山口 潤一郎。 山口潤一郎

山口 潤一郎

This synthetic method allows for facile and rapid access to highly arylated pyridines with different aryl substituents. Asian Core Lectureship Award, Thailand• 3月 工業化学科卒業• ポスドクと学生の数はほぼ同数でうまく2つの部屋に振り分けられていた。 Moreover, the established protocol can be applied to the synthesis of tetraarylnaphthalenes and pentaarylpyridines. 概要:The synthesis of natural products and pharmaceuticals, particularly those containing heterocyclic frameworks, can be dramatically simplified by using catalytic C-H functionalization. しかし、構想を練ったりWebの勉強をしたりするうちに、「せっかくだから、化学を知りたい人や、やってみたい人の玄関になるようなサイトにしたい」と思うようになり、総合化学サイトという方向にシフトしていき、今に至ります。 掲載内容は2009年2月当時のものです。 This emerging mechanistic knowledge was validated by further exploring base and C-H substrate effects via replacing Cs2CO3 with K2CO3 and benzoxazole 1a with 1H-benzo[d]imidazole 1b or quinazoline 1c. 研究者にとって研究費の獲得は、手段であり目的ではない。 しかし、ケムステのようなメディア運営を通じて社会に貢献し、研究費獲得を視野に入れて収益化を目指す研究者は前例がないのではないか。 3是非、海外留学を検討している方々に、ここでの研究をお薦めしたい。

>

山口 潤一郎

4月 特別研究員 DC1• 5 Rearrangement from Cyclobutanone 6 Summary. 6 Diketopiperazine 3 Cyclopropanation Using Ylides 3. 日本人コミュニティーも充実していて、多くの優秀な「同期」と交流できたのもここで得た財産である。 The C-H arylation of imidazoles with chloroarenes as well as that of thiazoles and oxazoles with phenol derivatives can also be achieved with this catalytic system. To showcase these methods, we have accomplished the formal synthesis of thiopeptide antibiotics GE2270 s and amythiamicins. Our findings suggest routes for the design of new, improved Pd catalysts with higher stereoselectivity. We suggest that the AMOR sugar chain in the ovary renders the pollen tube competent to the chemotropic response prior to final guidance by LURE peptides. ISSN:14770520 概要:We describe the structure-activity relationship of various arylcyclopropylamines ACPAs , which are potent LSD1 inhibitors. 新学術領域「精密反応場」レクチャシップアワード• Angewandte Chemie - International Edition 2015年- By using cutting-edge C-H activation chemistry, a focused library of KL001 derivatives was rapidly constructed, which enabled the identification of the critical sites on KL001 derivatives that induce a rhythm-changing activity along with the components that trigger opposite modes of action. 今は大学院生以上の人が多いです。 Overall, phenyl ester moieties function as leaving groups. 4月 早稲田大学理工学術院 教授(現任) 兼任• ISSN:20411723 概要:The Suzuki-Miyaura cross-coupling is a metal-catalysed reaction in which boron-based nucleophiles and halide-based electrophiles are reacted to form a single molecule. 学生に課したレポートでは参考資料として必ず登場するといっても過言ではないなど、化学の発信塔として根付いている。 —現在、Chem-Stationの運営に関わっていらっしゃるのはどういう方々なのですか。 特に化学反応を開発した功績により、その研究者の名前が冠された化学反応である「有機人名反応」に興味を持った。 若い世代の特別講演会 特別講演証• 新学術領域「精密反応場」レクチャシップアワード• We have generated over 150 arylthiazoles by using this methodology. 有機合成化学協会研究企画賞(帝人ファーマ)• The use of 3,4-bis dicyclohexylphosphino thiophene dcypt as an air-stable ligand enables this transformation. 現在月間PV約240万。

>

山口 潤一郎

This reaction not only functions in an intramolecular setting but also allows for a cross-etherification using other phenols. Thieme Chemistry Journal Award• Asian Core Lectureship Award, Thailand• さらに、1週間に数度のPhilとのミーティングの以外に、私だけここから3ヶ月弱彼と化学について直接話すことは全くと言っていいほどなかった。 Herein, a new synthetic strategy for the development of TAK-779 analogs by late stage diversification is reported. The sites of the KL001 derivatives that are critical for their rhythm-changing activity were elucidated, which led to the discovery of the first period-shortening molecules that target the cryptochrome. —研究者としての目標を教えてください。 化学の勉強って、大学3年生くらいから面白くなってくるんですよね。 しかし、現実は違った。 研究報告会はなく、全体の詳細はPhilのみが知っている。 3月 工業化学科卒業• 4 Intramolecular Mitsunobu Reaction 5. とはいってもその合成手法はほぼ自由であり、Philとの綿密なディスカッションで大枠を設定し、随時修正していく。

