西武 池袋。 電車・駅のご案内 :西武鉄道Webサイト

西武池袋線の路線図

1番ホームはエレベーターがあり、地下コンコースから段差なしで地表(西武南口)を結ぶルートで、やで利用しやすい。 (平成24年)• (昭和15年)11月1日 所沢飛行場駅を東所沢駅に改称。 武蔵横手信号所開設。 (国立国会図書館デジタルコレクション)• (大正13年)• 横浜方面発着の快速急行が練馬駅停車となる。 武蔵藤沢駅を出発して(行政道路)の建武橋の下をくぐり過ぎると、ひたすら(とその跡地)の中を通り抜ける。 続けて、豊島区 副区長 齊藤雅人氏と日本大学 理工学部 土木工学科 教授/豊島区池袋駅周辺地域再生委員会 委員長 岸井隆幸氏があいさつし、テープカットが行なわれた。 また、小手指駅発着の列車は小手指駅で飯能駅発着の各駅停車に接続するが、2019年3月16日改正以降は小手指発の上りの一部列車が時刻変更などによりできなくなっていた飯能駅発着の各駅停車との接続が、2020年3月14日ダイヤ改正以降は改善された。

>

電車・駅のご案内 :西武鉄道Webサイト

地下鉄線直通を含め10両編成の運転が基本であるが、急行・快速急行・快速と同様、車両運用の都合で折り返し前後が各駅停車になる場合や東横線・みなとみらい線内を各停で運転される場合は、8両編成で運転される。 2013年6月9日にチケットレスサービス(愛称Smooz)が導入されると、特急券の改札が廃止され、乗車後の車掌用携帯端末による購入情報チェック方式(指定した座席以外の乗客のみ改札する)に変更された。 (2年):旧4番線を8番線として使用再開。 旅客営業のみ。 (昭和21年) 保谷 - 田無町(現・ひばりヶ丘)間複線化。 3面3線を有する地上駅で、1 - 5番線があるが、このうち2・3番のりばと4・5番のりばの線路は共用である。 (昭和8年)• これにより営業キロを0. 同年11月27日には有楽町線コンコースにも「エチカ池袋」が拡大開業し、さらに西口には商業施設の「」も開業した。

>

池袋駅

(国立国会図書館デジタルコレクション)• (平成25年) 西武有楽町線・東京メトロ副都心線を介して東急東横線・横浜高速鉄道みなとみらい線との相互直通運転を開始。 ダイヤそのものはから既に存在していたが、当時の池袋線関係の列車種別は平日の定期ダイヤの場合だと「特急・急行・準急・各駅停車」のみだったため、現在の「通勤急行」という種別が設定される前は「ひばりヶ丘駅には停車しない急行」や「朝だけ東久留米駅・保谷駅・大泉学園駅に停まる急行」といった表現で利用者は解釈していた(当初は石神井公園駅も通過)。 2009年3月26日、副都心線コンコースに駅構内商業施設の「」が部分開業した。 乗換路線 乗換路線はありません• (国立国会図書館デジタルコレクション)• 中村橋駅を出ると、途中でとが見えており、そのすぐそばには が見える。 (貨物駅 武蔵藤沢駅 - 稲荷山公園駅間 1945年11月20日開業・1982年12月20日廃止)• またダイヤゲート池袋は、災害時に帰宅困難者などの避難場所としての利用も想定されていて、屋外の公開空地にはマンホールトイレが設置できるほか、防災備蓄倉庫も用意されている。 4階と3階の間には中間免震層が設けられ、大地震にも強い構造。

>

池袋駅

(最寄駅:西武秩父線西武秩父駅) 12月3日の大祭にあわせ臨時列車運転。 この時点では、埼京線と中距離列車のホームは線路別で独立しており、3番線から発車する埼京線新宿方面行列車と新宿方面から2番線に到着する中距離列車(および2番線を通過する貨物列車)が当駅の南側でしていた。 自動改札機が設置される。 なお、2017年3月25日改正時で、日中時間帯にも新宿三丁目駅折り返しを延伸する形で当駅発着・終着列車が設定された。 また、3色LED表示器では無点灯の地に緑色の文字で、「準急」や「快速」と同じであった。

>

西武池袋線

(令和2年)より、防止のため直通運転中止。 平日朝の始発から午前9時30分までの間にへ到着する・方面直通の全列車における進行方向最後尾車両(実施区間は運行列車の全区間)。 だが数値上では1980年度の101万人が最盛期。 (大正7年) 加治荷扱所開業。 」となっている。 西武線内での優等扱いは、朝と夜間に下りの準急・快速・快速急行が、上りは準急・快速(ともに副都心線内各駅停車)の運用が数本あるが、西武線からみなとみらい線までの全区間を各駅停車で運転する列車が主体となっている(東横線・みなとみらい線内は急行で運行する列車もあるが、副都心線内は各駅停車ということが多い)。 今後この土地を使う予定は無い。

>

モロゾフ 池袋西武店

この中で「百貨店は構造不況」だと指摘している。 年度別1日平均乗降人員 [ ] 各年度の1日平均乗降人員は下表の通り(JRを除く)。 最ピーク時は1日平均乗降人員が67万人を越え、私鉄における一路線のターミナル駅として日本最大となる時期もあったが、近年は50万人を割り込んでいる。 一方で、池袋駅 - 保谷駅間の各停は石神井公園駅・所沢駅・小手指駅・飯能駅発着などへ振り分けられたことで減少した。 中村橋 - 練馬高野台間複々線化。 2004年(平成16年)4月1日:帝都高速度交通営団(営団地下鉄)民営化に伴い、当駅は東京地下鉄(東京メトロ)に継承される。 S字カーブが終わると上新井の大踏切(西所沢6号踏切)から までは直線である。

>