日経 新聞 購読 キャンペーン。 日経ビジネスデジタル版

宅配購読者に紙面ビューアーを無償提供|日本経済新聞社のプレスリリース

配達開始月の購読料金は、配達開始日から月末まで(休刊日を含む)の日数に各新聞の単価を掛けた金額となります。 セット版はやめて朝刊のみにする 皆さんは夕刊読んでますか?夕刊に出てくるニュースは昼頃からネットニュース等で速報で出ている内容が多いですし、記事自体のボリュームも小さいです。 ニュースを1日2回に分けてお届けする朝・夕刊セット版と、1日のニュースを朝刊のみでお届けする全日版に分かれており、購読料が異なります。 日経電子版Paraviセット(株式会社プレミアム・プラットフォーム・ジャパン提供)を日経電子版と合わせてお申し込みいただけます。 2014年は富士山シリーズ• 配達開始月の購読料金は、配達開始日から月末まで(休刊日を含む)の日数に各新聞の単価を掛けた金額となります。 同じ新聞を取り続けたいと思っているときは、新聞の営業に対して、1年契約にはするけど自動更新にはしないでほしいということを伝えておけば、1年後に再契約のためにこちらに来てくれます。 新聞を解約して代替サービスでニュースを読む方法 新聞は惰性で購読しているというのであれば新聞自体をいったん解約して必要な情報だけを代替サービスを使って無料で利用するというようにするのも一つの手です。

>

「日経新聞 電子版」が毎月お得に読める

翌月分は新聞購読料の日割り計算は行いませんのでご注意ください。 CONTENTS• わたしの体験は2年前ですが、現在との違いは、• キャンペーンによる無料期間• 日経ID決済でお支払いいただくと、ビューアーサービスがご利用いただける他、読者限定サイト「日経STUDYUM」で提供するオンラインセミナーなどの各種無料サービスのほか、日本経済新聞社が提供する各種デジタルサービスを割引料金でご利用いただけます。 サッカーのワールドカップ時には• 朝・夕刊セット版地域は月額4,900円(税込み)、全日版地域は月額4,000円(税込み)となります。 日経電子版の利用環境について• 朝刊のみの配達となるのは以下の場合です。 気になった記事の保存や、登録しておいたキーワードが含まれる記事が囲まれて目立つように表示されるといった機能は、有料で提供している「日経電子版」の紙面ビューアーのサービスとなります。

>

日経ビジネスデジタルとiPadをキャンペーン購入して2年利用、解約までのまとめ|nanami in the forest

朝・夕刊セット版地域、全日版地域 日本経済新聞の新聞購読料金は朝・夕刊セット版地域、全日版地域で異なり、配達先住所によって決定します。 実物でなくて申し訳ないですが、まさにこんな感じです。 翌日以降であれば、ご希望の日からお届けできます。 「日経電子版」、「日経Wプラン」、「日本経済新聞(日経ID決済)」とは別契約です。 ただし、当然ですが、日経ビジネスへの関心度によって、おトク度も変わってきます。 利用期間の末日までに利用者による解約手続きが行われない限り、契約は自動的に更新されます。 手続き完了 翌月分からクレジットカードに宅配料金を一括してご請求いたします。

>

新聞の購読キャンペーン!おすすめは?お得なサービスとは?

キャンペーン利用で日経ビジネスデジタルを2年購読し、同時にiPadを購入 2年間の総費用・・・57,600円 キャンペーン利用すると、 40,824円 おトクになる計算です。 ) 宅配(日経ID決済)を月の途中で申し込んだ場合の料金 申込当月の購読料は現在のご購読状況によってお支払いが異なります。 担当販売店決定後の変更はできません。 日本代表の試合のチケットがもらえる などですね。 日経ビジネスデジタルxiPadキャンペーンのおトク度は? ではキャンペーンのおトク度はどの程度でしょうか?• お客様ご自身でのお手続き• 他の価格はありません。 お試しに申し込むと、そのまま購読扱いになりませんか? お試しに申し込まれても、自動で購読扱いになることはありませんのでご安心ください。 新旧役職名が表形式で読みやすく、メール通知でもお知らせするので、うっかり見落としてしまうこともありません。

>

日経ビジネスデジタルとiPadをキャンペーン購入して2年利用、解約までのまとめ|nanami in the forest

購読料金 基本料金 基本料金は月ぎめでのお支払いになります。 ただし、こちらの場合、すべてが定価になります。 この場合、お客様にメール等にてご連絡の上、申し込みを取り消す場合があります(転居による担当販売店の変更があった場合も同様です)。 たとえば1年契約だったら2か月無料(または景品)とかをつけてくれるのに、1年自動更新だと更新しても何もくれません。 「日経Goodayマイドクター」は 日経クロストレンド:(日経ID決済、通常料金:2,500円、割引適用後料金:1,850円、日割単価:83円) 日経クロストレンドは、マーケティング戦略や商品開発、新事業創造などの情報を提供するデジタルメディアです。

>

新聞の購読キャンペーン!おすすめは?お得なサービスとは?

読者限定のキャンペーンをたくさんやっているのが 読売新聞です。 日本経済新聞をご自宅で購読中の方が「日経電子版」をお申し込みいただいても、新聞の配達は自動的に停止にはならず、電子版月額料金のほかに新聞購読料も別途発生します。 担当販売店が不明な場合は日本経済新聞 カスタマーセンター 0120-21-4946(7:00~21:00)までお問い合わせください。 ニュースを1日2回に分けてお届けする朝・夕刊セット版と、1日のニュースを朝刊のみでお届けする全日版に分かれており、購読料が異なります。 (日経電子版の利用料金は申込日から翌月末日まで無料です。 特定商取引法に基づく表記は以下になります。

>

日経ビジネスデジタル版

他の価格はありません。 じゃあ、どうしたらいいのか?そうです。 一番高くつくのが売店での購入で、安く購読できるのが宅配 日経新聞は毎年4月になると新入社員向けに日経電子版を2ヶ月無料で利用できるサービスを行なっているのでこの機会に試してみるのもいいかもしれません。 これは、 年中いつでもやっています。 配達先住所が朝夕刊セット配達の地域では、朝刊・夕刊ともに配達いたします。

>

日経ビジネスデジタルとiPadをキャンペーン購入して2年利用、解約までのまとめ|nanami in the forest

宅配(日経ID決済)を新規に申し込む場合 担当販売店への手配の都合上、午後6時までのお申し込みの場合は翌日以降、午後6時~深夜0時の場合は翌々日以降をご指定ください。 日経ID決済は購読料を日本経済新聞社へ直接クレジットカードで毎月お支払いいただく定額の決済方法です。 その場合はメール等にてご連絡いたします。 日経ビジネスのファンで、毎号しっかり読むつもり• ・本キャンペーンの使用は一回限りです。 当該アイコン経由で日本経済新聞社の「日経新聞電子版」を閲覧することもできます。 日経産業新聞 月額4,000円(税込み)• 日経IDをお持ちでない方は、メールアドレスのご登録からお手続きが開始します。 詳しくは担当する新聞販売店にお問い合わせください。

>