ふたり の ビッグ ショー。 細川たかし・長山洋子による「ふたりのビッグショー」、2020年公演が発表されました。

ふたりのビッグショー

2011年に入ってからはRAWから移籍してきた率いるとの抗争を開始。 終盤にを脱落させて優勝を飾った。 WCW、WWE、ECW全ての世界王座を獲得した唯一の選手となった。 後にプロレス上の演出であると言う事をのが説明しているが、この事態は世界プロレス史上初の出来事である(リングに穴が開くことはよくある)。 1978年4月4日 - 1979年3月20日:毎週火曜日 20:00 - 20:50 放送リスト [ ] 1974年 回 放送日 サブタイトル 1 お手を拝借 2 歌は語れ 3 涙と恋と母さんと 4 ・ おとなの子守唄 5 愛の讃歌 6 望郷の歌 7 歌う心はひとつ 8 歌は女の心だよ 9 笑う門には 10 演歌でいこう人生は(、、、) 11 涙の絶唱 12 人情を歌う 13 アテネの白いバラ 14 と愉快な仲間たち 15 歌のある限り 16 若く明るい歌声に 17 日々是好日 18 男のまわり舞台 19 人生いっぽんどっこ 20 演歌魂 21 ルミ子と真理 はじめて二人で (、) 22 愛と勇気と 23 女がひとり生きる時 24 さすらいの詩 25 愛のハーモニー 26 二十三歳の演歌 27 パリからボンジュール 28 芸道寿限無 29 わが心のクリスマス 1975年 回 放送日 サブタイトル 30 歌は涙か青春か 31 私の好きな夜 32 健在なり田端ぶし 33 '75 落語「」 34 限りなき青春 35 いづみからあなたへ 36 青春 涙 哀愁 37 愛のメロディーを… 38 女の詩 39 歌の旅 40 ごあんなァ~い 41 夜をあなたと 42 永遠のロマンチスト 43 あなたと歌う夜 44 エンリコ・マシアス 恋と自由と太陽と 45 愛のイメージ 46 28歳の序章 47 生きる時代 48 "異国の丘"から30年 49 噺家、俗に落語家という 50 出逢い、そして友情 51 森進一 男の明日は北の果てに 52 島倉千代子 愛と悲しみの詩 53 見てきた嘘とまこと 54 北島三郎 熱情 55 演歌人生 56 ゆかりからあなたへ 57 私の歩んだ道 58 都はるみ おんな命のうなり節 59 三波春夫 歌の夏祭り 60 詩は心のドラマ 61 夏の夜を啼く虫の音も江戸育ち 62 歌と踊りの世界 63 あの青春の詩 - そして今も 64 愛さえあれば 65 歌ありて… 66 演歌…ロマン、夢を… 67 女のこころ 68 五木ひろし こころの旅路 69 そして今は… 70 愛の絶唱 71 日本の詩情・望郷(、栗本尊子、小柳ルミ子、、) 72 いつの日も歌を 73 落語一徹 74 佐良直美 私の好きなもの 75 作品集 優しさと哀しみと 1976年 回 放送日 サブタイトル 76 永遠の青春 77 ひとすじの白い道… 78 世界の恋人 スリー・ディグリーズを迎えて 79 明日に向かって立つ 80 優しく美しく懐かしく 81 日本の詩情・はる(、、森山良子、) 82 歌いっぱいのしあわせ 83 歌の人生劇場 青春編 84 古賀政男 歌の人生劇場 雄飛編 85 上方はなし 86 ダンスパーティーの夜 87 愛そして… 88 役者の履歴書 89 人生の応援歌 90 五木ひろし 思い出から明日へ 91 田端義夫 ギターかかえて37年 92 森進一 男の夢は果てしなく 93 日本の詩情・五月にうたう(、三橋美智也、デュークエイセス、佐良直美、島田祐子) 94 都はるみ 女ひとりの心意気 95 岸洋子 今宵あなたが聞く歌は 96 北島三郎 俺には俺の歌がある 97 花はいろ歌はこころ 98 梓みちよ 華麗なるステージ 99 島倉千代子 歌ひとすじ 100 服部良一 栄光の旋律 101 加山雄三 39歳の青春 102 内山田洋とクール・ファイブ このすばらしき野郎ども 103 水前寺清子 涙を抱いた渡り鳥 104 ちあきなおみ 私はおんな 105 布施明 106 堺正章 僕だって歌うさ 107 二葉百合子 花は咲き雲は流れて四十年 108 春日八郎 今夜はしみじみ歌おうじゃないか 109 ダークダックス 4人で100年 110 藤圭子 涙はおんなの夢のいろ 111 小柳ルミ子 二十四歳の四季 112 フランク永井 あなたに夜のロマンを 113 八代亜紀 女ひとり生きて歌って 114 三波春夫 遥かなりわが歌の道 115 佐良直美 女心を歌う夜 116 忘れじの歌声 117 青春の日のために 118 橋幸夫 歌ありて、夢は舞台をかけめぐる 119 青江三奈 女は命の歌だから… 120 ここに幸あり 121 村田英雄 王将への道 122 わが夢は雪の彼方に 1977年 回 放送日 サブタイトル 123 