庭木 低木 おしゃれ。 低木とは?おしゃれな植栽方法と代表的種類のご紹介

手入れ不要タイプからシンボルツリー、玄関先用まで!見た目もおしゃれな庭木のおすすめ12選|@DIME アットダイム

4)四季を楽しむアクセントになる 庭木があることで、殺風景な庭や周囲の風景を四季を楽しむために利用できるのもメリットです。 落葉樹は冬季に葉を全て落とすことで「冬眠」をしますが、常緑樹は冬季でも葉が残る傾向にあります。 真っ白の美しい花と上品な香りが、心を癒してくれますよね。 常緑樹のよいところは、冬になっても葉が枯れず緑を楽しませてくれることです。 斑入りの物が多く流通しており、カラーリーフとして花壇やプランターに植栽されます。 ですが枝が重なり合った部分に枯れがすぐに生じやすく、枝が混み合わない様に伸びた枝は常に外しておく必要があります。

>

おすすめ庭木ランキングTOP14!目隠しになる人気でおしゃれな低木は?

繁茂や自然群生を表現するレイアウト 低木は整えられた形を表現したりポイント的に使うだけではなく、植物本来の魅力である「繁茂・群生」を表現する事にも向いています。 高木樹の根元に植えるのではなく、少し離した場所に植えると、 立体感や奥行き感が生まれ美しい風景を作ってくれます。 コツを掴めばどんどん領域を広げ、盛り上がる様な美しい絨毯状に地面を覆います。 草類にあたる植物であれば グランドカバープランツに該当されますが、「庭木」として生きる植物にもこのタイプがあり、主に 這性タイプのコニファーやクリーピングローズマリー他が該当します。 【ブルーベリー】人気のある家庭果樹• また害虫が付かない為にも、殺虫剤などは必ずまいておきましょう。 葉色の明るい植物であれば洋風の低木類として庭デザインに取り入れられ、おしゃれなお庭づくりのキャストとして活躍してくれます。 30cm• 低木と高木の葉形・色彩変化 こちらは高木としてシマトネリコ、低木に ビルベリー、グランドカバーとして ゴールデンモップを組み合わせた植栽デザイン例です。

>

手入れのいらないおしゃれ庭木11選!自分で植えるのにオススメは?

今回は、おしゃれな庭木の種類とよく利用されている人気の庭木TOP5をご紹介します。 常緑樹• ツルニチニチソウ 寄せ植えアレンジやプランター、グランドカバー等で用いられる植物で、つる状に伸びた茎から根を下ろして定着する様に広がっていきます。 オリーブの中には更に細かい種類があり、チプレシーノ、レッチーノ、ルッカなど非常に多くの品種があります。 シャクナゲは葉が肉厚で光沢があるので、花が咲き終わった様子も魅力的です。 ツツジ• 出来れば、気になっている庭木や好きな庭木を取り入れつつ、人気の庭木を加えるという形で取り入れるのがおススメです。 モミジと言えば、紅葉が美しいことでも有名ですよね。

>

庭木に選びたい常緑樹の低木17選

14s ease-in-out;transition:background-color. 生育期以外に水を与え過ぎると根腐れする傾向があり、管理的には容易な植物と言えます。 トベラ(斑入り) トベラは沿岸部にも自生する、潮風にも強い剛健な常緑低木です。 千両は、葉の上に実がつきます。 花はとても美しいのですが、大きな葉が虫に食べられやすいという難点があります。 大きく膨らんだ樹形が特徴で、春に全体を刈り戻す剪定で維持します。

>

庭木なら常緑樹がおすすめ!手入れのいらない人気種12選

その優美なピンク色と穏やかな花姿は、見る人の多くを虜にします。 プリペットは総じて新葉を虫に食べられてしまう事が多いので、予防的な農薬散布がおすすめです。 しかしこの低木類も直射日光を苦手としますので注意が必要です。 鮮やかな色の葉を持つ、いわゆるカラーリーフの低木類を始め、草姿を持つグラス類、地面を覆うグランドカバー類を簡単にご紹介致します。 ワイヤープランツ ワイヤープランツは針金を思わせる赤いツルが特徴とされますが、実際には赤味はあまり感じないかと思います。 昔から日本では狭い庭を有効利用するために、低木を活用してきました。

>

おしゃれな庭木

歩く場所へ干渉しやすい 門周りや玄関先への植栽は、お出掛けやご帰宅の際に傍を通るケースがほとんどです。 常緑樹は冬でも緑の葉が楽しめますし、枯葉が落ちる心配もないので掃除の手間もありません。 ドラセナと言えばスタンダードなグリーンやレッドが慕われていますが、こちらの様なイエロー系カラーリーフやピンク等も存在します。 植え替えで枯れる恐れがあるので、最初に植える場所は慎重に選びましょう。 あまりにも枝葉が込み合っていると、蒸れて枯れたり、病害虫が発生したりする原因となります。

>

おしゃれな庭木

常緑樹のメリット&デメリット また、常緑樹は次のようにメリットの多い樹木です。 赤く丸いサクランボのような形の実は、皮を剥いて食べられます。 もし、庭木についてもっと知りたい!という場合は、当ブログ「外構の達人」から当社へお気軽にください。 中には家庭の庭で育てるのが難しいものもあります。 【こちらの関連記事もご覧ください】• 寄せ植え・刈込による成型 これは和風の庭で多く見られる様に古くから存在する低木レイアウトであり、背の低い植栽を絵画の様に自由に描く様なイメージで行います。

>