もう 離れ ない で と 泣き そう な 目 で 見つめる 君 を。 あいみょん マリーゴールド 歌詞

あいみょん「マリーゴールド」歌詞深読みしてみた

端的に言うなら〈つらい日だからこそ二人の心のつながりがはっきり感じられる〉それが「雲がまだ2人の影を残す」の意味だ。 麦わら帽子をかぶってる女の子の後ろ姿がマリーゴールドの花に似てるっていうところから」 「そもそも自分が作った物語としては、あの頃の恋を思い出してるふたりがいて、これからもずっとずっと一緒にいれたらいいねって言ってる話なんですけど、聴き手によって、それぞれに物語を作ってもらっていいですし、もしかしたら悲しい歌になるかもしれないし、ものすごいラブソングなのかもしれないし」 というコメントを残しています。 彼女とマリーゴールドを重ねているところに恋愛のプラスマイナスの意味合いがありそう。 だって離れてても目を閉じればシルエット浮かぶから。 恋愛というのは、 困難あってこそ、燃え上がるものですね。 そして、「冷たい空気」は、距離的な「別れ」の現実を前に、2人に流れた、何とも言えない雰囲気。 遥か遠い場所にいても繋がっていたいな。

>

あいみょん

【もう離れないでと 泣きそうな目で見つめる君を 雲のような優しさでそっとぎゅっと 抱きしめて抱きしめて離さない】 ここの歌詞も人と犬の話しなら すごく自然です 人と犬だからこそ「雲のような優しさでそっとぎゅっと」「抱きしめて抱きしめて離さない」自然ですよね。 僕は深読みして、この歌詞は人と人ではなく 人と動物。 夏の日のマリーゴールドが彼女の姿に似てたなぁ。 今回は、あいみょん初の海外での撮影との事で 上海で行われています! 上海といえば、 オリエンタルな異国情緒溢れる国、というイメージで歌のイメージにもぴったり。 今回の「マリーゴールド」も、2番の「ああ アイラブユーの言葉じゃ足りないから」というところから物語が動き出すんですよね。 夏の花=ひまわりとかではなく、マリーゴールドを選ぶところが実にあいみょんらしいですよね! 歌詞の意味は純愛?込められた意味を考える あいみょんの「マリーゴールド」のMVは7月17日に公開されたのですが MVの動画下には 「いま会いたい人は誰ですか?」という言葉が添えられていました。 「 空がまだ青い夏のこと」というのは、きっと2人の青さ 蒼さ も表現しているのかもしれませんね。