男の詩 124 菅原洋一 愛の世界 125 由紀さおり 歌に恋して 126 フランスの情熱 127 歌よ、おまえがあるかぎり 128 哀しみは夜にぬれて 129 女ひとりの命をかけて 130 三橋美智也 人生わが芸の道 131 われらの演奏会 132 日本の詩情・はる(立川清登、倍賞千恵子、、、、、東京バレエグループ) 133 伊東ゆかり やさしい夜のように 134 遥かなりわが青春の歌 135 わが命燃えつきるとも 136 美空ひばり わが歌は永遠に語らん 137 北島三郎 明日のために俺は生きる 138 都はるみ 花のこころでうたいます 139 小林旭 さすらいの詩 140 高峰三枝子 明日も花のように 141 今こそわが歌を… 142 私は歌う、夢を! 143 森進一 独り暮らしの中で 144 わが心に歌ありて 145 遠藤実 演歌の旅人 146 沢田研二 今青春のきらめきを! 147 田端義夫 今夜もギターとふたりづれ 148 愛の世界 149 加山雄三 海よ 俺の夢を! 150 あこがれは涙にゆれて 151 男の星は消えない 152 おもろうてやがて哀しき 153 星空に歌を! 154 舟木一夫 明日も、青春の歌を! 155 雪村いづみ 生きて歌って夢をみて 156 森繁久彌 誰か戸を叩く 157 八代亜紀 しあわせは女の遠い夢だけど 158 倍賞千恵子 東京下町・秋・慕情 159 船村徹 巷の唄に酔いしれて 160 布施明 これからなんだ恋の歌は 161 ちあきなおみ おんな・夜の中で・ひとり 162 三波春夫 終り無きわが歌の道 163 夢は世界を駆けめぐる 164 小畑実 54歳の情熱 165 私はいま ひとりが好き 166 若さを誇らしく思う時に 167 水前寺清子 涙も笑顔もあたたかく 168 フランク永井 酒・女・そして… 169 小柳ルミ子 海に・星が降る街で 170 デュークエイセス 男だ!花の四重唱 171 島倉千代子 歌えることのしあわせを… 1978年 回 放送日 サブタイトル 172 五木ひろし 今・新らしき旅立ちを! 173 青年・66才 174 12年ぶりのコンサート 175 歌・ロマン・人間 176 春日八郎 北国の人の情けに酔う歌は 177 由紀さおり 夜の優しさにつつまれて 178 石原裕次郎 男ひとり、気ままな夜 179 藤圭子 演歌・浪曲・おんなの歌 180 橋幸夫 明日にむかって今日も歌う 181 たまには歌う夜もある 182 淡谷のり子 歌に生きて 183 内山田洋とクール・ファイブ 望郷の想いは今も 184 19・春・きらめき 185 おれには苦手な歌だけど 186 イワテケンから来た男 187 森山良子 優しさをあなたに 188 夢を追いかけて 189 新しき夢を賭けて 190 青江三奈 歌って、踊ってみたい夜 191 越路吹雪 私のリサイタル 192 ダークダックス わがファミリー・コンサート 193 演歌・友情・そして酒 194 村田英雄 男の旅路 195 星移り歌はめぐりて四十年 196 沢田研二 花と男と情熱と 197 男の夢は今もなお 198 石川さゆり ふるさとからあなたへ… 199 歌わない男にも歌はある 200 加山雄三 わが家に二男二女あり 201 最初で最後の夜 202 都はるみ 花の演歌に笑いも添えて 203 仲間と夢と心意気 204 森進一 青葉の城に友ありて 205 19歳と別れる秋に 206 田端義夫 歌い続けて40年これからでっせ人生は! 207 吉田正 作曲生活30年 208 小柳ルミ子 嫁ぐ日を想いながら 209 小林旭 男が生きる哀しみは 210 二葉百合子 歌は花 芸はいのち 211 八代亜紀 女ひとり 炎のように 212 岡本敦郎 友よ、さわやかな歌を!! 213 北島三郎 男がいのちを賭ける歌 214 藤田まさと 作詩生活五十年 215 美空ひばり わが歌のさだめに生きて 1979年 回 放送日 サブタイトル 216 三波春夫 わが歌よ永遠に翔べ 217 夢・青春・明日 218 森昌子 二十歳の私 伊予の旅 219 五木ひろし ギター…わが友 220 明日への序曲 221 菅原洋一 スサーナとともに 222 俺の人生、俺が決める 223 わが歌は歳月を越えて 224 男のバラード 225 沢田研二・山口百恵 めぐり逢いそして… 脚注 [ ]. ECW入りしてからは、ECW本来の環境に親しみ、流血戦とも真っ向から向き合うようになった。 初年度の1974年放送分に5回の保存がある一方、最後の年度、1978年放送分に保存がないなどバラバラな状況であるため、番組発掘プロジェクトが録画したテープの探索を呼び掛けている。 ロイヤルランブル内で行われた試合に臨むが、試合開始直前に椅子で何度も叩かれた挙句に破れ、試合終了後も滅多打ちにされた。

