ハワード フィリップス ラヴ クラフト。 ハワード・フィリップス・ラヴクラフト

ラヴクラフト神話

H・P・ラヴクラフト『ラヴクラフト全集』2、宇野利泰(訳)、東京創元社〈創元推理文庫〉、37頁。 また「(The Call of Cthulhu)」の概要が書かれ始めたと言われている。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 クトゥルフ神話 彼の死後に友人オーガスト・ダーレスの出版社「アーカムハウス」によってラヴクラフトの残した作品群は『』として体系化された。 怪奇作家ラヴクラフトの代表的論文たる表題作をはじめ、全集未収録の評論「ダンセイニ卿とその著作」「惑星間旅行小説の執筆に関する覚書」、合作小説と小品群などを集成。

>

ラヴクラフト神話

その後、癌の影響による栄養失調も重なり、翌に死去した。 た:、• 『ラヴクラフト全集 1』訳者あとがき(の文章の要約) [ 要ページ番号]• 彼にはユダヤ人の友人で詩人のサミュエル・ラヴマンもいたのだが、死後彼について差別的な発言をしていたとソーニャが漏らした事により絶交され、 彼に送られた500通にも及ぶ手紙すべてを焼却している(直に差別的な仕打ちを受けたことはなかったらしいが、伝聞だけでも充分だったのだろう)。 酒・タバコは嗜まなかった。 :(1932)• 、文通で知り合った実業家ソニア・ハフト・グリーンと結婚し、のに移住。 ラヴクラフトは、1935年、45歳を過ぎてをマスターする。 作家たちの想像力の限りを尽くした、この世のものとも思えない異形の旧支配者たちは、怪奇ファンのみならず多くの読者を楽しませており、今や怪奇小説一つの枠に納まらなくなりつつある。

>

ハワード・フィリップス・ラヴクラフトとはどんな人?生涯・年表まとめ

東京創元社『ラヴクラフト全集6』未知なるカダスを夢に求めて• 参考文献 [編集 ]• ラヴクラフトとダーレスの合作:(1945)、(1954)、(1957)、(1959)、(1967)• 父ウィンフィールドは4月、ラヴクラフトが3歳の頃に神経症を患い、シカゴのホテルで発作を起こし、バトラー病院に運び込まれた。 しかし30歳半ばまで職業経験のなかったラヴクラフトは、どの仕事も長続きすることがなかった。 1937年3月15日に腸癌のため死去。 :(1938) アーカムハウス世代 ダーレスによるアーカム・ハウスの設立、およびクトゥルフ神話の再編が進んでからの作家たち。 一人の作家の、言表可能なものの限界まで行くという語りの経験を通して、ひとつの「世界の解釈」が提出されたのである」。 1936年にロバート・ハワードが自殺したことに衝撃を受ける。 学研『クトゥルー神話辞典第四版』15ページ• 1981年に、TRPG『』(後のクトゥルフ神話TRPG)が登場する。

>

ハワード・フィリップス・ラヴクラフト

冷気(1928年3月)• この5年後に精神病院でしている。 978-4-488-52301-5。 這いずり回るような冒涜的な足音で私に近付くと、何とも名状し難き声で私と私の子孫のおぞましき未来を語るのであった。 :(1980)• 構成する要素 [ ] 「」も参照 宇宙的恐怖 [ ] クトゥルフ神話の創始者ラヴクラフトは、自らが理想とするについて「 宇宙的恐怖( コズミック・ホラー)」という概念を提唱している。 が言うには、ラヴクラフトは「ホラー小説史上」を起こした。

>

ラヴクラフト神話

異様に長い時の中では、死でさえも死を迎えうる。 か:、、、、、、• :(1937)• 「外なる神(The Outer GODS)」とは、旧支配者の上位区分。 のちにと呼ばれるようになった宇宙史も、そのような同人的文通の中で発展していったところが大きいといわれている。 「第III章 幼児性と悪意と声の自然-ラブクラフトの偏位」『神界のフィールドワーク 霊学と民族学の生成』、1999年8月。 経済的に恵まれた環境の下、早熟で本好きな少年は、ゴシック・ロマンスを好んでいた祖父の影響を受け、物語や古い書物に触れて過ごした。

>

ニガーの創造について

:(1969)、(1971)• そして「としてのアメリカン・ホラーを語る際には、どうしても無視できない〈クトゥルー神話〉だが、この手のものを一読して、大仰でバカバカしいと思うか、ハマってしまうかは、読者のセンスの問題である」と風間は述べている。 墓碑には生没年月日と彼の書簡から引用した一文「 われはプロヴィデンスなり(I am Providence、(Providence)と終生愛した故郷プロヴィデンスをかけた洒落)」が刻印されている。 診断内容から梅毒だったのではないかと言われ、母スージィ(サラ・スーザン・フィリップス)もウィンフィールドや自分の体に触らないようにしつけていたとされるがラヴクラフは父の死を過労と神経症だと周囲には話している。 ただ悪夢については8歳で科学に関心を持つと同時に宗教心を捨てると見なくなったという。 、ラヴクラフトは、初期の短編小説「錬金術師」を発表した。

>

作家別作品リスト:ラヴクラフト ハワード・フィリップス

文章添削の仕事は、当初は無料奉仕、のちも非常に低い報酬でこの仕事を請け負っていた。 『這い寄る混沌( The Crawling Chaos 、1921年4月)』• :(1980)• 眠りの壁を越えて(1919年10月)• :(1970初期版)• 生涯を通じて「アマチュア作家」としての評価を覆すことが無く、作家として大成することができなかったラヴクラフトは、主に他の作家の文章を添削することを生業としていました。 しかし背景をなす神話世界の全体像に関しては、もっぱら暗示するに留めた。 結局出版社からの原稿料は僅かなままであり、ラヴクラフト自身もそれでよしとしてしまっていた。 あ:、、• (新婚当初は90kg〈200ポンド〉にまで太ったこともあった)。 当時、白人の優越性が信じられていた。 これはダーレスの功績とされる。

>

ハワード・フィリップス・ラヴクラフト(文豪ストレイドッグス) (はわーどふぃりっぷすらぶくらふと)とは【ピクシブ百科事典】

やのように、読み継がれる名文というものは世界中に広く存在しています。 ちなみにこのの作者、さんはとという作品も執筆している。 さらには彼が創出した作品世界は「」と呼ばれ、後続の作家たちに書き継がれている。 1915年には、文章添削の仕事を始めていた。 最初の長編クトゥルフ神話の作品がいずれであるかは定かではないが、は7月より刊行の始まったの『』シリーズがそうなのではないかと指摘している。 自身も幼いころ悪夢を見るなど、父と同じ精神失調を抱えていた。 翌年から母スージィも神経衰弱のような症状で苦しみ出した。

>