>

Publication

10月 胡桃坂クロマチンアトラスプロジェクト有機合成化学研究開発グループ・グループリーダー 主な所属学会 [ ]• 天然物化学談話会奨励賞• 4月 スクリプス研究所化学科博士研究員• 4月 准教授• チームは当時、私を含めて5名もおり、全くではないものの異なるルートで全合成を目指していたのである。 Under these conditions, the tertiary amine and the tertiary alcohol were well-tolerated. さすがに自分の身が危ういと感じて、勉強をしたり、英語を学んだり、資格をとったりしていたのですが、そのなかで一番面白かったのが有機化学でした。 科学技術への顕著な貢献 2017(ナイスステップな研究者)• The intermediate of an assumed C-O oxidative addition was isolated and characterized by X-ray crystal-structure analysis. 何より、主に現役の研究者から成るケムステの運営メンバーやライターたちは、モチベーションを互いに上げるコミュニティーへと育っている。 ISSN:17554330 概要:Since its discovery in 1825, benzene has served as one of the most used and indispensable building blocks of chemical compounds, ranging from pharmaceuticals and agrochemicals to plastics and those used in organic electronic devices. 目では見えない小さな分子の形や性質を理解し、意のままに操る有機化学者とはいったい、どんな人たちなのでしょうか。 No specific sugar-chain structure of plant extracellular matrix has been identified as a bioactive molecule involved in intercellular communication. そんなマイノリティな人が何かを書けば、それは物凄くユニークで、世の中にほとんどない、貴重なものになるはずです。 By utilizing our C-H coupling reaction, we rapidly synthesized 16 analogues IYS-1 through IYS-15 and IYS-Me of NCH-31 with different aryl groups at the C4-position of 2-aminothiazole core of NCH-31. 化学好きが高じて大学に進学したが、必修科目である有機化学の講義は化合物の命名法ばかりで興味が持てなかった。 化学の「面白さ」と「可能性」を伝えるために、今後の「可能性」のある学生達に,難解な話でも最後には笑って、「化学って面白いよね!」といえる研究者を目指している。

>

Publication

2年で合成できるのかという気持ちと、攻略したいという好奇心、最終的にはうまい言い訳を英語でいうことができず、二つ返事でOKした。 The first period-shortening molecules that target the cryptochrome CRY were thus discovered. Here we report that ovular methyl-glucuronosyl arabinogalactan AMOR induces competency of the pollen tube to respond to ovular attractant LURE peptides in Torenia fournieri. A library of 54 new congeners were synthesized and tested for their biological potential. C-H functionalization has gathered significant interest from the organic synthesis community because it provides a new strategy to construct carbon-carbon and carbon-heteroatom bonds in highly functionalized, complex molecules without prefunctionalization. 「あいつ、壊してる人でしょ」って言われたい……「破壊王」みたいな(笑)。 The AMOR Arabinogalactan Sugar Chain Induces Pollen-Tube Competency to Respond to Ovular Guidance Mizukami A. Baran教授は当時associate professorとなったばかりの若干29歳、新進気鋭の合成化学者である。 This factor, named AMOR, was identified as an arabinogalactan polysaccharide, the terminal 4-O-methyl-glucuronosyl residue of which was necessary for its activity. C-H Activation Generates Period-Shortening Molecules That Target Cryptochrome in the Mammalian Circadian Clock Oshima T. A conventional method for the construction of the diaryl ether moiety is the intermolecular cross-coupling reaction of aryl halides and phenols with a copper or palladium catalyst. 研究は新規かつ効率的合成戦略をベースとした天然物合成研究と反応開発であり、ポスドクや学生が1人のテーマもあれば、私のように2〜5人をかけてでも一刻も早く合成したいというテーマもあった。 4月 早稲田大学理工学術院 教授(現任) 兼任• Theoretical calculations uncovered key mechanistic features of this unusual decarbonylative coupling. ISSN:20416520 概要:The first nickel-catalyzed C-H arylations and alkenylations of imidazoles with phenol and enol derivatives are described. また、この留学は日本学術振興会海外特別研究員として行われたものであり、この場を借りて御礼申し上げます。 3月 東京理科大学大学院工学研究科工業化学専攻 修士課程修了• ISSN:19485875 概要:We previously reported the discovery of NCH-31, a potent histone deacetylase HDAC inhibitor. Proc Natl Acad Sci USA 2019, 116, 11528-11536. アカデミックで研究しているメンバーもいますし、企業の研究者のメンバーもいます。

>

山口 潤一郎

Multiply arylated arenes are privileged structures with highly useful functions and fascinating optoelectronic and biological properties. Organic and Biomolecular Chemistry 13 8 p. Angewandte Chemie - International Edition 54 24 p. アジア化学連合(FACS)ディスティングィッシュ若手化学者賞• 独自の化学コンテンツと各種情報チャンネル、化学サイト検索、研究に必要な書籍、試薬、機器等の情報を提供しています。 また、取材先やケムステ読者の研究者たちは、異分野の情報交換ができるネットワークとして価値を発揮している。 The N-alkylpyrrole core is fully functionalized by means of a rhodium I -catalyzed C-H arylation at the C3-position, a rhodium II -catalyzed double C-H insertion at the C2- and C5-positions, and a Suzuki-Miyaura cross-coupling reaction at the C4-position. The presence of NaIO4 as an oxidant is crucial for the catalytic reaction. In order to increase the oral bioavailability replacement of the quaternary ammonium structure by a tertiary amine and modification of the 4-methylphenyl moiety were envisaged. もちろん分子をつなげるところもやりたいけど、それはほかの人たちもやっていることなので。 化学の話題を届けるため、様々な情報を仕入れ、発信する。 3 スクリプス研究所に在籍した日本人の企業、大学研究者の会「日本スクリプス会」があり、活発な交流が行われている。

>