>

ふたりのビッグショー 谷村新司&西城秀樹

WWFに移籍後、リングネームを "ビッグ・ショー" ポール・ワイトに変更。 357回(2000年3月13日は名場面集)の放送で、212人(組)の歌手が代わる代わる出演した。 放送日・出演者 [ ] 1993年 放送日 出演者 4月5日 、 4月12日 、 4月19日 、 4月26日 、 5月3日 、 5月10日 、 5月17日 、 5月24日 、 5月31日 、 6月7日 、 6月14日 、 6月21日 、 6月28日 、 7月5日 、 7月26日 、 8月30日 、 9月6日 、 9月13日 、 9月20日 、石川さゆり 9月27日 、 10月4日 小林旭、和田アキ子 10月11日 島倉千代子、小林幸子 10月18日 坂本冬美、 10月25日 、 11月1日 五木ひろし、 11月8日 美川憲一、吉幾三 11月15日 森進一、ケー・ウンスク 11月29日 前川清、千昌夫 12月6日 、 1994年 放送日 出演者 1月2日 、 1月10日 谷村新司、 1月17日 都はるみ、 1月24日 、 1月31日 北島三郎、 2月7日 堀内孝雄、 2月28日 西城秀樹、 3月7日 、 3月28日 、 4月4日 細川たかし、 4月11日 、 4月18日 美川憲一、 4月25日 田端義夫、 5月2日 森進一、和田アキ子 5月9日 、 5月16日 加山雄三、 5月23日 前川清、 5月30日 、 6月6日 小林旭、武田鉄矢 6月13日 坂本冬美、藤あや子 6月20日 南こうせつ、 6月27日 都はるみ、五木ひろし 7月4日 、 7月11日 、島倉千代子 7月18日 、 7月25日 堀内孝雄、吉幾三 8月22日 、松崎しげる 8月29日 小林幸子、 9月5日 由紀さおり、 9月12日 さだまさし、前川清 9月19日 、北島三郎 9月26日 、 10月17日 谷村新司、五輪真弓 10月24日 、中村美律子 10月31日 、 11月7日 細川たかし、 11月14日 加藤登紀子、河島英五 11月28日 松田聖子、西城秀樹 12月5日 美川憲一、青江三奈 12月12日 、 1995年 放送日 出演者 1月9日 都はるみ、石川さゆり 1月16日 、藤あや子 1月23日 、 1月30日 五木ひろし、南こうせつ 2月13日 、菅原洋一 2月20日 、大月みやこ 2月27日 梓みちよ、デューク・エイセス 3月6日 森進一、布施明 3月13日 千昌夫、 4月3日 島倉千代子、小林旭 4月10日 谷村新司、郷ひろみ 4月17日 和田アキ子、西城秀樹 4月24日 堀内孝雄、河島英五 5月1日 小林幸子、伍代夏子 5月8日 、 5月15日 五木ひろし、前川清 5月22日 南こうせつ、 5月29日 、 6月5日 美川憲一、 6月12日 平尾昌晃、坂本冬美 6月19日 伊東ゆかり、中尾ミエ 6月26日 森進一、加藤登紀子 7月3日 、 7月31日 、 8月21日 、細川たかし 8月28日 都はるみ、五輪真弓 9月4日 9月11日 山本譲二、香西かおり 9月18日 由紀さおり、 9月12日 岩崎宏美、 9月25日 田端義夫、 10月2日 、 10月9日 河島英五、 10月16日 