日経 ウーマン オブ ザイヤー。 日経ウーマン・オブ・ザ・イヤーを受賞しました(受賞スピーチ全文)

日経「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2021」をピーステックラボ代表・村本理恵子..(株式会社ピーステックラボ プレスリリース)

大ブームを巻き起こした緻密な宣伝手法や、リーダーシップを評価して2017年の大賞となりました。 また、もはや「女性」という枠組みで捉えることが不要ではと思えるほど、圧倒的な成果が目立ちました。 活躍した女性たちを通して時代の変化の矛先をとらえる という主旨のもと、1999年から毎年実施するアワードで、本年が22回目となります。 佐野 環さん/キリンホールディングス 執行役員、ヘルスサイエンス事業部長 不振にあった乳酸菌事業を再ブランディング。 2011年、日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2011キャリアクリエイト部門受賞をはじめとして、 2013年には世界経済フォーラム ダボス会議 にGlobal Shaperとして参加。

>

ウーマン・オブ・ザ・イヤー2020発表!:日経xwoman

中村有沙さん/オアシススタイルウェア 代表取締役 「スーツに見える作業着」が10億円のヒットに。 新海誠監督の『君の名は。 レンタル商品には、物損・盗難等の保険を適用するなど、利用者が安心して賃貸借を行なえる環境を構築しています。 個人が、所属組織とは別の、自分のスキルを生かして貢献できる場を提供するため、人生100年時代、オンライン時代の新しい働き方としても注目が集まります。 エイベックス・デジタル取締役事業本部長としてデジタル事業を推進。 「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2021」大賞に選ばれたのは、ビザスク代表取締役CEOの端羽英子さん(42歳)です。

>

日経「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2021」をピーステックラボ代表・村本理恵子..(株式会社ピーステックラボ プレスリリース)

代表村本の生き方、 そして本年のサービスの躍進をご評価いただけたことを光栄に思っております。 ですので、これ以上のコメントは特にありません。 どちらも未来食堂で購入できます(1食無料券をお付けしています)。 端羽さんは2012年にビザスクを創業し、今年2020年に東証マザーズ上場を達成した気鋭の経営者。 私のように小さな人間に、このような大きな試練が与えられたことに、心から感謝いたします。 ほかにも、資本主義では救われにくい人々にも持続的にお金が流れる仕組みや、オンラインでも必要な医療が受けられる装置、ムダなモノを買わなくても豊かな「消費」を楽しめるレンタルプラットフォーム、感染症リスクに前向きに立ち向かうための健康食品など、昨年までと様変わりしてしまった世界で、人々の新たなニーズに応えるサービスを、確かな信念と実行力によって生み出した女性が数多く登場しました。

>

ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018発表! (1/5):日経doors

。 また、職場のインクルージョンを通じて女性のキャリア推進を支援する世界的な非営利組織カタリストのアドバイザーとして、その日本での活動をサポート。 アニメ作品宣伝の中心メンバーとして戦略を立案、実行してきました。 ハンディキャップを抱えながら、素晴らしい作品を世に送り出したディレクター、ICT化の推進など、高齢化社会での新しい地方病院の在り方を示す病院理事長、働き方改革で後手に回るフリーランスの地位向上のために尽力する協会代表理事など、今年の受賞者たちは、当たり前とされてきた価値観を見直し、自ら変えていくことで、 「働き方改革」「ダイバーシティー」「地方活性化」「災害対策」といった社会課題解決へのヒントを示しています。 そんな過程を報道で知った方から、「そうやって気ままにチャレンジできるのも独身だから」といったコメントを頂くことがよくあります。 家電製品や旅行用品などの貸し借りサービス「アリススタイル」を運営する株式会社ピーステックラボ(本社:東京都渋谷区、設立:2016年)は、弊社代表取締役社長 村本理恵子が、『日経WOMAN』によって各界で目覚ましい活躍を遂げた女性を表彰する「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2021」の受賞者に選ばれたことをご報告いたします。 世界経済フォーラムGlobal Shapersに選出。

>

白木夏子オフィシャルサイト

ありがとうございます。 なお、2020年12月7日発売の『日経WOMAN』1月号では受賞者紹介と審査結果の詳細を掲載しています。 アパレルと無関係の水道工事会社発の快挙 「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」は、• 熟練技術の継承や若手の育成など、中小製造業が直面する課題を次々と解決する姿勢が、同業他社だけでなく政府からも注目される存在となっています。 style(アリススタイル)」の開発・運営 「レンタル」をもっと詳しく. 法政大学大学院教授として勤務したのち、エイベックスでモバイル動画配信事業「BeeTV」(のちに「dTV」に発展)の立ち上げに参画。 エイベックス・デジタル取締役事業本部長としてデジタル事業を推進。 初の「免疫」機能性表示食品としてヒットさせる• 日本におけるダイバーシティ&インクルージョンを推進する観点から、様々な調査研究、講演、イベント企画等に従事。 2018年7月より、G20の公式エンゲージメントグループであるW20運営委員会の事務局長を務めており、また、2019年G20大阪サミットで立ち上げられたEMPOWER(女性の経済的代表性のエンパワーメント及び向上)の日本代表の一人でもある。

>

日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2021」を発表|日経BP

従来の支配型リーダーシップでなく、対話を通じて組織を育てたリーダーシップは、成果の出ない組織を抱える、すべてのリーダーの手本となるものでした。 専修大学経営学部にてマーケティング教授、ネットベンチャー「ガーラ」のナスダックジャパン上場に貢献。 消費者が購入に踏み切る前の段階で実際に商品を使って驚きや感動、 楽しさを得られる体験を創出するとともに、 商品メーカーにとっては新たな顧客との接点を提供している。 消費者が購入に踏み切る前の段階で実際に商品を使って驚きや感動、楽しさを得られる体験を創出するとともに、商品メーカーにとっては新たな顧客との接点を提供している。 メロディ・インターナショナル株式会社のサービスについて ・IoT型胎児モニター「分娩監視装置iCTG」 国内初のIoT型胎児モニター「分娩監視装置iCTG」は、胎児の心拍と妊婦さんのお腹の張りを、病院や自宅などで測ることが出来るデバイスです。 そんな時代を先取りして生まれた「ビザスク」は、ついに上場という形でその価値を認められました。

>