>

あいみょん「マリーゴールド」歌詞深読みしてみた

「マリーゴールド」についてインタビューで聞かれたあいみょんさんは、 この曲の作曲について、 「ほんとに偶然、最初のサビの歌詞がひらめいて、そっから物語を作っていった感じですね。 彼らは夢中だった時を過ぎて一旦は離れ離れになった。 オレンジの マリーゴールド の花言葉は「予言」などなど・・。 作詞:あいみょん 作曲:あいみょん 風の強さがちょっと 心を揺さぶりすぎて 真面目に見つめた 君が恋しい でんぐり返しの日々 可哀想なふりをして だらけてみたけど 希望の光は 目の前でずっと輝いている 幸せだ 麦わらの帽子の君が 揺れたマリーゴールドに似てる あれは空がまだ青い夏のこと 懐かしいと笑えたあの日の恋 「もう離れないで」と 泣きそうな目で見つめる君を 雲のような優しさでそっとぎゅっと 抱きしめて 抱きしめて 離さない 本当の気持ち全部 吐き出せるほど強くはない でも不思議なくらいに 絶望は見えない 目の奥にずっと写るシルエット 大好きさ 柔らかな肌を寄せあい 少し冷たい空気を2人 かみしめて歩く今日という日に 何と名前をつけようかなんて話して ああ アイラブユーの言葉じゃ 足りないからとキスして 雲がまだ2人の影を残すから いつまでも いつまでも このまま 遥か遠い場所にいても 繋がっていたいなあ 2人の想いが 同じでありますように 麦わらの帽子の君が 揺れたマリーゴールドに似てる あれは空がまだ青い夏のこと 懐かしいと笑えたあの日の恋 「もう離れないで」と 泣きそうな目で見つめる君を 雲のような優しさでそっとぎゅっと 抱きしめて離さない ああ アイラブユーの言葉じゃ 足りないからとキスして 雲がまだ2人の影を残すから いつまでも いつまでも このまま 離さない いつまでも いつまでも 離さない kaze no tsuyo sa ga chotto 風 の 強 さ が ちょっと shin wo yusaburi sugi te 心 を 揺さぶり すぎ て majime ni mitsume ta 真面目 に 見つめ た kimi ga koishii 君 が 恋しい dengurigaeshi no hibi でんぐり返し の 日々 kawaisou na furi wo shi te 可哀想 な ふり を し て darake te mi ta kedo だらけ て み た けど kibou no hikari ha 希望 の 光 は me no zen de zutto kagayai te iru 目 の 前 で ずっと 輝い て いる shiawase da 幸せ だ mugiwara no boushi no kimi ga 麦わら の 帽子 の 君 が yure ta mari gorudo ni ni teru 揺れ た マリー ゴールド に 似 てる are ha sora ga mada aoi natsu no koto あれ は 空 が まだ 青い 夏 の こと natsukashii to warae ta ano hi no koi 懐かしい と 笑え た あの 日 の 恋 mou hanare nai de to 「 もう 離れ ない で 」 と naki sou na me de mitsumeru kimi wo 泣き そう な 目 で 見つめる 君 を un no you na yasashi sa de sotto gyutto 雲 の よう な 優し さ で そっと ぎゅっと dakishime te dakishime te hanasa nai 抱きしめ て 抱きしめ て 離さ ない hontou no kimochi zembu 本当 の 気持ち 全部 hakidaseru hodo tsuyoku ha nai 吐き出せる ほど 強く は ない demo fushigi na kurai ni でも 不思議 な くらい に zetsubou ha mamie nai 絶望 は 見え ない me no oku ni zutto utsuru shiruetto 目 の 奥 に ずっと 写る シルエット daisuki sa 大好き さ yawaraka na hadae wo yose ai 柔らか な 肌 を 寄せ あい sukoshi tsumetai kuuki wo nin 少し 冷たい 空気 を 2 人 kamishime te aruku konnichi toiu nichi ni かみしめ て 歩く 今日 という 日 に nanto namae wo tsukeyo u ka nante hanashi te 何と 名前 を つけよ う か なんて 話し て aa no kotoba ja ああ アイラブユー の 言葉 じゃ tari nai kara to kisu shi te 足り ない から と キス し て un ga mada nin no kage wo nokosu kara 雲 が まだ 2 人 の 影 を 残す から itsu made mo itsu made mo kono mama いつ まで も いつ まで も この まま haruka tohi basho ni i te mo 遥か 遠い 場所 に い て も tsunagatu te i tai naa 繋がっ て い たい なあ nin no omoi ga 2 人 の 想い が onaji de ari masu you ni 同じ で あり ます よう に mugiwara no boushi no kimi ga 麦わら の 帽子 の 君 が yure ta mari gorudo ni ni teru 揺れ た マリー ゴールド に 似 てる are ha sora ga mada aoi natsu no koto あれ は 空 が まだ 青い 夏 の こと natsukashii to warae ta ano hi no koi 懐かしい と 笑え た あの 日 の 恋 mou hanare nai de to 「 もう 離れ ない で 」 と naki sou na me de mitsumeru kimi wo 泣き そう な 目 で 見つめる 君 を un no you na yasashi sa de sotto gyutto 雲 の よう な 優し さ で そっと ぎゅっと dakishime te hanasa nai 抱きしめ て 離さ ない aa no kotoba ja ああ アイラブユー の 言葉 じゃ tari nai kara to kisu shi te 足り ない から と キス し て un ga mada nin no kage wo nokosu kara 雲 が まだ 2 人 の 影 を 残す から itsu made mo itsu made mo kono mama いつ まで も いつ まで も この まま hanasa nai 離さ ない itsu made mo itsu made mo hanasa nai いつ まで も いつ まで も 離さ ない. この独特な表現を解読するためにその前の歌詞を考えていきたい。 2018年8月8日にシンガーソングライター あいみょんの5thシングル 「マリーゴールド」がリリースされました! すでにMVの総再生回数は250万再生を超えていて注目度の高さがうかがえますね。

>

マリーゴールド

なんとなくいい曲というよりも、「自分自身のことを歌った曲」と思えるほうがその曲への思い入れは深まりますからね。 1番近くにいる誰か、遠くにいる君。 とにかく大好き。 例え離れてしまっても、この気持ちは変わる事なく想っているよ という 彼から彼女へラブレターの様にも感じれました。 それだけあってやや意味が詰まって交錯している場所でもある。

>

あいみょん『マリーゴールド』歌詞の考察と解釈

少し寒い卒業後の別れの日(新しいスタートを2人で歩み出す日)に何て名前を付けようかなんて話して あとは割愛します。 。 「 あ~ぁ うまくいかないな」と、ネガティブな「彼」。 楽しい日だけでなくつらい日だって二人の確かな絆がそこにあるなら、それがはっきりわかるなら「いつまでも このまま」そう思えるはずだろう。 お互い両思いでありながら遠距離であるということは、それぞれが夢や目標があり一緒にいれないのではないかと思います。

>

あいみょん「マリーゴールド」歌詞深読みしてみた

こうした二重の大切なメッセージが含まれているならば、この部分が繰り返されるのも、曲の締めくくりとして使われるのも納得だと思う。 ぜひ、情景を想像されて、聴いてみてくださいね。 つまり「雲のような優しさ」とは、様々な経験をしてきた恋人が持つ大きくて静かな変わることのない優しさを意味するのではないだろうか。 鮮やかな「マリーゴールド」に例えるほど、「君」は、眩しくキラキラした存在なのかもしれませんね。 絶望というキーワードがマリーゴールドの花言葉に通じていますね。 けれどもこの二人はそうではなく、あえて「名前をつけ」ようとしている。

>