島倉千代子、美川憲一 10月23日 、 10月30日 、中村美律子 11月6日 さだまさし、 11月13日 由紀さおり、安田祥子 11月20日 八代亜紀、 11月27日 五木ひろし、堀内孝雄 12月4日 、 12月11日 西城秀樹、チョー・ヨンピル 12月18日 北島三郎、鳥羽一郎 1996年 放送日 出演者 1月8日 二葉あき子、菅原洋一 1月22日 石川さゆり、坂本冬美 1月29日 、 2月5日 前川清、 2月12日 、 2月19日 、金蓮子 2月26日 、 3月4日 、 3月11日 布施明、 4月1日 都はるみ、小林幸子 4月8日 水前寺清子、青江三奈 4月15日 細川たかし、吉幾三 4月22日 、渡辺真知子 5月6日 伍代夏子、藤あや子 5月13日 、サーカス 5月20日 島倉千代子、堀内孝雄 5月27日 西城秀樹、坂本冬美 6月3日 五木ひろし、石川さゆり 6月10日 ペギー葉山、デューク・エイセス 6月17日 、 6月24日 南こうせつ、 7月1日 杉良太郎、香西かおり 7月8日 田端義夫、鳥羽一郎 7月15日 和田アキ子、イルカ 8月19日 森口博子、 8月26日 森進一、美川憲一 9月2日 森山良子、 9月8日 ジュディ・オング、 9月16日 ダークダックス、加藤登紀子 9月23日 五輪真弓、 9月30日 中尾ミエ、近藤真彦 10月7日 由紀さおり、 10月28日 北島三郎、五木ひろし 11月11日 萩本欽一、前川清 11月18日 、 11月25日 、キム・ヨンジャ 12月2日 瀬川瑛子、梅沢富美男 12月9日 橋幸夫、 12月16日 小柳ルミ子、 1997年 放送日 出演者 1月6日 、 1月13日 さだまさし、坂本冬美 1月20日 堀内孝雄、 1月27日 八代亜紀、 2月3日 チョー・ヨンピル、天童よしみ 2月10日 谷村新司、 2月17日 大月みやこ、鳥羽一郎 2月24日 島倉千代子、 3月3日 三波春夫、中村美律子 3月10日 美川憲一、伍代夏子 3月17日 和田アキ子、宇崎竜童 3月31日 川中美幸、神野美伽 4月7日 小林幸子、 4月14日 布施明、岩崎宏美 4月21日 由紀さおり、 4月28日 前川清、吉幾三 5月12日 河島英五、香西かおり 5月19日 、 5月26日 加山雄三、 6月2日 五木ひろし、天童よしみ 6月9日 村田英雄、坂本冬美 6月16日 橋幸夫、今陽子 6月23日 山本譲二、 6月30日 野口五郎、 7月7日 田端義夫、 7月14日 、八代亜紀 7月28日 藤あや子、工藤静香 8月18日 水前寺清子、山川豊 8月25日 南こうせつ、 9月1日 瀬川瑛子、コロッケ 9月8日 堀内孝雄、松崎しげる 9月22日 、 9月29日 香西かおり、長山洋子 10月6日 、武田鉄矢 10月13日 萩本欽一、前川清 10月20日 郷ひろみ、 10月27日 小林旭、都はるみ 11月10日 美川憲一、上沼恵美子 11月17日 森進一、キム・ヨンジャ 12月1日 五木ひろし、細川たかし 12月8日 ジュディ・オング、渡辺真知子 12月15日 ダークダックス、 1998年 放送日 出演者 1月5日 ビリー・バンバン、チェリッシュ 1月12日 