Wonk アルバム。 WONK

WONK、ニュー・アルバム『EYES』リリース決定

井上 幕の内弁当と言われてハッとしたんですけど、そういうことだと思うんです。 アートワークは「HEROISM」のオフィシャルオーディオと同様、新進気鋭の3D CGアーティストnagafujirikuが手掛け、アルバムの世界に没入できる未来感溢れるアートブック。 ラッパー唾奇(つばき)のサウンドプロデュース、レーベルEPISTROPHのkiki vivi lilyなどのプロデュース、Charaとのコラボなどでも活躍。 そして、20時から、InterFM897で「WONK RADIO」が1日限定復活。 荒田:ヒップホップで主に使われているスキットという手法を、WONKの作品ではよく取り入れていて。 WONK 」に参加。

>

WONK/EYES [CD+ART BOOK]<完全予約限定生産盤>

高校時代にベースの井上とバンドを結成。 2020年 - 6月13日、の「」にリモート生出演。 全員がマスクを被っていて、自分の視界を自由に操ることができる世界。 EPISTROPHではデザインを担当し、各種グラフィックを手がける。 ジャズを背景にネオソウルやヒップホップ、ビート・ミュージックなどの要素を注入した現代的感覚のサウンドが特色。 WONKの1st EP『From The Inheritance』でライブが幕開け 理想的なアルバムがそうであるように、理想的なライブにも起承転結があるもの。

>

WONK、アルバム発売記念「EYES SPECIAL 3DCG LIVE」開催決定:【音楽】

1914• 江﨑:ではないですね(笑)。 温かいメッセージとともに、美しい情景が浮かぶような歌詞。 だけど、そのソウルミュージック本流の人が背負っているものを僕らが背負っているわけではなくて、僕らには別に背負うべきことがあって、僕らが生きている現状で問題意識としているものは、全然見方が違うと思うんです。 フロアでは手や頭がグルーヴに合わせて前後に揺れていた。 荒田:あれもおもろくない? 2017年 - 8月20日、 2017出演。 3FM)『 音楽を止めるな』 特設ページ: <J-WAVEの想い> この春、新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴い、音楽ライブをはじめ、多くのイベントが中止となりました。

>

今、最もライブを観るべきバンド、WONK [ライブ・レポート]

MIRROR - DHRMA REMIX• INFORMATION 『EYES』 On Sale [収録曲] 01. 江﨑文武(以下 江﨑 ) 僕らは、もともとひとりが作詞作曲をするバンドではないので。 Miki Hirose Tp• 変拍子が特徴的な曲であり、独特なリズムに合わせてノれるか否かで、音源をある程度聴き込んでいる客かどうかわかってしまう曲だ。 2019年 - 5月29日、先行配信シングル『Orange Mug』リリース。 なのであの曲は、井上の作ったハードロックなテイストにコンテンポラリージャズが挟まるという新しい構造になりました、2日前に(笑)。 見たくない情報は排除して、好きなもののみに囲まれて生活することで、考え方自体も偏ってしまう。 2013年に始動し、2015年のフリー・アルバム『From The Inheritance』や独創性の高いライヴが話題となり、翌年に1stアルバム『Sphere』を発表。

>

WONK

Introduction 3 - Castor• 井上:閉鎖的な情報社会で生きることへの、主人公の葛藤が描かれています。 メンバーがこだわり抜いて作り上げた1冊。 2018年 - 11月28日、『SUNNY SIDE』リミックスを担当。 たまたま同期してしまった感じですね。 Skit 3 - Resolution• 本作のために書き下ろされたオリジナルの物語をベースに、楽曲のビジュアルイメージを新進気鋭の3D CGアーティストnagafujirikuが手掛け、未来感溢れる没入型アートブックに。 分かりやすかったと言ってくれるリスナーさんも結構いて。 何かと落ち込んだ印象の強かった今年末に差し掛かったこのタイミングに、先行配信、ライヴ、そしてアルバム・リリースと次の時代の幕開けを示唆するように新たな発表を連発するNOT WONK。

>

苫小牧を拠点に活動する3ピース・バンド NOT WONK、 4thアルバム『dimen』1/27リリース。収録曲「slow burning」先行配信も

井上:現時点での答えって多分それぞれ違っていて、ただそれを考えるための手助けや、きっかけになる作品を目指して作りました。 その有機的なリズムにしなやかに応じてみせるAyatake EzakiとKan Inoue。 10位 Economic Wonderland feat. ー今はシャッフルで音楽を聴く人が多いと思いますが、『EYES』は主人公の心情の変化を各楽曲が紡いでいて、作品を通して聴くと、長編映画を一本観終えた感覚になりますよね。 2016年 - 11月、『Sphere』収録楽曲"savior"が ヒットチャートにて洋邦総合15位を記録。 井上:イナズマイレブンみたいな必殺技ができるね。 全22トラックという大作になっている。 メンバーそれぞれがソウル、ジャズ、ヒップホップ、ロックのフィールドで活動するプレイヤー/プロデューサー/エンジニアという異色のバンド。

>