Soto ストーム ブレイカー。 SOTOストームブレイカーの魅力を大公開!長持ちさせる秘訣もご紹介!

SOTOのストームブレイカー開封レビュー【良い所・悪い所】

山クッカー角形の、大きい方の鍋を載せました。 湯沸かしメインなら「お湯を沸かすのに使う燃料」を、米を炊くなら「米を炊くのに使う燃料」を調べる。 キャンプや釣りなどのアウトドアに関する記事を中心に執筆しているフリーライター。 チャック付きの小さな収納部も。 強火と中火のみです。 必要な機能以外をそぎおとし、 一切無駄のないデザイン。

>

SOTOストームブレイカーの魅力を大公開!長持ちさせる秘訣もご紹介!

どちらにしてもストームブレイカーSOD-372はあきらめた。 燃料とバーナーヘッドは、ホースが自然に真っ直ぐになるぐらい離して置きましょう。 だから空と満タン時の重さを量って把握しておく。 ガス缶に付けるとこんな感じ。 しかし、寒くてガス缶が点火しない時や、ガス缶が売ってない時は、ガソリンにチェンジ。 ストームブレイカーがあれば、バーナーの基本重量が多少重くはなっても、いくつもそろえる必要はなく、いつも同じものを山にもっていけばいいのである。 耐風性 嵐の中でも使えそうなカッコイイ名前の通り爆風でも火が消えることはほとんどありません。

>

ガスでも、ガソリンでも! 待望の新型バーナーを三ツ峠山でテスト! SOTO/ストームブレイカー YAMAYA

赤い線が見えればOK! いよいよ火入れの儀です。 下が燃料ホース、上が空気ホース。 本体とケースの高さの関係はこんな感じ 本体は絶妙な空間でピッタリ収まります。 (ガソリン限定) 弱火にしちゃうと消えてしまします。 バーナー本体につなげる際は「STOP」の位置にしておき、点火時は「START」。

>

SOTOのストームブレイカー開封レビュー【良い所・悪い所】

まずは、液体燃料を入れたボトルに差し込む、スマートポンプを見ていきましょう。 しか~し! ガスバルブとの直径が微妙に合わず奥まで回せませんでした。 ボトルはSOTO純正の広口フューエルボトル700mlです。 さらにチキンラーメンを調理。 ツーリングキャンプに一つ持って行くならストブリ君ですが・・・ 8Rを置くて行く事もないかなぁ。 この部分は、ボトルの中に差し込みます。 そこの人、すごいのかどうかいまいちピンと来てませんね! トヨタのプリウス、大谷翔平、カツカレー、2ルームシェルター... 我ながらピッタリ来る例えがありませんけど。

>

SOTO ストームブレイカーの使い方・操作方法 SOD

フル活用できる使い方を考察 ところで、今回の山中でのテストのとき、困ったことがあった。 ダイヤルをつまみ上げるとロック解除。 こちらはスクリューではなく、ソケット方式なので、押し込んで・回すかんじです。 なるほど、こんな感触か。 さて、お待たせしました。 これはあくまでも撮影の都合上の問題であり、むしろストームブレイカーの高品質ぶりを際立たせる出来事だが、そのために僕は帰宅してから再撮影を行なうことにした。

>

みつばちたちの邂逅:SOTO ストームブレイカー フライングGet!

ガスのOD缶と、自動車用レギュラーガソリンが使えるシングルバーナーです。 AIRで、炎が消える残った燃料を圧縮空気で吹き飛ばしすお掃除モード付き。 いままでのCB缶に比べれば、なかなか面倒ですが、気分はキャンプ上級者! リンク ガソリンはレギュラーガソリンを使用しますので、普通のガソリンスタンドで購入できます。 ダイヤルを回し「Stop」のカチッと音のするところまで回す、次にダイヤルを押してロックするこの状態でポンピングを行う。 他にもすり鉢ヘッドで風に強いとか、燃焼音が静かという特長がありますけど、WEBサイトを見れば載っていることですので今回は省略。 つまり「強風を遮断する」という事。

>