小林幸子、中村美律子 1月19日 平尾昌晃、 1月26日 青江三奈、 2月2日 、伍代夏子 2月23日 西城秀樹、近藤真彦 3月2日 加藤登紀子、松崎しげる 3月9日 坂本冬美、 3月16日 三波春夫、天童よしみ 3月23日 小林旭、藤あや子 4月6日 由紀さおり、南こうせつ 4月13日 谷村新司、さだまさし 4月20日 五木ひろし、吉幾三 4月27日 、デューク・エイセス 5月11日 堀内孝雄、イルカ 5月18日 都はるみ、細川たかし 5月25日 倍賞千恵子、小林幸子 6月1日 前川清、瀬川瑛子 6月8日 布施明、森山良子 6月15日 森進一、長山洋子 6月22日 堺正章、中尾ミエ 7月27日 橋幸夫、西田ひかる 8月17日 美川憲一、研ナオコ 8月24日 和田アキ子、天童よしみ 9月7日 八代亜紀、伍代夏子 9月14日 郷ひろみ、・ 9月21日 鳥羽一郎、香西かおり 9月28日 梓みちよ、 10月5日 北島三郎、藤あや子 10月12日 島倉千代子、川中美幸 10月19日 菅原洋一、 10月26日 坂本冬美、長山洋子 11月2日 加山雄三、さだまさし 11月9日 美川憲一、前川清 11月16日 田端義夫、由紀さおり 11月30日 小林幸子、西城秀樹 12月7日 南こうせつ、 12月14日 中村美律子、キム・ヨンジャ 1999年 放送日 出演者 1月4日 谷村新司、岩崎宏美 1月11日 五木ひろし、 1月18日 小椋佳、堀内孝雄 1月25日 細川たかし、天童よしみ 2月1日 森進一、 2月8日 吉幾三、河島英五 2月15日 、 2月22日 山本譲二、坂本冬美 3月1日 デューク・エイセス、森口博子 3月8日 平尾昌晃、山川豊 3月15日 島倉千代子、舟木一夫 4月5日 都はるみ、小林幸子 4月12日 郷ひろみ、 4月19日 川中美幸、ケイ・ウンスク 4月26日 南こうせつ、石川さゆり 5月10日 由紀さおり・安田祥子、 5月17日 水前寺清子、冠二郎 5月24日 美川憲一、藤あや子 5月31日 、森山良子 6月7日 森進一、天童よしみ 6月14日 吉幾三、伍代夏子 6月21日 谷村新司、 6月28日 前川清、長山洋子 7月5日 五木ひろし、西田ひかる 7月12日 三波春夫、 7月19日 和田アキ子、 7月26日 細川たかし、キム・ヨンジャ 8月2日 、宇崎竜童 8月30日 、今陽子 9月6日 鳥羽一郎、中村美律子 9月13日 布施明、 9月20日 八代亜紀、瀬川瑛子 9月27日 里見浩太朗、小林幸子 10月4日 田端義夫、南こうせつ 10月18日 都はるみ、堀内孝雄 10月25日 谷村新司、 [ ] 11月1日 、神野美伽 11月8日 美川憲一、天童よしみ 11月15日 、森口博子 11月22日 吉幾三、川中美幸 11月29日 北島三郎、坂本冬美 12月6日 五木ひろし、伍代夏子 12月13日 、渡辺真知子 2000年 放送日 出演者 1月24日 加山雄三、和田アキ子 1月31日 細川たかし、石川さゆり 2月7日 、 2月14日 森進一、前川清 2月21日 大月みやこ、山本譲二 2月28日 、尾藤イサオ 3月13日 (熱唱・爆笑名場面集) 3月31日 、小林幸子 4月7日 