ピポッド テーブル。 Excelでピボットテーブルの作り方

【Excel】ピボットテーブルって何に使うの?エクセルで大量のデータを効率よく集計・分析するテク

例えば「商品名ごとの月別の売上を集計したい」のであれば、「商品名」と「日付」という感じです。 ピボットテーブルを用いると、これらのような注目するポイントの異なるクロス集計表を簡単に作成できます。 (もし表示されていない場合は、「オプション」タブのリボン内にある「フィールドリスト」ボタンをクリックします) この「ピボットテーブルのフィールドリスト」の上半分に表示されているチェックボックス付きの項目は、ピボットテーブルの基に指定したリストの項目名を反映しています。 フィルターの欄は使わない• しかも自由に項目を動かせるという、超便利機能つきで。 作成する場所は、今回は「新規ワークシート」としました。

>

ピボットテーブルの作成方法:エクセル2010基本講座

ピボットテーブルビューで、データを分析する方法です。 行ラベルに不要なものがあります。 賞与の列が追加され、新たな視点のデータ分析ができます。 [ピボットテーブルツール]リボンの[オプション]タブを選択し、[フィールドの設定]を実行します。 ここでは、ピボットテーブルの応用的な使い方を解説します。 ピボットテーブルで集計をしたいデータが入力されているリスト 表、テーブル の中の 任意のセルをクリックして、[挿入] タブの [ピボットテーブルの挿入] をクリックします。 新着記事で探す• 【応用編】エクセルのピボットテーブルで、より詳細にデータ分析をする方法 最後に、 ピボットテーブルを使ってより詳細にデータ分析をする方法をご紹介します。

>

ピボットテーブルを作る

石田かのこ• こういう場合には「データソースの変更」をします。 つまり、「商品名」を「行ラベル」へ、「日付」を「列ラベル」へそれぞれドラッグすると、下の図のように「商品名ごとの売上日別」の集計表になります。 このエリアは特別で、ピボットテーブルに表示されているデータをフィルタするときに 使用します。 もっとも,あらたに表示された階級には度数 つまり0 が表示されてはいません 下表の彩色部分。 複数の範囲を元にピボットテーブルを作るってどういうことですか?とか、 複数の範囲を指定してピボットテーブルを作ってみましたが思うようにいきません。 単なる集計をするだけでも優秀ですが、簡単に作り替えられるのもピボットテーブルの大きなメリットなのです。

>

簡単に複雑な集計ができるピボットテーブルの基本

手順自体は普通のグラフを作成する手順ですが、ピボットテーブルを基にした場合にはピボットグラフが作成されます。 支出のピボットテーブルの完成例• 「計算の種類」を選択した後にダイアログが表示されるためそこで基準を設定します。 なんで [指定] を選ぶのかは、あとでわかります。 ピポットテーブルの使い方 今回は下の図にある、とあるスポーツ用品店の売上管理表を例として使用します。 この枠がスライサーです。

>

簡単に複雑な集計ができるピボットテーブルの基本

そして、「OK」ボタンをクリックします。 めっちゃ便利でしょ? それでは、どういう機能かなんとなく分かっていただけたと思うので、早速ピボットテーブルの作成方法を紹介します。 変更手順とそれぞれの特徴を説明します。 基準値との差分 [ 基準フィールド] の [ 基準アイテム] の値との差分として、値を表示します。 3.ピボットテーブルの作成ウィザードでそのままOKをクリック。

>

エクセルのピボットテーブルのデータを並び替える3つの方法|Office Hack

先ほど、テニスラケットやグローブなどの「各商品の月ごとの売上」という例を出しましたが、その後今度は「各担当者の月ごとの売り上げ」を確認したくなったとします。 すると、ピボットテーブルの列ラベルと行ラベルが入れ替わります。 最初にクリックした任意のセルを基準にして、自動的にデータの入力されている範囲が認識されます。 列フィールドを選択します。 「分析」タブと「デザイン」タブが見つからない場合は、ピポットテーブルの表をクリックして見てください。 集計の明細行を表示する ピボットテーブルは通常複数のデータを集計した結果を表示しますが、「この数値はどのようなデータを集計した結果なの?」というように、場合によってはその集計されている明細のデータを確認したくなることがあります。 「月」を選択すると月別集計に集約されます。

>

ピボットテーブルを作る

こういう表でピボットテーブル集計をしたい、という場合には、次のどちらかの方法を使います。 もし元の形式の方が使いやすいということであれば、「レポートのレイアウト」-「コンパクト形式で表示」を選択すれば最初の形式に戻ります。 そうするとダイアログボックスが現れるので、 「レイアウトと書式」タブ内にある「更新時に列幅を自動調整する」のチェックを外します。 元表の「外側」に列・行を追加した内容を反映させる方法 ピボットテーブルの集計元となる表に対して、• 支出のピボットテーブルを作成する• ウェア• さきほど同様、 ピボットテーブル上で右クリックをして、 「値フィールドの設定」を選びます。 基本的には便利な仕様なのですが、時々この自動調整が邪魔になることがあります。 たとえば、表の列の中にどんなデータがあるかの一覧が欲しいというような場合、 このピボットテーブルの中身をコピーすれば一覧を作れますね。 特に、ピボットテーブルの「意味がわからない」という方は、ぜひ「手作業」で再現するとどうやるかもじっくり読んでみてください。

>