苫小牧 アパート 崩落。 アパート翔の2階の通路部分が崩落し0歳児踏む5人重軽症。苫小牧

【クローズアップ】北海道築古アパート外廊下崩落事故 :: 全国賃貸住宅新聞

事故は連鎖する可能性も ちなみに、北海道でアパートの外廊下が崩落したといえば、2016年の函館の事故を思い出される人も多いかもしれない。 崩落部分は既に補修済みとなっている 10月17日に北海道苫小牧市内で老朽化アパート2階の外廊下の床が崩落し、転落した女性4人と乳児1人が重軽傷を負った。 警察によりますと5人は家族と見られ、このうちの3人がアパートに住んでいて、買い物から帰ってきて玄関の前に立っていたところ突然、外廊下の床が抜けたとみられるということです。 アパート外廊下の床抜け5人転落 命に別状なし 北海道 苫小牧 — ぼんじん 猫おじさん介護中 Bonezine 苫小牧のアパートの2階通路 崩壊したの怖い・・・雪と水でのコンクリートか鉄の劣化かな。 入居者に良質な住環境を提供するうえでも、日頃から物件のメンテナンスはきっちりと行いたいものだ。 施設賠償責任保険の必要性 ところで、こうした物件の老朽化や管理の不備などにより、入居者や第三者にケガを負わせたり死亡させたりした場合に備える保険があることをご存知だろうか。 櫻井記者「二階の手前側の廊下が完全に抜け落ちています。

>

【崩落事故】北海道苫小牧市新開町1の2階建てアパート廊下の床抜け5人が転落|事故の原因は?事故現場はどこ?現場の動画や画像はある?10/17

警察によりますと、17日午後5時ごろ、苫小牧市新開町1丁目の2階建てアパートの2階部分にある外廊下の床が抜け5人が転落し、市内の病院に運ばれました。 さらに、施設賠償責任保険は、補償金額の大きさに比べて保険料がおおむね安いことでも知られている。 現地管理会社と認識に差 家主「緊急性感じていなかった」 「やれることはやっていたのだが」 こう肩を落とすのは、北海道苫小牧市内で発生したアパートの外廊下崩落事故で、当該物件の管理を行っていた管理会社の社長だ。 今月5日、札幌市南区の住宅街で街路灯が折れているのが見つかった。 今回の苫小牧のアパートオーナーも、過去の函館のオーナーも、加入していれば、起きた事故はまさにこの保険がカバーしてくれるといえるはずだ。 アパートの2階にあった外廊下の一部が突然崩落したのは17日午後5時前。

>

苫小牧 アパート外廊下崩落 いったい何が?

また、今回の崩落時には5人が一気に落ちたということで、小さな子供もいましたが床に5人分の体重が一気にかかったことにより、腐食などで弱っていた床に負担がかかり、崩落してしまったのではないかと考えられます。 この事故で、10代と20代の女性2人が足や腕の骨を折る重傷、0歳の男の子と女性2人が軽いけがをしました。 対策要だね。 賠償責任 対人対物共通 1事故2億円の補償 保険期間 2年間 1棟分の保険料 12,000円 しかし、オーナーがこれに甘え、オーナーの責務から逃れようとするのはそもそも言語道断である。 階段の素材は金属と思われ、そうすると赤錆(あかさび)である可能性があり、内部で腐食が進んでいたと思われます。 捜査中のため、原因の特定はこれからだが、事前に手の打ちようがなかったのか。 注意が必要だ。

>

【クローズアップ】北海道築古アパート外廊下崩落事故 :: 全国賃貸住宅新聞

報道によれば、物件は「25年ほど前に建てられたとみられる」ということのようだ。 腕を折る重傷を負っている方もいますが、3mの高さでも打ちどころが悪ければ、死亡するといった事故も過去にはおきているため、そうした最悪の事態がおきなかったことは不幸中の幸いです。 築30年で元々壁面が歪んで割れ目から白アリと雨水で木材が腐ってた所に前日の雨と猛暑で耐えられなくなって外壁が崩れたんだよね。 冷静に考えるとゾッとさせられる事故である、なぜなら前述の通り、この事故は、ほかの事件による騒ぎの最中に起きているからだ。 近所の人は「倒れるまで管理がされていないというのはある意味問題かもしれませんね」 もし、倒れた街路灯が歩行者や車に当たったら大きな被害に繋がる可能性もある。 他人事ではない崩落事故 10月17日に起きた、北海道苫小牧市でのアパート外廊下崩落事故。

