二の足 を 踏む 意味。 「二の足を踏む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

二の足を踏むとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

「二の舞」の類語や類義の表現 「二の舞」の意味とは?。 【注釈】 「二の舞」は、蔵面をつけて行う雅楽の曲名の一つ。 正しくは、「二の舞を踏む」ではなく、「二の舞を演じる」です。 よく考えず慌てて結論を出すことは論外ですが、あれこれ迷ってぐずぐずとする態度は避けておくべき。 「二の足を踏む」の類語 ためらう (意味:あれこれと迷って決心がつきかねること) 「人数が少なくて開催するかためらう」 しり込みをする (意味:あとずさりすること。

>

「前の人の失敗を繰り返す」という意味の慣用句で正しいのは、 二の舞を「踏む」? 「演じる」?

人生、迷うこともたくさんあると思いますが、あまりにも「二の足を踏」みすぎないように、注意しましょう。 「二の次」という言葉もまた、比喩や例えの表現の1つと言えるでしょう。 上記でもご紹介したとおり「二の次」とは1番目ではないことや、後回しにする様などを表現する言葉です。 心が進まない) 「まだ予定が決まっていないので返事を渋る」 迷う (意味:心が定まらず、途方に暮れる。 鞘から刀を抜くことをためらう様子が語源や由来となって「二の足を踏む」という言葉が誕生した説も存在しているようです。 転んでしまうかどうかは別にして、せっかくやりはじめたことを中止するという意味の表現として、さまざまな意味合いで使われるようになったのですよ。 二の足を踏むのではなく、思い切ってやってみるべきではないか。

>

【慣用句】「二の足を踏む」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

その後、その女性に「あの男は誰?」と聞こうとするのですが、「付き合ってもいないのにこんなことを聞いてどうするんだ?そもそも彼氏だったらどうしよう!」と思い、聞くのをやめてしまいます。 悪い考えが頭に浮かぶなど、何らかの事情により、二歩目が出ずに思い悩んで足踏みすることの様子から、「二の足を踏む」とは 「物事を進めるのに思いきって出来ないこと」の喩えとして使われるようになりました。 日本語には、さまざまな比喩的表現や例えを使用した表現が存在しています。 また、なおざりな扱いや適当な扱いなどを表現する意味もあると言えるでしょう。 スポンサーリンク まとめ いかがだったでしょうか? 「二の足を踏む」ことは自分の中では葛藤して慎重に行動しているようです。 「二の足を踏む」の中国語表現 中国語では、「裹足不前」と表現します。

>

二の足を踏むの使い方!出来たら使いたくないその意味とは?

なお、「三の足」に当たる金具はありません。 外が寒すぎて外出するのに 二の足を踏む…。 ・レストランの中の様子が見えるが、みんなネクタイを着用していて正装のようだ…。 まとめ 「二の足を踏む」には「躊躇すること」「しりごみすること」「思いきれずに迷うこと」という意味がある。 具体的には、物事に挑戦したり着手したりしたものの、途中でためらったり尻込みしたりすることを意味する言葉だと言われています。 以上が「二の足を踏む」という言葉の意味や語源由来についてでした、いかがでしたか? 注目記事 それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね? 雑学クイズ問題解答 雑学クイズ問題の答えは 「A. 私は緊張しいだから、ちょっとしたことで二の足を踏みいつもスタートが遅くなってしまう。

>

二の足を踏むとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

「同じ轍を踏む」は、「前の人と同じ失敗を繰り返す」の意味として使います。 「ためらう」 「ぐずぐずする」 「踏ん切りがつかない」 「決めきれない」 などがあります。 その刀で他人を斬り殺すことができたのですが、それを思いとどまる必要もあったのですね。 決着させる) 「今年の目標を決める」 断決 (意味:裁断して決定すること) 「参加することを断決する」 決意 (意味:意志をきめること。 二の足を踏むの意味 「二の足を踏む」には次の意味があります。 ・ 思い切って物事を進めることができないさま。

>

「二の足を踏む」とは?意味や使い方を解説!

前の人の失敗を見ておきながら、自分も同じようなミスを繰り返してしまうことを表します。 こんなラフな服装で入店してもよいものか 二の足を踏む。 きっと、転んでしまいますね。 ですから、無視されたりなおざりな扱いを受けたりした場合に、「二の次三の次にされる」といった言い回しで使用するケースが多いと考えられます。 become gun-shy 弱気になっている• あなたもこのような経験ありませんか? そこで今回は「二の足を踏む」の意味とと使い方を紹介します。

>

「二の足を踏む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

そもそも、別の言葉として存在しているため混同しないように注意しなくてはいけません。 「二の舞」の言葉を 「人と同じ過ち・失敗をしてしまう」という意味で用いる場合には、 「二の舞を演じる」 「二の舞になる」という言い方が正しい語用になります。 比較的使用される頻度が高い「二の次」という言葉を、身近な言葉だと感じている方も、多いと予想できます。 人の後に出てその真似をすること」です。 「二の次を踏む」と似たような言い回しの1つに、「二の足を踏む」という言葉があります。 どうしたものかとためらう。 「安摩」の舞の次に演じられる舞で、咲面をつけた老爺と腫面をつけた老婆が、わざと失敗しながら安摩を演じる滑稽な舞のことに由来する。

>

「二の舞」とは?意味・類語・英語【使い方や例文】

しかし、「同じ轍を踏む」は「二の足を踏む」とは異なる意味合いの言葉です。 「二の舞」の言葉の使い方• 「二の足を踏む」という言い回しについて、「goo辞書」では、以下の引用のように解説しています。 事件の真相を知ってしまったけど、このことを彼に伝えるかどうか二の足を踏んでしまう。 引用の内容から、「二の足を踏む」とは、1歩は歩み出しているものの、2歩目は戸惑ってしまう様子を表現する言葉だと読み取れます。 ・結婚を申し込まれたのは嬉しいのだが…。

>