フラミンゴ 歌詞。 米津玄師

米津玄師 Flamingo 歌詞

「爪弾く」というワードから、薄暗い夕方から夜にかけての路上LIVEかなと感じました。 まあ米津玄師さんが過去の曲に引きずられることなんてありえないだろうとは思ってはいましたが、 やはりとんでもない曲を作り出してきました …w 引き出しの多さには感嘆するほかないです。 しかしながら、失恋ソングなんて軽率な言葉で表すのは躊躇われるような、なんとも 異質な 雰囲気を漂わせています。 女性に振り回されて人生がどん底に落ちていく男性が女性に会うために賭博や悪事でお金を手に入れて会いにいくも女性との距離は一向に縮まることがなく、生きる気力が削られ続けるという男性の虚しさが flamingoの 歌詞には込められています。 とても難しい言い回しが多くなっている flamingoの 歌詞ですが簡単には 歌詞の意味が読み取れないようになっていることにも 米津玄師さんの意図が含まれてると考えられ、拗れた恋愛という意味も間接的に flamingoの難解な 歌詞に含まれているとも解釈が出来ます。

>

Flamingo 米津玄師 歌詞情報

その不毛な争いのことを、 笑えないこのチンケな泥試合 他の客たちのことを、 あらましき恋敵 と言っているのかも知れません。 米津玄師さんは、自身が高身長、細長く長い指など、骨格に症状が現れる「マルファン症候群」であることを告白しており、自身の身体特徴をフラミンゴと重ね合わせ、タイトルにしたのではないでしょうか。 例えば、アイドルのことを好きになってしまって握手会で会う事が出来ても付き合うことは出来ず永遠に手の届かない所にいる女性を好きになってしまった容姿が flamingoの 歌詞から読み取る事が出来ます。 米津玄師さんは、自身が高身長、細長く長い指など、骨格に症状が現れる「マルファン症候群」であることを告白しており、自身の身体特徴をフラミンゴと重ね合わせ、タイトルにしたのではないでしょうか。 「あらましき」とは激しい。

>

フラミンゴ 歌詞「syudou」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

「にべもなし」や「ヘラヘラり」と、「ヘラヘラ」に「り」と終止していることで、古文のような、和風な感じが強まります。 「あなた」 の様子がだんだんとくっきりと描かれていきます。 しかしながら歌詞の意味内容がかなり狭義的になってしまうので、 「あなた」の生き方を明確化するために、比喩的にそういった表現を使ったのかも。 とこしなえ。 以後断定口調ですが、推定に過ぎません。 「はらへらり」なんて言葉はないんですが、美しく最後に響きわたっています。 これぞ米津玄師の真骨頂。

>

【Flamingo】米津玄師の歌詞あります!カッコいいけど聴こえない!

色んな人 客 を相手する ふらふらしている あなた• そんな言葉を吐き捨ててしまうほど、もはや憎らしく思える「あなた」。 悲しそうに笑う表情がまた一層恋しい。 この曲中で 「あなた」と女性側が言うことはないでしょうからね。 宵闇に 爪弾き 悲しみに雨曝し 花曇り 枯れた街 にべもなし 佗びしげに鼻垂らし へらへらり 笑えないこのチンケな泥仕合 唐紅の髪飾り あらましき恋敵 触りたいベルベットのまなじりに 薄ら寒い笑みに あなたフラミンゴ 鮮やかなフラミンゴ 踊るまま ふらふら笑ってもう帰らない 寂しさと嫉妬ばっか残して 毎度あり 次はもっと大事にして 御目通り 有難し 闇雲に舞い上がり 上滑り 虚仮威し 口遊み 狼狽に軽はずみ 阿呆晒し 愛おしいその声だけ聴いていたい 半端に稼いだ泡銭 タカリ出す昼鳶 下らないこのステージで光るのは あなただけでもいい それはフラミンゴ 恐ろしやフラミンゴ はにかんだ ふわふわ浮かんでもうさいなら そりゃないね もっとちゃんと話そうぜ 畜生め 吐いた唾も飲まないで 氷雨に打たれて鼻垂らし あたしは右手にねこじゃらし 今日日この程度じゃ騙せない 間で彷徨う常しえに 地獄の閻魔に申し入り あの子を見受けておくんなまし 酔いどれ張り子の物語 やったれ死ぬまで猿芝居 あなたフラミンゴ 鮮やかなフラミンゴ 踊るまま ふらふら笑ってもう帰らない 寂しさと嫉妬ばっか残して 毎度あり 次はもっと大事にして. 米津玄師さんて、まだ27歳と若いアーティストなのに、歌詞の言葉選びがユニークですよね。 こけおどかし。

>

フラミンゴ 歌詞「syudou」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

唐紅の髪飾り。 Aメロは完全な五音詩。 こけおどかし。 カテゴリ• 江戸時代でいう、 簪を贈る行為は 「あなたの髪を乱したい」 という男性の独占欲を表す意味を持つよう。 この部分の歌詞は 男側の感情。 美しい透き通った世界に魅了され、次のはどんなものになるのか期待も膨らんでいたことと思います。

>

米津玄師

*あらましき=荒く激しい。 でも現実はそんなことばかりじゃない。 赤い着物を身に纏うあなた 花魁• 2番の歌詞では、高嶺の花の女性の目にとまり、浮かれている様子なのでしょうか。 「御目通りありがたし」から2人の関係が浮かび上がってきます。 夜の街で働く女性でしょうか。

>

Flamingo 米津玄師 歌詞情報

愛おしいその声だけ聞いていたい 半端に稼いだ泡銭 集り出す昼鳶 くだらないこのステージで光るのは あなただけでもいい 米津玄師 『Flamingo』 作詞 米津玄師 泡銭…悪銭。 「上滑り」とは本質を見抜けない、軽々しいこと。 米津玄師さんが flamingoのMVでゾンビのような動きをしているのは、上記のような 歌詞の内容が伝わるようにするものであり男性の生きる気力がなくなってしまい蛻の殻のような状態になってしまったと解釈することが出来ます。 *常しえ=変わらずにいつまでも続く・こと(さま)。 流れるようなリズムで、深い深い愛を歌う。

>