中根 聡太。 リーグVセッター突然引退、24歳中根聡太先生の夢

柳田歩輝(バレー)進路は決定した?大学と兄弟も調査!

それでも、夢だったという指導者への道に進んだ。 体重:84キロ• 全員が全日本に入る力を秘めているだけに、このチームで東京五輪、可能性ゼロではない。 そして、その時に中根選手のコメントがこちら。 瞬発力、反射神経のよさ、勘のよさ、ボールを見る目やボールコントロールのうまさがある。 【高校時代】 高校は、愛知県の男子バレーボール部の中で最も強豪といわれている、星城高等学校に進学しています。

>

Vリーグ優勝セッターが突然の退団。“先生”へ転身した中根聡太の決意。(4/4)

そして、彼の次のステージでの切磋琢磨がプレーヤーとして戦い続ける同期の西田選手、郡選手、海外でプレーする石川選手、川口選手など、沢山の人への刺激となることは間違いないと確信している。 熟考を重ねた末、夏場の練習試合で手応えをつかみ、Vリーグ開幕直後の2戦目、途中出場したサントリーサンバーズとの1戦で「やってきたことは間違いではない」と確信を得た。 強い「個の力」が集まり、強い「チーム力」となっていた。 後ろからみて、指示のできるリベロ、リベロはバレーを一番知らなければならないポジション、実業団の中で、どう成長していくのか見守りたい。 本当にありがとうございました。 だから、お前がトスをあげて育てた選手がオリンピックに出れば十分じゃないか』と言われたんです。

>

中根聡太(なかねそうた)選手のプロフィールとは?

西田有志(20)とともにVリーグ初優勝に貢献。 バレーボール [12月7日 10:39]• 2020年の春高バレーでは3位に終わってしまいましたが、来年の春高バレーでは後輩の方たちがきっと優勝に向けて頑張ってくれるはずです。 「高校の時に竹内(裕幸)先生から『お前はそんな選手じゃない。 もっとできるのではないか。 男子バレーボール選手の中では小柄なほうではありますが、スパイクの最高到達点は320cmと高いジャンプ力をもっています。 退団、引退は覆らないとわかっていても、浮かぶのは「たら」「れば」ばかり。

>

Vリーグ優勝セッターが突然の退団。“先生”へ転身した中根聡太の決意。

筑波大卒業後、ジェイテクトに入団。 また、私の経験やプレーをチームに生かし、目標を達成するのに助けて欲しいとも言ってくれました。 人生で5本の指に入る。 次女の柳田光綺さんは柳田歩輝選手の5歳年上の現役のバレーボール選手でNECレッドロケッツに所属しています。 美しい。

>

ジェイテクト、中根聡太が引退「夢だった指導者として一人前になるために」

それどころかVリーグでも通用するか…そんな声も聞こえてきた。 私の思いはいつもジェイテクトSTINGSのすぐ傍にあります。 その際に記事になった一言 「スラムダンクみたいになっちゃいましたね」 その言葉が頭に残る方も多いのではないだろうか。 MVP西田を支え、石川とは同級生。 いい意味で、セッターが全然目立たない、完璧に近いゲームメイクでした」 勝つたびにやっぱりいいな、と。

>

石川祐希擁する星城高校バレー部「奇跡の世代」のその後・現在は!?

頂点に立ったのは早大で、メディアに最も多く取り上げられたのは3位の中大だった。 秦耕介 はたこうすけ 選手・サントリーサンバーズ所属。 強力なスパイクとサーブ、安定したレシーブで高校6冠に貢献しました。 -先生を目指すようになったいきさつは 中根さん 中学時代からバレーボールが好きで、ずっとかかわっていきたいと思っていました。 中根聡太選手 6人目は星城の司令塔・セッターの 中根聡太選手です。 まず初めに皆様へ直接お礼ができず大変申し訳ございません。

>

ジェイテクト、中根聡太が引退「夢だった指導者として一人前になるために」

いかかでしたでしょうか? 星城の 「奇跡の世代」からは今後も目が離せませんね! 更なる活躍を期待しましょう!!. 勝てて、その思いがはたせてよかったと思う。 これからも皆さんがジェイテクトSTINGSで喜びを味わえるように祈っています。 テニス [12月5日 18:15]• そうしてこの「奇跡のチーム」は生まれ、まさに「奇跡の世代」となった。 しかしその2年間で彼がチームに残したものはあまりにも大きい。 大学時代にはU-21代表にも選ばれるなど、世代のミドルブロッカーでトップクラスの実力を誇ります。 突然の「退団」発表。

>

Vリーグ所属男子バレーボール部ジェイテクトSTINGS|引退コメント2020|

セッターとして、1人の選手として紛れもなく、中根聡太は唯一無二の存在でもあった。 陸上 [12月7日 6:00]• 今、Vリーグで出ているセッターは小さな選手が多くて、大きい選手がなかなか出てこない現状も考えた時、自分が出るのではなく、指導者になってそういう人材を育てるのもいいかな、そのほうが価値はあるんじゃないか、と思ったんです」 「将来は子供を聡太に預けたい」 春は別れの季節。 本当にありがとうございました。 支えあうのではなく、個々がしっかりしていた。 トスの能力などVリーグのレベルと比べ、自分の実力が足りないと昨季から思っていたので、今季は開幕前から最後にしようと思っていました。 記者会見に、筑波大4年だった中根は主将として参加していた。

>