小林旭、谷村新司 4月14日 、 4月21日 和田アキ子、松田聖子 5月12日 中村美律子、冠二郎 5月19日 島倉千代子、坂上二郎 6月9日 吉幾三、新沼謙治 6月23日 由紀さおり、前川清 7月7日 美川憲一、川中美幸 7月14日 森進一、堀内孝雄 7月21日 武田鉄矢、 8月4日 野口五郎、研ナオコ 9月1日 都はるみ、キム・ヨンジャ 9月8日 細川たかし、坂本冬美 10月6日 天童よしみ、 10月13日 北島三郎、 10月20日 橋幸夫、伍代夏子 11月10日 石川さゆり、長山洋子 11月17日 、 12月8日 、 12月15日 八代亜紀、河島英五 12月22日 松山恵子、鳥羽一郎 2001年 放送日 出演者 1月12日 、梅沢富美男 1月19日 由紀さおり・安田祥子、ビリーバンバン 2月2日 、小林幸子 2月9日 水前寺清子、 3月2日 中村美律子、神野美伽 3月9日 コロッケ、 3月16日 堀内孝雄、香西かおり 3月23日 瀬川瑛子、上沼恵美子 4月6日 森進一、 4月13日 中尾ミエ、美川憲一 4月20日 小林旭、石川さゆり 5月4日 五木ひろし、 5月11日 岩崎宏美、渡辺真知子 5月18日 坂本冬美、藤あや子 6月1日 都はるみ、南こうせつ 6月8日 北島三郎、天童よしみ 6月15日 黛ジュン、山本リンダ 6月22日 谷村新司、西城秀樹 7月6日 伍代夏子、 7月13日 冠二郎、 8月24日 布施明、 9月7日 島倉千代子、 9月21日 細川たかし、長山洋子 10月5日 さだまさし、吉幾三 10月12日 キム・ヨンジャ、錦織健 10月19日 沢田研二、 11月2日 、田川寿美 11月9日 藤田まこと、川中美幸 12月7日 山川豊、 12月14日 二葉百合子、石川さゆり 2002年 放送日 出演者 1月18日 松田聖子、天童よしみ 2月1日 宇崎竜童、鳥羽一郎 2月8日 、小林幸子 3月1日 瀬川瑛子、山本譲二 3月8日 、 4月5日 、 5月10日 堀内孝雄、坂本冬美 6月7日 上沼恵美子、神野美伽 6月14日 北島三郎、島津亜矢 7月5日 加山雄三、布施明 7月19日 キム・ヨンジャ、田川寿美 8月2日 細川たかし、吉幾三 8月23日 都はるみ、小椋佳 8月30日 松山恵子、冠二郎 9月6日 石川さゆり、 9月20日 天童よしみ、氷川きよし 10月4日 美川憲一、小林幸子 10月18日 前川清、鳥羽一郎 11月15日 森進一、五輪真弓 12月6日 武田鉄矢、川中美幸 12月13日 大月みやこ、船村徹 2003年 放送日 出演者 1月31日 加藤登紀子、 2月21日 中村美律子、岸千恵子 3月7日 和田アキ子、石井竜也 3月28日 森進一、五木ひろし 脚注 [ ]. Crank It Up(Brand New Sin) - 現在使用中• その後もヒールとして活動、レッスルマニアでは一時的に戦のためにベビーのオートンやシェイマスと組んで戦ったが敗戦し、試合後にオートンやシェイマスを襲った。 その後WWE vs の抗争が始まると、WWEを裏切りECWの仲間入りを果たした。 の「」(総合テレビ)にて、放送分の『 ビッグショー「 歌の人生劇場 雄飛編」』が再放送された。

