」の建国を宣言したレン。 この価格は、売買契約成立時までに変動する可能性があります。 面白半分に作ってみたこの部屋だが、案外居心地が良くて気に入っている。 広間の中央を手前から奥まで一直線に敷かれた絨毯の左右には一列に多種多様な人種の男女が立ち並び、一様にこちらを見ていた。 ・この商品は電子書籍です。 俺が育てた部下の中でもトップクラスの実力を持つ50人だ。

>

[小説]最強ギルドマスターの一週間建国記

それが俺の国の名だ」 最強の配下を従えて国を興し、世界に挑む異世界ファンタジー、ここに開幕!. 外回りの営業がサボらないように記録が残るようになったのだ。 。 冒険者に扮して進めた調査の中で舞い込んできたのは、反乱を企てる貴族と、軍の配備を進める隣国の不穏な噂。 それは、再びガラン皇国が国境付近の都市へ兵を集めているというものだった。 結果、日々の日課だったボスモンスター狩りの時間は減り、皮肉にも営業成績に比例して給料も増えた。 唐突な事態に戸惑いを覚えながらも、圧倒的な力を持つ一城の主「レン」として、自身を慕う仲間たちと共に異世界を調査することに。 それが俺の国の名だ」 最強の配下を従えて国を興し、世界に挑む異世界ファンタジー、ここに開幕! c 井上みつる/オーバーラップ. まあ、どうせ全員連れて歩けるわけでは無いから自己満足の遊びでしかないわけだが、それでも5年以上続けているこの作業は止め難い。

>

最強ギルドマスターの一週間建国記 1

「転職したいなぁ…」 ため息混じりにそう呟くと、俺は天井を仰ぐ。 …剣と魔法の王道ファンタジーアクションゲーム『エインヘリアル』… 美麗な映像と自由度の高いキャラクターメイキングに惹かれて始めたオンラインVRゲームだったが、課金を然程しなくても楽しめるメインストーリーや豊富なやり込み要素のせいで想像以上にハマってしまった。 装備も余り物という始末。 作品内容 柳瀬蓮人はオンラインVRゲーム『エインヘリアル』のプレイ中に寝落ちしてしまい、目覚めると自身が創った配下であるNPC、そして拠点である城と共に異世界へと転移していた。 課金のおかげで部下の人数こそ200人を超えたが、まともに育てられているのは半分程度だ。 「でも、就職活動が面倒なんだよなぁ…」 適当に就職活動して決めた医療、介護用品の営業だったが、怒られながらも一年もするとそれなりに一人で廻るようになり、気がつけば後輩が出来て更に楽になり、もう5年経過していた。 それは、再びガラン皇国が国境付近の都市へ兵を集めているというものだった。

>

楽天ブックス: 最強ギルドマスターの一週間建国記 2

つまり、一月に2人部下を造ることができる計算になる。 もちろん、装備品も一人一人しっかり考えられている。 冒険者に扮して進めた調査の中で舞い込んできたのは、反乱を企てる貴族と、軍の配備を進める隣国の不穏な噂。 だが待ってくれ。 唐突な事態に戸惑いを覚えながらも、圧倒的な力を持つ一城の主「レン」として、自身を慕う仲間たちと共に異世界を調査することに。 そして課金か、一部ボスモンスターから落ちるレアメダルを使用して施設や部下を造る。

>

最強ギルドマスターの一週間建国記(2)/井上みつる 本・漫画やDVD・CD・ゲーム、アニメをTポイントで通販

・もご確認ください。 少女に足蹴にされているのは、この大陸最強のボスモンスターである30メートル級のブラックドラゴンである。 だが、その平和な日々は悪魔の発明、GPSの誕生で崩壊した。 ・この商品がキャンペーン対象の場合、その内容や期間は予告なく変更する場合があります。 この部屋に並ぶのは人間、エルフ、ドワーフ、獣人、魔人、妖精族の六種族50人。

>

最強ギルドマスターの一週間建国記 1 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

このシステムのせいで俺は毎月余計な出費を計上してしまっていた。 それは、再びガラン皇国が国境付近の都市へ兵を集めているというものだった。 残りは比較的簡単に育つレベル50付近。 こちらを見上げてくる少女の前に立ち、俺は口を開く。 柳瀬蓮人はオンラインVRゲーム『エインヘリアル』のプレイ中に寝落ちしてしまい、目覚めると自身が創った配下であるNPC、そして拠点である城と共に異世界へと転移していた。 意味がわからないだろうが、これが一番のやり込み要素となる。

>

最強ギルドマスターの一週間建国記 1

そして、そんな不健康な毎日を過ごして一年が経った頃、俺は次の日が休みということもあり、徹夜でのボスモンスター狩りに勤しんでいた。 寝ぼけた蓮人の前に立っていたのは、自らが造り出したキャラクターであるエレノアだった。 装備や職業なども同じくプレイヤー並みに自由度が高い。 玉座の裏には重厚な白銀の両開き扉があり、見た目に反して自動で開くその扉をくぐり抜けると、そこには12畳の和室が広がっていた。 急に現実に戻ってしまいアレなのだが、仕事の関係でボスモンスターを倒す暇がなくなったのが大きな理由の一つなのだ。 なお、書籍と書籍以外の商品(DVD、CD、ゲーム、GOODSなど)を併せてご購入の場合、商品のお届けに時間がかかる場合があります。 俺はテーブルの前に胡座をかいて座って一息ついた。

>