ナゴルノ 紛争。 ナゴルノ紛争は現代戦闘の見本市 ドローン駆使、SNSでプロパガンダ流布 (1/2)

ナゴルノ紛争は現代戦闘の見本市 ドローン駆使、動画でプロパガンダ流布(1/3ページ)

2020年9月29日閲覧。 2008年3月5日、最も重大な停戦違反となった第一次マルダケルト衝突が起こり、最大で16人の兵士が死亡。 サンガチャル基地を出発したパイプライン建設隊は443キロ先のアゼルバイジャン・ジョージア国境まで口径42インチの原油パイプラインを建設し、同じ建設隊が国境側から原油パイプラインの横にサンガチャル基地まで天然ガスパイプライン(口径42インチ)を建設しました。 9.アルメニア共和国は、アゼルバイジャン西部と(アゼルバイジャンの飛び地)ナヒチェヴァン自治共和国を接続する輸送路建設を保証する。 (3)その上で地上部隊を進軍させ、拠点を占領する。 しかし、その人口の大半を占めるアルメニア系住民と隣国のアルメニア共和国にとって、ここは「ナゴルノ・カラバフ共和国(またはアルツァフ共和国)」であり、1988年以来、アゼルバイジャンの支配の及ばない事実上の独立国家になっている。 但し、アルメニア軍の統制の及ばない勢力が存在する場合は、それら勢力による攻撃の可能性を否定できず、今後も注意が必要になる。

>

ナゴルノ停戦 紛争回避に合意継続の外交を

今回の戦闘による死者は少なくとも500人を超え、1994年の停戦合意以降最悪の武力衝突となった。 しかし、モスクワに本部を置く「 ()」による、現地のアゼルバイジャン人警官が銃をさせた結果の事故であるとの報告も存在する。 アゼルバイジャン政府の調べでは、 ()、 ()と ()で1988年11月27日から29日にかけて33人が、1987年から1989年を通してでは216人が殺害されたという。 国防省の広報官も9日、シュシャ周辺で「集中的な戦闘が行われており、敵は後退して、友軍は有利な陣地を占めている」とツイートした。 専門家は「今後の局地的紛争の在り方を世界に示唆した」と分析している。

>

ナゴルノ・カラバフ紛争が終結、アルメニアが全面降伏に近い和解案に同意

10月1日、へのアクセスが遮断された。 その面積はアゼルバイジャン全土の約16%を占めると言われる。 10日撮影。 表3 アゼルバイジャンからジョージア、トルコへ向かうパイプライン基本情報 (原油パイプライン) Baku-Tbilisi-Ceyhan Pipeline BTC パイプライン (原油パイプライン) Western Route Export Pipeline Baku-Supsa Pipeline (天然ガスパイプライン) South Caucasus Pipeline SCP パイプライン 総延長 1,768キロメートル 833キロメートル 690キロメートル 稼働開始年 2006年 1999年 2006年 輸送容量 100万バレル/日 15万バレル/日 25BCM/年 オペレーター BP BP BP 供給源 Azeri-Chirag-Gunashli油田 Azeri-Chirag-Gunashli油田 Shakh Denizガス田 (SCP パイプラインは「南ガス回廊(SGC)」の一部となり、トルコでTANAPに接続し、さらにTAPに続く。 民間人 [ ] アルメニアの発表によれば、9月27日にアルツァフ共和国の ()でアゼルバイジャン軍の砲撃により民間人2人が死亡、ステパナケルトで約12人が負傷した。 では、具体的に誰(どの国)がどの程度、アゼルバイジャンとアルメニアに武器を輸出しているのか概観したいと思います。

>

「ナゴルノ・カラバフ戦争」が終結:アルメニアの敗北とロシアの痛手

アルメニアから脱出するアゼルバイジャン人も、アゼルバイジャンから脱出するアルメニア人も、双方が国境で通行料を取り立てられた。 現在の住民のほとんどはアルメニア人と見られている。 ですからNK共和国は未承認国家であり、アルメニアでさえ国家承認していません(できないのです)。 今後、トルコ軍やロシア軍の正規部隊が投入されれば、本当の全面戦争になってしまいます。 戦争で取られた領土は戦争で取り戻す思想は20世紀前半までの帝国主義時代の常識でしたが、人類の叡智として、戦後「パンドラの箱」に押し込めました。

>

ナゴルノ紛争、完全停戦で合意 アルメニア、事実上敗北:時事ドットコム

ところが豈図らんや、アゼルバイジャン側は失地奪還を目指すべく、戦闘継続の意思を明確に表明。 今後状況が落ち着けばナゴルノ・カラバフ紛争の検証が行われ、なぜ一方的にアルメニア側が押されたのか見えてくるだろう。 アルメニア国防省は、アルメニア軍が ()付近でアゼルバイジャン軍のUAVを撃墜したと発表。 2020年 7月及び9月の軍事衝突。 その直後、アルメニア国防省は、アルメニア軍がアゼルバイジャン軍の攻撃ヘリコプターを撃墜する映像を公開し 、アルメニア国防省のArtsrun Hovhannisyanワスゲン・サルキシャン軍事大学司令部教官兼人事部長は、アルメニア軍がアゼルバイジャン軍戦車を撃破したと発表した。 2016年 4日戦争:1994年の停戦以来で最大規模の衝突。

>

ナゴルノ・カラバフ紛争が終結、アルメニアが全面降伏に近い和解案に同意

一方のアルメニアではナゴルノ・カラバフに関する報道はほとんど行われず、ナゴルノ・カラバフをアルメニアの一部とする既成事実化が図られているという。 10月7日現在、現地では激戦が続き、民間人の被害も拡大しています。 トルコ、アゼルバイジャンは戦闘へのトルコの関与を全面的に否定していて真相は明らかでないが、トルコ軍機は7月末から8月初めにかけて実施されたアゼルバイジャンでの共同軍事演習の後にアゼルバイジャン領内に残留しているとされ、The New York Timesの記者が10月3日の衛星画像を調査したところ、ギャンジャの空軍基地にF16と見られる戦闘機が2機確認できたと報道されている。 反発の大きさから連邦最高会議は11月に再びナゴルノ・カラバフをアゼルバイジャンの管轄へ戻すと決議したが、エレヴァンではこれに抗議して30万人が参加するデモが繰り広げられ、アルメニア最高会議もナゴルノ・カラバフ編入決議を繰り返した。 3月になると、ナゴルノ・カラバフ北部、 ()近郊の ()にもアゼルバイジャン軍により攻撃が加えられた。

>

ナゴルノ・カラバフ戦争

アルメニアが実効支配するアゼルバイジャン領ナゴルノ・カラバフ地域での軍事衝突をめぐり、バチェレ国連人権高等弁務官は2日、人口密集地域で無差別攻撃が続くことについて「戦争犯罪に相当する可能性がある」と双方に警告した。 13時20分頃、アルメニア国防省はアゼルバイジャン軍が榴弾砲、UAV、戦車、装甲車両を使用して攻撃を開始したと発表した。 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 また、 ()でアルメニア軍戦車を撃破したと発表した。 10月15日、アゼルバイジャン軍兵士によって拘束されたアルメニア人2人が処刑される映像が浮上した。 直後にアルメニア国防省は、「石油、ガス等のインフラを標的」にしていないと繰り返し否定 、アルメニア軍がタタールを砲撃したことを発表した。

>