飛鳥 火災。 9/5更新【飛鳥II】船上火災発生・原因に関する情報

クルーズ船「飛鳥2」で火災 横浜港に停泊中、乗客なし | 共同通信

これは金がかかる。 。 燃料油などに何らかの原因で引火する火災• ですので、現在は150名ほどの乗組員しか乗っておらずけが人はいないとの事です。 急に温度が上がってきて、機材類が熱を持っていたような状況が予想できます。 エンジンルームからの火災船 沖を航行中にエンジンルームから火の手が上がったとのこと。 鉄板で囲われていたので、被害も少なく済んだ」と分析する。 。

>

大型客船「飛鳥Ⅱ」から黒煙 横浜に停泊中:朝日新聞デジタル

船舶火災の怖さを紹介 普通の火災も十分に怖いのですが、船舶で火災が起こるとチョット大変です。 クルーズ業界はコロナ禍前の優雅な時を取り戻せるのか? 火災は16日午後1時過ぎ、最上階デッキの資材置き場で起きた。 「飛鳥II」はクルーズを実施しておらずお客様は乗船しておりません。 停泊中は火災で、陸上から消防車が、海上からは消防艇が駆けつけられるが、洋上を走っている時は救援に来る船も時間がかかる• それにしても、なんでまた 横浜港に停泊中のクルーズ船なの?? どうやっても、クルーズ船による災難が続いているなとしかいいようがありませんよおおお。 横浜港に停泊していたクルーズ船「飛鳥II」で16日、火災が発生し一時騒然となった。 資材置き場周辺で溶接工事を行い引火した• 乗組員が153人いたが、けが人はいなかった。 (の宮の多くが火災に遭っていることから、民衆の中に統治への大きな不満がある時は、天皇の宮へ放火することで意思表明していたのではないか、とする説がある。

>

飛鳥Ⅱ(横浜港大さん橋)で火事!火災の動画画像や原因は?みなとみらい停泊中

ダイヤモンド・プリンセス号火災 先日、新型感染症により、クローズアップされたダイヤモンド・プリンセス号。 飛鳥II 船上火災が発生 飛鳥IIの船上火災に関する情報のまとめです。 コロナに引き続き、今回の火事まで起きてしまい、散々な状態の豪華客船を嘆く声がたくさんあがっていました。 素晴らしい景色のはずが、残念な火災となってしまいました…。 出来る限り早めの鎮火を祈ります。 このダイヤモンド・プリンセス号、長崎の三菱造船所で建造されたのですが、建造当時、溶接工事の不始末かか火災が起こり、船の大部分を焼いてしまいました。

>

大型客船「飛鳥Ⅱ」から黒煙 横浜に停泊中:朝日新聞デジタル

消防や乗組員が消火活動していましたが、ケガのないよう早く鎮火してくれると良いのですが。 船の最上部ということで、屋根も高温になっていたことも手伝い、発火してしまった可能性があります。 現在も消火活動中です。 なお、今後詳細情報を逐次更新してまいります。 16 火災発生前の状況 火災が発生したとみられる12階の資材置き場はじゅうたんなどが置かれており、その資材置き場の近くで船の床の補修作業が行われていたとの情報がある。 資材置き場周辺の電線からショート• 火の手がエンジンルームにまで及ぶと更に深刻で、エンジンが止まり消火活動ができなくなったり、燃料に引火して大火災になってしまう• 大変な被害だとは思いますが、船旅行を楽しみにしている人達のためにも、修繕に力を尽くしてほしいと願います。

>

クルーズ船「飛鳥2」で火災 横浜港に停泊中、乗客なし | 共同通信

うわぁー、めっちゃ煙出とるやん! さっきよりも炎の勢いが強くなってねぇか?まだコロナ治まってねぇのに何やってんだ!バカヤロコノヤロオメェ — ひろキング 地震垢 eew4027 勢いよく燃える炎に恐怖を感じた方も多かったようです。 原因は資材置き場のカーペットなどが焼けたとみられるとのことで、17日以降船舶事故調査官3人が派遣され、 火災の原因などを調べることしているそうです。 随時更新 火災発生 【2020年6月16日13:18】 横浜大さん橋に停泊中の飛鳥II 郵船クルーズ 船内12階前方の資材庫から火災が発生した。 客室やバルコニーでの喫煙は禁止され、ダイヤモンド・プリンセスでは、たばこの吸い殻やマッチを海に投げ捨てた場合、風に流され、火災の原因になる可能性があり、禁止行為として厳守が呼びかけられている。 煙を流れる道筋を作り、反対側から消火活動を行っているようです。 通常、船乗りは溶接作業を行う際は、熱が伝わる反対側にも見張りを置き、火災には十分に気を使います。

>

飛鳥Ⅱの火災原因と出火場所は?被害状況と現場の画像についても

過去には沈没事故も起きており、火災には神経質とされている。 経緯 [ ] 舒明天皇の岡本宮 [ ] 1月に舒明天皇は即位し、翌年()10月、飛鳥岡() のふもとに遷宮し、岡本宮と称した。 現在はケガ人の情報は入ってきておらず、甲板の最上階のデッキ上から大きな煙が上がっています。 斉明天皇の後岡本宮 [ ] の冬にが火災に遭い、斉明天皇はへ遷ったが、並行して新たな宮殿建設地の選定も行っており、翌年()には岡本に新宮殿が建てられた。 ただ火災の場所が船の一番上の方だけに、消防車からの放水が届くのか?心配している声もありますね。 客船から煙が上がっており、周辺には煙の臭いが充満していたことが予想されます。

>