融合 再生 機構。 《融合再生機構》

【融合再生機構】

あと拮抗勝負に注意! 強力な融合サポート、例によってフィールド魔法なのでサーチもできる。 自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を選んでデッキに戻す。 デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。 82 ハートランドラコ ダイガスタ・エメラル ライトロード・セイント ミネルバ No. こちらもまた再利用できそうな資源を見つけようとしているのでしょう、 文字通り目を光らせています。 検索結果 13件中 1~10件を表示• という訳で、正規融合を狙うデッキながら《融合再生機構》と《補給部隊》のお陰で息が長い 【起爆獣ヴァルカノン】の紹介でした。 手札コストで個人的におすすめしたいのはヴォルカニックバレットとダスティローブorグローブです。

>

融合再生機構カード評価・考察

融合を手札に加えるカードは数多く存在していますが デッキと墓地、どちらからでも回収できるというのは中々レアであり デッキ内の融合の枚数を抑えた場合でも使いまわしが効きます。 フィールド魔法なのでテラ・フォーミング等でサーチが可能であり 融合1枚をこの効果で使いまわす事も難しくありません。 《融合再生機構》に描かれているカード カードの特徴 このカードは2017年9月9日発売のパック『 EXTRA PACK エクストラパック 2017』にて新規収録されたカードです。 クィーンメモ 過去に、を襲った《ツイスター》により壊れてしまった魔法道具が山積みになっています。 そのモンスターを持ち主の手札に戻し、その後「サイバー・ダーク」モンスター1体を召喚できる。 融合サポートとなるフィールド魔法です。 特に融合素材となった時に効果を発揮するモンスターや 墓地へ送られた時に効果を発揮するモンスターを繰り返し活用できれば アドバンテージの確保にもなるでしょう。

>

《融合再生機構》

また上空を複数のモンスター・アイが飛び回っています。 ターン終了時まで、その相手モンスターの攻撃力は1000ダウンし、このカードの攻撃力は1000アップする。 手札から「HERO」モンスター1体を特殊召喚する。 回収できるのがエンドフェイズと遅いもののコストの軽減に繋がります。 融合を使うカテゴリの中でも特に捕食植物とは相性抜群です。

>

融合再生機構

《起爆獣ヴァルカノン》は、 「炎族+機械族」を素材として融合可能な生ける《破壊輪》。 デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。 すべての融合テーマに採用できるわけではないが、書いてあること自体はかなり強い良サポートカードといえるだろう。 後者はスペースを圧迫しますが融合素材に使えるだけでなくファントム罠カードのサーチに繋がります。 またシャドール�. ちかんゆうごう 置換融合 魔法 このカードのカード名はルール上「融合」として扱う。 この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は0になり、効果は無効化され、S・X召喚の素材にできない。 このカードは複数のカードを組み合わせて長期的にアドバンテージを稼ぐ中速ビートダウンとしての側面が強い捕食の動きに見事噛み合っており、捕食のリソース回収は一気に加速します。

>

融合再生機構カード評価・考察

墓地へ送った捕食モンスターはプランターで蘇生出来るので無駄が無いです。 そのカードを自分フィールドにセットし、デッキから「エッジインプ・シザー」1体または「ファーニマル」モンスター1体を墓地へ送る。 この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。 その後、自分はデッキから1枚ドローする。 今の捕食にはプライムフュージョンという神カードがあるのでこの効果は最大限に活用出来ます。

>

融合再生機構

そのモンスターを手札に加える。 自分の手札・フィールドから、「デストーイ」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。 そして、融合素材となる炎族枠で迎えるのは 「ヴォルカニック」の一味。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。 そのカードを自分フィールドにセットする。 今回は《惑星探査車》をサーチできる《ギアギガント X》擁する機械系融合デッキから【起爆獣ヴァルカノン】をピックアップしてみました。

>