シルガ ライオン。 どう見ても襲われている!!育ての親の男性と仲良く遊ぶライオンが迫力満点すぎる!!

子供の頃に人間に救われたライオン!その1年後会いに行くと感動の展開に!!

ケガをした猫を見付けると見捨てることができず、保護して傷の手当てをしてあげるほど人一倍強い動物愛護精神を持つ少年だったのです。 シルガはたくましく野生の中で生活していました。 けれど寂しい気持ちはどうしても 湧き上がってきます。 さらに翌年1972年にも2人はクリスチャンと再会を果たす。 ただ可愛がるだけではなく、 きちんと野生に帰るためには、 人に慣れすぎないようにしなければなりません。 164• 幼少期に野生で一人で彷徨って餓死するところ、偶然バレンティン・グリューナーさんに保護され救われました。 真実の愛のカタチとは? 相手がどんなに変貌しても、その中に息づくココロを見る事ができるかですね! たとえ、彼女がこんなことになろうとも😂 そして、遂にこんなに大きくなった彼女をアナタは愛し続ける事ができるか? これから、ワタシは世界史に残る愛の詩人、シェークスピアに負けない悲恋のお噺を書こうと思うのです。

>

ライオン株式会社

325• また、ヴァレンティンさんは自然や異文化にも興味を持っており、 青年になってからは世界各地を旅して探訪したりもしました。 ライオンからのお知らせ 2020年11月30日 偽アカウントにご注意ください!• 久しぶりの再会を果したシルガは、まるで子猫のようにヴァレンティンにじゃれて甘えています。 この際、野生に戻ったクリスチャンが2人の事を覚えている可能性は極めて少ないと忠告され、本人たちも当然そうあるべきだと考えていた(しかし事実は、ジョージは、クリスチャンは2人のことを完全に覚えているはずであると2人に告げている。 関連書籍 [ ]• もちろんこの日が来ることを目標にして、 2人でシルガを育ててきました。 ゲストは、菊池桃子、北乃きい、博多大吉(博多華丸・大吉)、小沢一敬(スピードワゴン)、高橋茂雄(サバンナ)、若田部遥(HKT48)。 野生に返すことがヴァレンティンさんと ミッケルさんの、 共通の目標だったのです。

>

助けられたライオンと人間との絆が素晴らしい!

そして、遂にシルガの本能が目覚めた。 シルガ ヴァレンティンさんは、そこでデンマーク人のミッケル・レガートさんと出会います。 それは、デンマーク人のミッケル・レガートさんでした。 ライオンにはシルガと 名前が付けられました。 Snopes. 約8年前 この幼いライオンは「シルガ」と名付けられました。

>

幼いライオンを救った男性。野生に戻した1年後の再会に涙が溢れる【感動】

179• 179• 184• ネットの反応 ・純粋な愛!美しいです!! ・可愛い!ワンちゃんみたいですね! ・このライオンが男性と長く幸せな生活が送れることを願っています。 やっぱりここで動物に関わる仕事がしたい、 そう考えていた時に出会ったのが、 同じく動物に魅了されてアフリカへやってきた、 デンマーク人のミッケルさんでした。 185• 120• そしてヴァレンティンさんを見つけたシルガは、驚きの行動をとったのです! シルガは愛情を持って自分を育ててくれた。 341• 時が経ちシルガは野生化し・・・ 野生化したシルガとの久々の再開。 保護された野生動物が人に慣れてしまうと、野生に戻りにくくなったり、野生に戻っても危険な目に遭ったりと良いことがないからです。 ちなみに、その土地内には他の野生からはみ出てしまったライオンも複数いる環境であった。

>

❝絶命の幼いライオン❞を救った男性と野生ライオンの❝絆❞

きっとシルガにとって幼少期に一緒に過ごしたバレンティンさんは大切な家族のような存在だったのかもしれません。 保護した時、幼いライオンは餓死寸前の瀕死状態でした。 そのためシルガと交流を持つ人間はヴァレンティンとミッケルのみに限られたそうです。 120• 週に5〜7本動画を公開しています。 288•。 ヴァレンティンさんとミッケルさんの思いはただ一つ。 まだ幼いシルガは本当に可愛らしく、 2人とも我が子のように大切に思っていました。

>

ライオン 法人様向け販促ノベルティサイト

それがシルガにとっての 本当の幸せだ』 ヴァレンティンさんとミッケルさんは、 共通の強い意志を持っていました。 そのため、シルガが交流を持つ人間はヴァレンティンさんとミッケルさんのみと、最低限に絞られてました。 そして、猛烈なハグ、ハグ、ハグ・・・ 野生化したシルガであったが、時が経っても幼少期に受けた恩を忘れない。 473• シルガと接するのは、 バレンティンちゃんとミッキーさんの2人だけ。 2人はひとりぼっちの子ライオンを 連れて帰りました。 ・私は男性がこの動物と作った絆を本当に羨ましく思っています。 みなさんがタイに来られる日を待ち望んでいます。

>

ライオン 法人様向け販促ノベルティサイト

そこで、デンマーク人のミッケル・レガートとの出会う。 ドイツ出身のヴァレンティン・グリューナーは、幼い頃から猫好きで、怪我をした猫を保護して手当するなど、人一倍動強い動物愛護精の精神を持つ少年でした。 185• 会えなくても、育ての親を忘れたりしなかったシルガ。 そこには大きくなったシルガの 立派な姿がありました。 しかしやがて、ネコ科の動物への愛着に導かれてか、彼はアフリカ大陸へと辿り着きます。 クリスチャンが事実上野生の世界に戻ったのはこの時期以降であるといえる。 プロジェクトの活動を初めて間もなくヴァレンティンさんとミッケルさんは、 パトロール中に群れから見放された瀕死状態の1匹の幼い雌ライオンを保護します。

>

どう見ても襲われている!!育ての親の男性と仲良く遊ぶライオンが迫力満点すぎる!!

思わず涙ぐんだ北タイで見つけた真実に愛のカタチ。 180• そんな中でこの写真は、ヴァレンティンさんが1年ぶりに保護地区を訪れた際に撮影されたものです。 バレンティンさんが1年ぶりに訪れたにも関わらず、 バレンティンさんのことは忘れていないどころか強い絆で結ばれていることが確認できました。 出典: ある日、2人は群れから見捨てられ、食べ物もなく瀕死状態だったライオンの赤ちゃんを保護します。 それでも自分たちの気持ちを抑え込んで、 2人はシルガに別れを告げます。 255• 兄弟2匹を群れの雄に殺され、群れから見放された幼い子ライオンは餓死寸前、瀕死の状態でした。

>