東洋 バス。 東洋バス 時刻表検索

東洋バスの路線バス系統一覧|路線バス情報

このため、ラッシュ時を中心に意外と本数が多い。 なお、道路の整備の都合上、ごく初期に吉田を折り返していたとのことである。 なお、おすすめの方法は、東洋バスが運営しているバス停の近くにある駅名か住所を入力する方法になります。 村上車庫: 廃止・撤退路線 [ ] も含む。 このサイトでは、東洋バス情報を パソコンとスマホからナビタイムを使って便利に調べたり活用できる方法をご説明しています。 東の方についてだが、阿蘇橋停留所より東側が印旛村の区間である。

>

KSWeb

43:八千代台駅〜〜八千代中央駅〜八千代医療センター 八千代台医療センター線• 当初は、〜下市場〜辺田前〜宮内〜米本(現・阿蘇小学校)〜神野(旧道上、神野十字路の約200m西)〜保品〜岩戸、というルートであった。 八千代市民会館〜八千代市役所〜萱田小学校〜八千代ふるさとステーション〜米本団地〜平戸〜小池〜島田入口〜睦運動広場〜麦丸本郷〜郷土博物館〜八千代市民体育館〜八千代市民会館 スクールバス [ ]• 対象のリンクをタップすることで路線図を表示させることができます。 なお、1979年には船尾便の全便が武西まで延長されている。 2017. - -島田-島田台-小池-小野田-小室-小室駅入口-小室公園-• 2016. アプリ「バスナビ」を開くと下段メニュー【My時刻表】【時刻表】【ルート検索】が表示されてきます。 八千代町の団地の通勤手段(1954年頃〜) [ ] 1月、大和田町と睦村が合併し八千代町となった。 スクール・・・スクールバス専用車• 関連項目 [ ]• ・クーポン券は乗務員へ手渡してください。

>

沖縄 東陽バス 公式ホームページ

この路線ができた理由は、それまで木下側にしか無かったバス路線(京成によるもの、のち阪東に移管)を反対側の京成線にもつなげたいという地元の要望によるものである。 それに伴い、紙式定期券と回数券が発売終了。 ルートは八千代台駅〜高津観音〜市役所入口〜大和田駅〜グランド前〜八千代台駅というもので、後に大和田駅で分割運行される。 当路線の開業により東洋バスとして勝田台駅北口停留所が新設された。 当路線の開通は、米本団地の入居開始である1970年である。 現在は下宿-保品間を短絡的に結んでいるが開通当時はこの道路がなく、逆水および神野を経由していた。 廃止時期 - (米本)下宿~白井中学校• 村上団地線 [ ]• 当時舟戸大橋が無かった関係で、バスによる最寄の駅は大和田になってしまい、そのような路線ができた。

>

東洋バスの時刻表、運賃・定期、路線図、バス停、アプリなど

ただし、これら延伸区間の運行本数は少なく小室駅まで延長されて以降の発着便は1時間に1本しか無かった(米本団地以南は15分間隔で運行)。 ・運行終了後は、車内消毒を実施しております。 車両の行先方向幕では「村上団地」行となっているが、終点の停留所名は「村上団地第一」となっている(これは京成バスこてはし団地線と同じ)。 当時は勝田台駅は北口が全く整備されていなかったため、南口にバス停が設けられた。 ・運行中は、運転手のマスク着用に努めております。 また、検索結果に出てきたバス停名をタップすると、下段メニューで【時刻表を見る】とでてきますので選択します。

>

東洋バスの時刻表、運賃・定期、路線図、バス停、アプリなど

停留所 - 中学校入口(上宿)-火の見下-下高野• 大和田駅のすぐそばまで行くのにその直前でころっとルートを変えてしまい、を通ることも特徴で今のところ20-30分おきの運行。 バス停名称が「阿蘇橋」になってしまった理由は不明である。 80:八千代中央駅〜八千代医療センター 八千代中央医療センター線 八千代工業団地を通る路線。 間違っている箇所があれば、ご指摘いただければ幸いです。 この一覧表は随時更新中(更新履歴は記事の最下部を参照)。

>

東洋バスの路線バス系統一覧|路線バス情報

同団地の主要輸送手段であるとともに、国道16号線上の各学校への通学路線の役割や、途中の米本地区への足である。 以下は全て区間廃止。 脚注 [ ] []. その後4月1日に、旧印旛村による宗像路線バスの一部の便が吉田地区まで乗り入れることとなり、吉田〜岩戸〜印旛日本医大前駅間の足が確保された。 この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 2006年に入り新車(大型ノンステップ、中型ワンステップ)が導入されている。 その後、一時は村上団地まで延伸された模様)。 「八千代」の名前は、その時公募によって付けられた。

>

東洋バス

次に対象のバス停の「初乗り~最終のバス」の時刻表が一覧で表示されます。 その後、1965年前後に東洋バスは八千代市内(町内)循環線を開通した。 言うまでもなく、高津団地の住民はこの路線を利用するが、途中においても八千代市の住宅密集地帯である八千代台北地区などを走っているため乗客が多い。 )その後、志津駅側はあまり乗客が定着しなかったらしく、結局廃止になり、今に至っている。 当路線は新山営業所の前を通るが、新山車庫というバス停はなく、八千代松陰高校前が最寄の停留所であるが、そこまでの区間便はない。 岩戸の南側にはのがあるが、その間にがあり、これを渡る道路橋(今の船戸大橋)も存在していなかったからである。

>