羽越 本線 脱線 事故。 失敗事例 > 羽越線脱線事故

羽越本線

路線データ [ ]• 2019年3月現在は、2014年1月下旬においてのホームページ改装 により、トップページから事故記事における直接ページのリンクはなくなり、「羽越本線列車事故について」のリンクは「」に移行している。 羽越線脱線事故の一報が入ったとき すぐに救助しないとダメだ と直感した。 使用車両 [ ] 2014年7月改正時点での運行車両(新津駅 - 鼠ケ関駅間のみ) 現在の使用車両 [ ] 特急列車 [ ] 電車• 江本さんは実家と自宅の往復には、普段から特急いなほを使い、事故当日も秋田駅から母親に「これからいなほに乗る」と連絡していた。 JR東によると、鉄橋から酒田寄り三十五メートルにある風速計の数値は、少なくとも事故当時は警戒を必要としない風速下で、時速百二十キロの走行が可能な状況だった。 日本三大急流として知られる川もゴールまであと10km足らずといった、庄内平野北部の真ん中に位置している。

>

山形・羽越線脱線事故で示談成立 JR東、遺族や負傷者全員

Flickr! 早くお客さんを」と叫ぶ運転士、自ら大けがをしながら雪の中から手だけ出ていた女性客を救出した社員……。 (大正4年):酒田駅 - 最上川駅間 2. これにより、羽越線を経由する寝台特急「」・「」・「」といった列車がすべて運休した。 事故調査で、他省庁の職員を任命するのは始めてのことであった。 下り単行蒸気機関車は、の交代とに必要な整備(火床整理、給水、打音検査など)のために、羽後本荘駅を発車するにはまだ時間がかかる状態であった。 列車の横転事故は珍しいので事件性が高く,人々の関心を集めるが,バスの横転事故は比較的多いため,注目を集めないだけではないだろうか……。

>

羽越本線列車衝突事故とは

10月2日:電化完了に伴い気動車で運転していた特急「白鳥」「いなほ」が電車化。 2.風速計による風速観測が不十分 JR東日本の風速計は、第二最上川橋梁から酒田よりに35mの位置と、新潟寄りに18kmの距離にある赤川橋梁に設置されていたが、事故現場での風速把握としては不十分であった。 社説に冷静さのみを求めるのは誤りだ」という意見も掲載し、自社を擁護しているとして非難に拍車をかけることとなった。 (平成17年)12月25日:砂越駅 - 北余目駅間で特急「いなほ」14号が脱線する事故()が発生。 事故から丸5年を迎えた2010年も、12月9日にJR東日本よりプレスリリースが発表された。 また、JR東日本も再発防止・安全性向上に向けた取り組みを継続し、毎年12月を目処に状況を報告している。 (大正11年)• 最初に現場に到着した山形県警の警察官は、6号車で救出作業中の運転士の様子を、「頭から出血しており、声をかけると『私は大丈夫です。

>

JR羽越線脱線

10月1日:温海駅があつみ温泉駅に改称。 村上駅 - 秋田駅間 交流20,000V・50Hz• 事故発生から半年後の2006年6月25日付け山形県版31面に掲載された検証記事によると、羽越本線の運転歴20年のベテラン運転士がインタビューに応じ、「突風が原因だったとしても、予測できないとすれば、どうしようもない」と語り、もし当時29歳の運転士ではなく自分が運転していたとしても事故を防ぐことはできなかったであろうとしている。 また、防風壁も採用されたことから、風速規制が緩和されることになり、運転見合わせ回数の軽減が期待されている。 10月1日:大阪駅 - 青森駅間(北陸本線・信越本線・羽越本線・奥羽本線経由)で寝台特急「日本海」が運転開始。 2008年4月2日、航空・鉄道事故調査委員会(現・運輸安全委員会 以下同じ)から鉄道事故調査報告書が公表されました。 そうでなければ、死んでしまうだろう。

>

羽越本線列車衝突事故とは

車両の隠れた部分を調べるため、重機を使って小屋の柱の撤去作業が行われたが、足場が悪く、鉄板を使った舗装作業も同時に進められた。 読売新聞によると、死亡した4名はいずれも先頭車両に乗車していたという。 事故前日の12月24日にも管内で、輸送指令の運行判断の誤りによるものとみられる運行事故が発生していたことが、事故に遭遇した乗客によってに書き込まれている。 21時前に現場に到着すると、救助隊とともに、一人がやっと入れるほどの狭い救助現場に入り、要救助者に対して点滴の投与などの治療を行うとともに、レスキュー隊に対して医学的なアドバイスを行った。 E129系(2015年3月までは)を使用する新潟駅 - 村上駅間の日中の1往復では1995年5月8日から、米坂線直通の快速「べにばな」では車両がやキハ110系気動車に置き換えられた2009年3月14日からそれぞれワンマン運転が行われている。 秋田駅: - 1966年1月1日休止、同年3月31日廃止 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• YOMIURI ONLINE。 長辺480pixelの写真を,ブログ記事に対応したアルバム毎にExif情報付きで保管• 特急「はくたか」は直江津駅に到着したものの,強風により1時間半ほど足止め。

>

山形県で特急「いなほ14号」が脱線、乗客4名死亡

。 会員足跡用 2005年12月25日、山形県東田川郡庄内町のJR羽越本線で 突風による脱線事故発生。 『国土交通省航空・鉄道事故調査委員会(現・運輸安全委員会)が,08年4月に「原因は瞬間風速40メートルほどの局地的な突風で、運転方法に問題はなかった」と結論づける調査報告書を公表』しており,本来であればそれが尊重されるべきだからである。 1km が延伸開業。 :小岩川信号場が開設。 そのため、(京急)では振替輸送受託によりやなどの対象駅に乗客が殺到したことで駅構内が混雑し、ホーム上に乗客が溢れて危険な状態になったため、全線で運休となった。 予見不可能な突風による事故は起こりうるのだ。

>

強風と事故 2005(平成17)年12月25日 羽越本線(特急いなほ14号)脱線事故:迷列車で行こう北越編 ~國鐵新潟をぬったりと?~

(平成18年)• ただ、風速計の位置と車両が浮き上がったとされる鉄橋を過ぎた地点とでは、六百六十二メートルも離れているため、風速計の位置とは異なる瞬間的な強い横風が吹いた可能性もありうるとみている。 そのとき羽後本荘駅の駅本屋にいた信号掛(信号係)は、閉塞を取り扱う立場ではないにもかかわらず、同駅の連査閉塞器を操作し閉塞してしまった。 21時前に現場に到着すると、救助隊とともに、一人がやっと入れるほどの狭い救助現場に入り、要救助者に対して点滴の投与などの治療を行うとともに、レスキュー隊に対して医学的なアドバイスを行った。 以北で線路は日本海の海岸に沿って進むが、日本海沿岸に特有の自然災害に弱く、長期に亘る運休を強いられる事故がしばしば起きている。 電車に乗ったまま通過するのなら、そのままいなほで「酒田駅」まで。

>