>

北海道でアパートの外廊下が崩落 施設賠償責任保険の必要性

事故のあらましは以下の通りとなる。 施設賠償責任保険では、通常、賃貸物件においては以下のような事故が補償の対象となる。 2階に住む家族5人が帰宅 ・部屋のカギを開けようとしていたところ、外廊下の床が抜け崩落 ・5人はおよそ3メートル下へ落下 ・46歳の母親と13~20歳の娘3人が足を骨折するなどのケガ ・0歳の孫も軽いケガ 家族の命、とりわけ赤ちゃんに大事がなかったのは不幸中の幸いである。 また手前の階段や二階の奥の廊下を見ても、かなり錆びついているのがはっきりわかります」 苫小牧市の住宅街にあるアパートで突然起きた事故。 アパートの外廊下の一部が崩落し、男女5人が3メートルほど下の1階廊下に転落していました。 櫻井記者「こちら海に近い地域のアパートですが階段はかなり錆が進んでいます階段をのぼると廊下部分は剥がれ落ちてしまっているところもありますし支柱が浮いてしまっているところもあります」 地元の塗装業者によると最低でも5年に1回の点検が必要だというが… タマガワ塗装玉川健吾次長「正面の塗膜が膨れ上がって赤い錆びが見える状態でしたのでしばらく(点検)されてなかったのかなとは思います」「錆が浮いてきたら完全にさびを除去するのがなかなか難しくなってきますので早め早めの点検フォローが必要」 こうした危険は私たちが生活する街の身近なところにも… 依田アナ「マンションなどが立ち並ぶ静かな住宅街ですその一角街路灯が立っていたところには現在カラーコーンが置かれています」 電線に引っかかった街路灯。

>

北海道でアパートの外廊下が崩落 施設賠償責任保険の必要性

アパートの管理会社によりますと、事故が起きた外廊下は金属製で老朽化が進んでいたことから、ことし8月に大家に修繕するよう連絡していたということです。 少しややこしい言い回しとなるが ・被保険者が所有し、管理する施設において ・それらの欠陥や、管理、安全性の不備等による事故が生じ ・他人の身体や財物へ損害を与えた場合に ・被保険者(賃貸ではオーナー)が法律上の賠償責任を負うことになった際において ・賠償金や緊急費用、争訟費用等を補償してくれる と、いうのがこの保険の概要だ。 現場は住宅や店舗が立ち並ぶ一角で、警察が事故の原因について調べています。 なお、検索サイトで「施設賠償責任保険」を検索すると、ビルからの落下物による被害、遊園地の乗り物による事故、工場の爆発など、大掛かりな施設にかかわっての事例や案内に行き当たることがあるが、この保険、実は賃貸住宅オーナーが自身の物件を対象に加入することもできるのだ。 悲惨な死亡事故に繋がった可能性もあった。 それが「施設賠償責任保険」だ。

>

苫小牧市新開町、通路崩壊のアパートはどこ?原因は何?「コーポラス翔」2階から転落で5人が負傷、その安否は

・建物の構造上の問題による火災が発生し、入居者さんにケガを負わせた ・物件のエレベーターが誤作動し、入居者さんにケガを負わせた ・物件の給排水設備に欠陥があり、入居者さんの家財に損害を与えた ・給湯器の欠陥によるガス爆発が起き、入居者さんを死傷させた ・床が滑りやすいエントランスで実際に事故が起こり、入居者さんがケガをした ・物件の外壁の一部が落下し、通行人にケガをさせた。 自殺をはかった住人を止めるために駆けつけた警察官6人が乗った外廊下が、すっぽりと抜け落ち、全員が2階から1階に落下、重軽傷者が出たという事故だ。 札幌市は完成から25年以上経った街路灯およそ700基の緊急点検を進めている。 管理会社は2019年からオーナーに改修を勧めていたというが、オーナーは重要度を理解できず改修を後回しにしたことで今回の事故が起きた。 ・アパートは2階建て。 5人全員がおよそ3メートル下に落下したという。 もしもこのとき、騒動を気にして1階の住人が真下の廊下に出てくるなどしていれば、その人は6人を乗せた床の下敷きとなる。

>