>

ビッグショー (テレビ番組)

番組の歴史 [ ] に番組開始。 とてつもない巨体を誇り、割と怖がられることも多い彼だが、その性格はとても優しく、とにかく泣き虫なため、ファンからはとても可愛がられている。 また、「」でも再放送されている。 そしてローデスが『大巨人は大舞台の祭典に弱い』等と挑発し続けたことから、ローデスとの抗争を開始。 1972(昭和47)年、"ワイルドな17歳"というキャッチフレーズで歌手デビュー。

>

細川たかし・長山洋子による「ふたりのビッグショー」、2020年追加公演が発表されました

7月のさいたま大会ではタッグも組んでいる。 11月のでトリプルスレット形式の王座戦に挑んだが王座獲得とはならなかった。 またそのスターにまつわるゲストも登場し、ショーを盛り上げる。 細川たかし・長山洋子による「ふたりのビッグショー」、2020年公演が発表されました。 9月のでを葬ろうとしたジ・アンダーテイカーを殴打してテイカーを失神させた。

>

西城秀樹さん追悼番組がNHKで放送!野口五郎とのデュエット映像も

とのタッグやとの抗争後、に体重オーバーを理由に一時行きを宣告された。 そのリング上でのに顔面を殴られ鼻を骨折させられた このことからメイウェザーとの抗争に入り、で対戦したがで顎を殴られ敗北した。 スタイル [ ] ストーリーに応じてヒール、とどちらの役割も演じている。 相手を負傷させてしまう恐れがあるので封印したが、 には、エルボーではなく足を喉元に置いて落とす ホグロッグ なる技を開発し、フィニッシュとしても使用していた。 と が同名の技を使用している(両者共ビッグショーのとは形が多少異なる)。 その後すぐ再戦となり、エクストリームルールズのテーブル戦でローデスがIC王座に返り咲いた。

>

細川たかし・長山洋子による「ふたりのビッグショー」、2020年公演が発表されました。

抗争と同時期の2月、PPV「」の世界ヘビー級王座戦に出場するも、2番目に脱落。 その後もパンクらを圧倒して抗争は終了した。 番組中盤で舞台がし、の「」( Bookends Theme)をに、巨大なパネルで2人の過去の写真がそれぞれ数点登場し、トークを展開。 : 2回• 当時としてと抗争中であったの刺客として、突如リングの下からマットを破って現れるという衝撃のデビューであった。 しかし、トリプルHのブライアンに対する悪行を非難したことで立場を危うくし、『家族を養うために』言いなりとなり、トリプルHやに敵対するものを攻撃する。 翌週11日には が初登場した。

>

ビッグショー (テレビ番組)

(画像は別の団体のリング) スマックダウンでは、その巨体のため、やとの抗争の中彼らに投げられることが試合の見所となっていた。 キャメルクラッチと同型の技だが通常とは比べ物にならない破壊力を持ち、この技で試合が決まることもある。 2013年 - 2015年 [ ] 1月のスマックダウンでとラストマン・スタンディング戦に敗れ王座陥落。 エリミネーション・チェンバー世界王座戦にてバレットとによって脱落させられ、さらにレッスルマニアWWE王座挑戦者決定戦でもローデスの妨害で敗れた。 さらに2017年4月のにてと対戦して、三度で投げられた直後にリングが崩壊した。 2月に行われたにてWWEへ復帰。

>