世論 調査 不正。 世論調査の不正(捏造)の内容は?産経やフジが架空回答発覚で14記事削除!

産経・フジ「世論調査不正」が投げかけたもの マスコミ電話世論調査は本当に信頼できるか

けれどそれはあくまでばらつくということで、支持率が変に上がったり下がったりするということではありません) ですから今回は、委託先で手抜きが行われ、その手抜きを防げなかったという問題ではないかと推測されます。 今後、継続して調査・検証を行い、その結果に沿って、然るべき処置を行ってまいります』 産経新聞社コメント 『報道機関の重要な役割である世論調査の報道で、読者の皆さまに誤った情報をお届けしたことを深くおわび申し上げます』」(原文ママ) メディアの世論調査はどのように行われているのか 全国紙記者は今回の件について、次のように話す。 データの不正入力を行っていたのは、 調査業務委託先の「株式会社アダムスコミュニケーション」が業務の一部を再委託していた「日本テレネット」の コールセンター現場責任者。 フジと産経が合同で調査をしているのは、両社の財務状況がひっ迫しているから。 FNN・産経新聞合同世論調査は、 電話による質問に対する回答を集計する形で行うが、 問題のデータ不正入力は実際には 電話していないにも関わらず、 架空の回答を入力する形で、 2019年5月から2020年5月まで、 計4回の実施分で行われた。

>

【継続検証:産経新聞FNN世論調査不正の影響】

両社は謝罪に追い込まれるなど、影響が広がっている。 新聞各紙は世論調査にあたって、「〇〇新聞の調査です」と最初に社名を名乗る。 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査で、調査業務を委託していた調査会社「アダムスコミュニケーション」(本社・東京都)が再委託した「日本テレネット」(本社・京都市)の社員が約1年間にわたり、計14回分の調査の一部で不正なデータ入力を行っていたことが19日、分かった。 面接調査から電話調査、それも携帯スマホ利用へ、そしてウェブ調査など新たな調査媒体が登場し、試行錯誤と理論的研究がなされているが、安易に結果だけが示されることも多い」(林文・東洋英和女学院大学名誉教授) 「若年層の人口の少なさを実感する。 産経、FNNの代表者は辞任して謝罪が必要だろう。

>

フジ・産経の世論調査不正は、財務ひっ迫が原因? 他社批判のフジ上席解説委員に特大ブーメラン!|日刊サイゾー

回答者の全体を全国の有権者の縮図とするため、対象者の抽出は年齢や性別、地域などに偏りが生じないよう厳密に行われていた。 産経とフジは委託先が調査業務を孫請けに出していたことさえ知らなかったという。 フジテレビは問題の期間の世論調査結果及びそれに関連する放送は取り消します。 両社は不正が行われた理由を「オペレーターの人集めが難しかった」などと説明しているが、詳細は解明されないまま、世論調査自体を打ち切っている。 それだけにフジテレビと産経新聞社による合同世論調査の不正はショックだった。

>

世論調査産経新聞フジテレビFNNに不正捏造が発覚

調査結果には回答者の電話番号が記されていなかったため、フジ、産経両社は不正に気づくことができなかったという。 国民の意見を科学的に正確にくみ取ることのできる調査と言えるのか。 これは重大な問題で、世論調査そのものが信用ならないといった声が各所から上がりました。 そもそもなぜ両社は、やらかしてしまったのか? 「財務上の問題が大きいでしょう。 変更後の調査は昨年5月から今年4月までが1カ月に1回、今年5月が2回の計14回。 電話に出る人に回答を求めると、在宅の可能性が高い女性や高齢者に回答者が偏ってしまうためだ。 弊社におきましても、その事実を確認致しました。

>

産経・フジ「世論調査不正」が投げかけたもの

6月には河井夫妻逮捕に加えて、コロナ対策の「持続化給付金」の中抜き問題が噴出した。 疑問点はほかにもある。 今回の件で世論調査に対する疑念が強まることはやむを得ません。 産経新聞社とFNNは昨年5月、合同世論調査の業務委託先について、それまで長年契約していた調査会社との契約終了に伴い、アダムス社に変更した。 世論調査は、全国の18歳以上の男女約1千人を対象に行っており、不正は各回で100件以上、14回分で計約2500件に上るということです。 しかし、オペレーターに「この電話は個人のものか企業などのものか」と聞かれ、世論調査に答えたくない人はそれが個人の電話であっても「会社のものです」と答えるかもしれない。

>

【不正】日本テレネットが架空世論調査↓社員は誰で名前は?コールセンター現場責任者

うちの世論調査は他社に比べて予算が少なく、下請けにかなり負担を強いていたから、ほかにも似たような不正が行われている可能性は十分ある」 しかも、今回は下請け会社の不正だが、FNNと産経の世論調査では、組織をあげて安倍政権に有利な結果になるよう加工しているのではないかという疑惑もささやかれてきた。 今後調査・検証を行い、しかるべき処置を行います」、産経新聞社は「報道機関の重要な役割である世論調査の報道で、読者の皆様に誤った情報をお届けしたことを深くおわび申し上げます」とコメントした。 新聞社やテレビ局によって異なるが、900~1000件程度の回答を目標としているケースが多い。 この問いにあいまいな答えをした人を、朝日新聞では「その他・答えない」という選択肢に振り分けます。 日本世論調査協会の小林康有事務局長は、「世論調査は各社情報の機微に触れる部分があり、透明性を確保するのが難しい点もある。 フジテレビによると、不正を主導した社員は「電話オペレーターの確保が難しかった」などと説明しているという。

>

産経・FNN合同世論調査、委託先社員が不正

報道機関の世論調査の結果は、政党や政権への支持率、重要な施策に関する賛否の割合など社会の重要な指標であり、読者の皆さまのさまざまな判断や行動にも影響を与えるものだと考えています。 第一に緊急事態宣言の発出を評価するか、しないか、第二に発出の時期は適正だったか否かである。 少し長いのですが、検証の題材として一部引用致します。 世論調査というのは各メディアが自主的に行う調査であり、その記事は一般的なニュースとは本質的に異なる性格のものである。 今回の不正は看過できません。 利益を上げるために行った」と話しているという。

>

政権支持率は27%か42%か? 新聞の世論調査の謎に迫る

以上のような電話調査をRDD(Random Digit Dialing)方式などと呼んでいる。 架空の回答入力が計14回の調査で行われていたという。 新聞社によって異なる回答率 これに対し電話調査は、いくら回答を拒否されても次の回答者を見つけ、とにかく調査実施時間内にサンプル数が目標にたどり着けばいいようだ。 再委託先の現場責任者は実際に電話していないにもかかわらず、架空の回答を入力していたという。 結果を都合良く見せるための不正ではなく、 業務怠慢による不正だと信じたいが、 いずれにしろ 何ら信憑性の無いデータを基に番組で論じていたのだから酷い話だ。

>