公立 学校 情報 機器 整備 費 補助 金。 公立小・中学校におけるコンピュータ教室等の効果的な活用について改善の意見を表示したもの

GIGAスクールサポーター業務委託検討に係る情報提供依頼(RFI)

官僚の働き方改革は遠そう(遠い目)。 一方で、そのやり方は情報が偏るので全体最適にはなっていません。 端末価格や納入完了予定日などは、まだまだこれからだと思うので、暫定的な金額や日程を入れるしかないのかも。 そして、それまでの移行措置として、「現行の学習指導要領の特例」(小学校については平成11年文部省告示第128号。 まずは 校内LAN工事。

>

GIGAスクールサポーター業務委託検討に係る情報提供依頼(RFI)

しかしこれはおかしい話で、本当は、要綱本文(又は別紙とか別表とか別記とか)にきちんと記載されるべきものです。 そして、以下の各項目について計画を記載していくことになります。 もう1つは、今後会計検査が行われて、不適切な事例が見つかった場合、全部自治体の責任にするためです。 今後、全国の事業量を調査した上で2年度補正分を含めた執行に向けた準備を進める。 で 半数近い学校で1500万円以上の整備費がかかるという申告があったので、他自治体の積算状況の共有でしょうか。 (近所の地域ネコ。

>

文科省 公立学校情報機器整備費 道内自治体に29億円 端末約65000台整備

(学習者用コンピュータと別個に調達する場合のように、単品(有償)として扱われるものは補助の対象外となります。 一方、1〜9時間の利用となっている学校が56校、全体の19.7%を占めており、各教科等で全く利用していない学校も1校、全体の0.3%ある。 道、札幌市を含む道内115自治体が内定し、内定額総額は29億3100万円。 (補助制度等の概要) 公立の小学校及び中学校(以下「小・中学校」という。 すなわち、小学校1,202校中731校(60.8%)、中学校285校中222校(77.9%)が利用計画等を作成してコンピュータを利用した授業を行っている一方で、小学校471校(39.2%)、中学校63校(22.1%)では、利用計画等を作成していない状況となっている。 そして、12年度は、都道府県の研修計画の企画、立案等の担当者や教育用ソフトウェア等を教育に利用した経験のある教員等を対象に、年間1,000人程度の規模で、1回の研修期間を5〜10日程度とし、「教員研修の進め方」や「学習指導におけコンピュータ・インターネットの活用」などについての研修を実施している。 教育委員会等が交付の決定の内容を変更する場合には、大臣に内容変更承認申請書を提出。

>

公立小・中学校におけるコンピュータ教室等の効果的な活用について改善の意見を表示したもの

ではまたー。 また、端末を学習者用コンピュータとして適切に運用するために最低限必要なものに限ります。 A5 端末管理(MDM)ツールについては、標準仕様書でお示しした機能は、学習者用コンピュータとして適切に運用するために最低限必要なものと考えております。 この予算規模の申請書にしては項目が少なく簡素にしてくれているように感じます。 ネットワーク環境整備はR2年度のみなので、やはり情報機器整備とセットで申請した方が良さそうです。 以下同じ。

>

GIGAスクールサポーター業務委託検討に係る情報提供依頼(RFI)

うーん、いじわる。 最初に各項目のチェックリスト。 各都道府県教育委員会、学校設備整備等担当課長宛に送られた文書によると、回答期限を延期した背景として、「適切に見積りを行うにあたり回答期限までに間に合わない」という声があったのに加え「考え得る最大の見積りを回答していたケースや、補助の対象額の上限の3千万円を回答したケースなど、複数社の見積額等を精査して回答できていない状況がある」ことで、単純平均の1校当たりの要望額が予算額を大幅に上回る約1600万円程度になったという。 各都道府県教育委員会、学校設備整備等担当課長宛に送られた文書によると、回答期限を延期した背景として、「適切に見積りを行うにあたり回答期限までに間に合わない」という声があったのに加え「考え得る最大の見積りを回答していたケースや、補助の対象額の上限の3千万円を回答したケースなど、複数社の見積額等を精査して回答できていない状況がある」ことで、単純平均の1校当たりの要望額が予算額を大幅に上回る約1600万円程度になったという。 今後文部科学省としては、再度の精査をした結果、交付申請見込額が学校の規模や別添の学校設置者の整備計画事例に照らし、高額となっている学校設置者に対して、その高額となっている要因をヒアリング等により確認するとしている。 社会、数学、理科、音楽、美術、技術・家庭科、保健体育、外国語における利用状況 (単位:校、%) 区分 全教科利用している学校 技術・家庭科のほか 技術・家庭科のみ利用している学校 技術・家庭科以外の教科で利用している学校 全教科利用していない学校 合計 6教科利用している学校 5教科利用している学校 4教科利用している学校 3教科利用している学校 2教科利用している学校 1教科利用している学校 学校数 4 11 22 26 36 45 77 50 11 3 285 4 140 77 50 14 割合 14 3. 会計名及び科目 一般会計 組織 文部本省 項 公立文教施設整備費 部局等の名称 文部本省 平成13年1月6日以降は文部科学本省 補助の根拠 義務教育諸学校施設費国庫負担法 昭和33年法律第81号 予算補助 補助事業 学校施設の新増改築事業、大規模改造事業 補助事業の概要 公立の小学校及び中学校にコンピュータ教室等を整備する事業主体に対してその経費の一部を補助するもの 検査の対象とした公立小中学校の学校数 小学校1,202校、中学校285校 計1,487校 補助対象事業費の合計 449億5517万余円 平成7年度〜11年度 上記に対する国庫補助金交付額 174億0791万円 平成7年度〜11年度 【改善の意見表示の全文】 公立小・中学校におけるコンピュータ教室等の効果的な活用について (平成13年11月22日付け 文部科学大臣あて) 標記について、会計検査院法第36条の規定により、下記のとおり改善の意見を表示する。

>

【最速解説】GIGAスクール構想 補助金交付要綱|稲田 友|note

もしも会計検査で指摘されても、文科省は「ウチは大枠を示しただけで、責任は自治体だから。 cとdが 今回の本命、補助金交付要綱です。 今回は基礎自治体向けの解説のつもりなので、詳細解説の対象外にします。 必要なスキルを持っている人が見つからない場合には、において関係事業者の情報が提供されていますので、こちらから必要なスキルと業務領域、地域がマッチした事業者を探すことも可能です。 ただ、ネットワーク環境整備側で一定の対応が認められそうです。 )を交付している。

>

文科省、「GIGAスクール構想」のネットワーク環境施設整備費補助金の調査回答期限を延期

情報機器整備とネットワーク環境整備の補助やりまっせ、的な。 もしくは輪をかけて深刻なヤツとか。 押印必須なんでが大変そう。 整備端末台数は約6万5000台が見込まれている。 このタイミングで共同調達するかどうかを聞かれるのは、まだ未整理の都道府県が多いので結構キツそうです. 端末価格や納入完了予定日などは、まだまだこれからだと思うので、暫定的な金額や日程を入れるしかないのかも。 じゃあ今回なんでそうなっていないかですが、理由は2つあるはずです。

>